archive: 2011年12月  1/2

2011年もお疲れ様でした

SONY α55 + SIGMA APO 170-500mm f5-6.3 クリスマスに風邪で寝込んで、結局そのままぐずぐず年末まで来てしまった。いまだ完治せず。セキがおさまらない。 それでもまあ、なんとか大晦日まで辿り着いた。それでよしとしたい。 明日の初日の出は、雲に覆われて見られないような感じだ。私としては特に関係ないのだけど、どこかへ出かけて見ようと楽しみにしていた人は残念だろう。雲の隙間から少しでも見られるだろうか。 その...

  •  3
  •  0

街の風景 ~2011年の終わりに

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 他 どこにも属さず余った写真の在庫がたまっていた。年末ということもあるし、まとめて出しておくことにする。 日常の中で目にしたあれやこれや。街の風景など。 カメラを持ってうろつけば、ときどき、なんだこりゃという光景にも出くわす。上の写真も、そんなワンシーンだった。なかなかに唐突な風景だ。 ガラスの破片がギラリ。 晩秋の田んぼに火。 朝の自転車通勤通学の群れに巻き込まれた...

  •  0
  •  0

2度目のサンデーロードレース <後編>

SONY α55 + SIGMA APO 170-500mm f5-6.3 サンデーロードレース後編は、最終レースのインター/ナショナル JSB1000のレースがメインとなる。前半は、ST600Rと、インター/チャレンジ ST600のレースの模様だ。 10時半から3時半くらいまでの5時間くらいサーキットで撮っていることになるのだけど、実際に撮っている時間は短く、回数も少ない。周回数は5周とか10周で、つまりは目の前を通過するのはその回数分ということになる。時間に...

  •  6
  •  0

大野町散策 <5>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 大野町の散策も、そろそろ後半。 駅の西側をわりときめ細かく歩いた。行ったり来たり、同じところを二度通ったりもした。 内宮御祭宮社(ないぐうごさいぐうしゃ)。 境内は狭く、社殿は新しいのだけど、なかなか歴史のある神社だ。 ヤマトヒメが神宮の場所を求めて各地を探し歩いていたとき、この地に3ヶ月滞在したという伝説が残っているらしく、その跡地に建てられたのがこの神社だという。...

  •  0
  •  0

2度目のサンデーロードレース <前編>

SONY α55 + SIGMA APO 170-500mm f5-6.3 11月にまた鈴鹿サーキットに行ってきた。 9月に初めてレースを撮りにいって、このときが2回目だった。前回は4輪のクラブマンレースと2輪のサンデーロードレースが同時開催で、今回は2輪のレースがフルコースで行われた。サンデーロードレースとしては、今年最後のレースだった。 到着したのは10時半頃で、途中からの参戦となった。この日は朝の8時からレースが始まっていた。 最初に撮...

  •  4
  •  0

大野町散策 <4>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 大野町の散策は続く。 うだつの上がる家が、一軒だけ残っている。 つづく。...

  •  0
  •  0

大野町散策 <3>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 今日は大野町の3回目を。 相性のいい町は、初めて訪れてもどこか懐かしさを感じるものだ。それはきっと、自分の記憶にある遠き日の思い出と共鳴するからだろう。ただ視覚的に田舎と似ているとか、それだけのことではなさそうだ。共通の空気感のようなものと言えばいいだろうか。 大野町も、はじめましてというよりも、ただいまと言いたくなるような町だった。 つづく。...

  •  0
  •  0

寝込んだクリスマスサンデー

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO クリスマスイブの朝から、ちょっと怪しいなという感じがあった。料理をしてから本格的におかしくなり、25日から26日にかけては、ほとんど寝込んでしまっていた。起き上がることもままならないほどに。 昨日の夜は、ブログの更新だけしてまた寝込んだ。今日の午後過ぎから、なんとか復調しつつある。 だから、名古屋に雪が降ったことも知らなかった。 25日はイルミネーションを撮りにいこ...

  •  2
  •  0

瀬戸電風景 秋から冬編

 瀬戸電の風景。季節は秋から冬へ。 ...

  •  2
  •  0

空コレ2011 下半期

 空コレ2011下半期。 雲コレといった方がいいかもしれない。 ...

  •  2
  •  0

12月の森林公園

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO / 170-500mm 冬来たる。 いつの間にかクモの巣から主の姿が消えていて、その後のクモを見ないと思っていたのだけど、初めてこういうところを見た。 一つの季節の終わりを目の当たりにしたと思った。命の役割を終えたその姿は、美しくさえあった。 田んぼや畑になっていた里山エリアが更地になっていて驚いたのが、紅葉を撮りにいったときだった。 あれから何週間も経たないのに、あっと...

  •  0
  •  0

大野町散策 <2>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 / 170-500mm 新舞子から大野町へ向かう途中、大草城跡にも立ち寄っていった。 遠くの山の上に見えているのは、このあとに行った大野城の模擬天守だ。直線で1.5キロくらいの距離だ。 大草城の模擬天守というか、展望台。 そもそも大草城は未完成のまま廃城になったので、天守閣は建てられなかったと思われる。 このあたりの土地は当時、佐治家の支配下にあり、1574年に佐治信方が長島一向一揆で...

  •  0
  •  0

近所三池巡り

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO / 170-500mm 冬場の大事な被写体として、渡りのカモがいる。花も虫も少なくなって、イベントもなくなると、いよいよカモ撮りシーズンだ。野鳥はここ最近、ちょっとお休み気味になっている。撮ろうと思うのはカワセミくらいだ。冬場は木々の葉が落ちて、木の上の小鳥も狙いやすくなるのだけど。 この日は、近所の池を3つ、巡ってきた。カモ撮りだけが目的というわけでもなく、12月の池の様子...

  •  0
  •  0

大野町散策 <1>

SONY α55 + TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 / MINOLTA 50mm f1.4 知多の旅に行くとき、初めて名鉄のパノラマスーパーに乗っていった。しかも、一番前の席。 展望席は意外と人気薄のようで、350円のミューチケットを買うときに展望席を指定するといつでも座席を取ることができる。観光シーズンなどはまた事情が違うだろうけど。 この日乗ったのは河和行きの特急で、最初の目的地は前に紹介した新舞子だったので、太田川で乗り換えるま...

  •  0
  •  0

東山植物園で紅葉延長戦

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO ひとりで紅葉の延長戦をまだ続けている。 これがラストチャンスと、もう一度、東山植物園へ行ってきた。 先週と比べても、季節は更に冬の色を濃くしていた。 江戸時代の人たちは、枯れ野見(かれのみ)といって、冬の暖かい日に枯れ野の景色を見物に行っていたそうだけど、私はまだそれほど渋枯れ趣味には走れない。完全に季節が冬に取って代わられる前に、秋の名残を撮っておきたかった...

  •  0
  •  0

窯元から赤津へ

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 窯元町から赤津町へ。昨日の続きから。 側溝を流れる水が白い。こんなところにも陶器の町を感じさせる。 ここからは赤津の町並み。 赤津は窯元町の西隣で、赤津焼の窯が集まっていた地区だ。 瀬戸窯とはまた別物で、赤津焼は古くから釉薬(ゆうやく/うわぐすり)を使って焼き物を作っていた。 赤津焼会館。 明暦2年って、明暦の大火(1657年)があった前年だ。  赤津焼の歴史は平安時代に始...

  •  0
  •  0

窯元町を歩く

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 瀬戸市は、中心の尾張瀬戸駅周辺から、北の定光寺、西の晴丘、本地、南の海上の森、東の岩谷堂、猿投山まで、かなり広範囲に出向いていて、けっこう知っている方だと思う。ただ、赤津や品野あたりは通るだけで、あまり馴染みがない。他にも空白の場所はたくさんあるのだろう。 前からずっと気になっていて、一度は歩いてみないといけないと思っていた、赤津方面に行ってきた。これも少し前の話で、...

  •  2
  •  0

小幡緑地も冬

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 特に何があるというわけではないけれど、行けば何かしら撮れる小幡緑地。 いつも頭の片隅にあって、行き先が思いつかないとき、それじゃあ行こうかということになる。ペースとしては月に一度くらいだろうか。 行ったのは先週のことで、秋色と冬色が入れ替わる途中といった感じだった。まだ少し紅葉も残っていた。 それでも、季節は確実に冬に突入していることを実感せずにはいられなかった。水辺...

  •  0
  •  0

デジタルカメラマガジン・フォトコンのこと

「デジタルカメラマガジン 1月号」のフォトコンで、佳作。 もっと他に選ばれたい写真があったのだけど、これはこれで喜ぶ。 途中で名前を変えてしまったのが災いして、ポイントが分散してしまった。実際は、年間レースで1ポイント差の2位タイなのに、現状2ポイント差の3位タイになっている。 来月が今年度最後の月だから、逆転するには準優秀以上を獲るしかなくて、それでも1位の人(ちょっとした知り合いなのだけど)がポイン...

  •  2
  •  0

犬山の風景を少し

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 古式ゆかしい雰囲気が漂う名鉄犬山遊園駅。レトロだ。 犬山の寂光院に紅葉を撮りにいったとき、少しだけ犬山の風景を撮った。 このときは犬山城方面へは行かず、遠くから眺めるだけだった。 夕焼けがきれいなら木曽川夕景を撮ろうと思っていたのだけど、この日は終始曇天のままだった。それで、各務原のイチョウ並木へ回ったのだった。 犬山橋横の橋梁を行く名鉄の列車。セントレアへ向かうミュ...

  •  0
  •  0

祖父江の風景 <3>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 祖父江の風景その3。 祖父江善光寺。 雨ざらし梵鐘。 これで祖父江編は全部終わった。 来年のイチョウの頃、再訪できたらいい。...

  •  0
  •  0

夏の終わりの夢を見る ~新舞子

SONY α55 + TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 / SIGMA 170-500mm 夏の終わり、秋の初めに行った、新舞子マリンパーク。 もはや遠い記憶になりつつある風景を、白昼夢のようによみがえらせてみる。 まだ勢いのあった日差しと、少しひんやりした潮風の印象が戻ってくるだろうか。...

  •  0
  •  0

普通のサタデー料理

PENTAX K-7 + FA 50mm f1.4 今年のサンデー料理も残すところ2回となったにもかかわらず、特別な意識もなく普通に作って食べてしまった。今年の集大成でもなく、季節にちなんだものでもない。茶色っぽさが原点回帰と言えなくもないかもしれない。 今回、長ネギがなくて彩りをつけられなかったところが、ちょっと失敗だった。 今年一年、料理はかなり安定していたものの、彩りと盛りつけという課題は依然として残ったままだった。...

  •  0
  •  0

紅葉が終わる前に

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO 世間的にはすっかり紅葉は終わったものとなっているのだろうけど、私はしつこく紅葉撮りを続けている。 たくさん撮ってもまだ、やり残したことがある。それは落ち葉を撮るというものだ。地面に落ちているやつではなく、今まさに落ちてくる葉を真下から捉えるというものだ。 なんとか一枚でも撮りたくて、また東山植物園に向かった。 渋色の紅葉。もはや秋色というよりも冬色と言った方が...

  •  0
  •  0

祖父江の風景 <2>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 祖父江の風景、その2。 つづく。...

  •  0
  •  0

瀬戸の冬は陶のあかり路

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO / MINOLTA 50mm f1.4 今年も瀬戸駅前で、「陶のあかり路」のイベントが始まった。 今回で5回目となり、瀬戸の冬の風物詩として、少しずつ浸透してきている。 陶器やガラスなどで作られた灯りアートが109個、駅前に並べられている。全国の公募で集まったオリジナル作品で、一般投票で大賞などが決定する。 私は去年に続いて2回目だった。楽しみにしていたこともあり、今年はわりと早めに出...

  •  2
  •  0

祖父江の風景 <1>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 私の目に映る祖父江は、モノクロが似合う町だった。 イチョウの撮影は低調に終わった反面、町撮りでは収穫が多かった。 3回に分けて、祖父江の風景をお届けします。 つづく。...

  •  0
  •  0

終わっていたモリコロパークの紅葉

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 / 10-24mm f3.5-4.5 先週末にもう一ヶ所行った紅葉スポットは、モリコロパークだった。前回行ったのが11月の半ば過ぎで、見頃までもう一歩だった。12月の2週目というのは、いかにも遅すぎた。池の周りの紅葉もまるっきり姿を消していた。見頃は11月終わりくらいだったのだろう。 それでもせっかく行ったことだし、少しだけ撮ってきた。 池のこちら側にはまだモミジが残っていた。 結婚式を控えた...

  •  2
  •  0

ご近所紅葉小ネタ

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 他 紅葉ネタも残りわずかとなった。どこかへ出かけていく行き帰りに撮ったご近所紅葉写真を集めてみた。 天満緑道は、谷口交差点南の天満通りから一本東に入ったところにある。 特に用事もないから、今まで一度も通ったことがなかった。入り口からのぞいたら、色づいた木々が見えたので、ちょっと通ってみることにした。 緑道というと川沿いというイメージがあるのだけど、ここはそうではない。...

  •  0
  •  0

東山植物園の名残の紅葉

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 名残の紅葉を撮りに、東山植物園へ行ってきた。これも先週の話だ。 見頃の時期しか撮れないと思うのは間違いで、その前も後も、撮るべきものはある。そう考えれば、紅葉の撮影期間というのは、しっかり一ヶ月はあることになる。大げさにいえば、モミジの葉っぱが枝に一枚残っていれば、紅葉シーズンは続いているということだ。あるいは、落ち葉がすべて消えてしまうまでは。 あきらめずに追いかけ...

  •  0
  •  0