archive: 2011年08月  1/2

瀬戸電風景を撮る ~夕景編

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.7 他 瀬戸電風景の写真がまただいぶたまってきたので、ここらで一回挟んでおくことにした。 今回は夕景を中心にお届けします。 喜多山駅ホーム。 キバナコスモスが夏の終わりを彩っている。 好きな踏切の一つ。 鉄道風景には、スクーターではなくカブがよく似合う。 城山の田んぼにて。緑と赤のコントラストが尾張旭の風景だ。 瀬戸電のいいところは、線路沿いにずっと道があることだ。自転車...

  •  2
  •  0

どまつり本選 <後編>

SONY α55 + TAMRON 90mm f2.8 Di 今日はどまつり本選の後編。 写真中心でお届けします。 駆ける、跳ねる、叫ぶ、踊る、弾ける笑顔。 全力を出し切る非日常の空間と時間。       お母さんたちも全開。 みこしを担ぐような祭りではないのだけど、細かいルールはないので、各チームいろいろ工夫して自分たちの特色を出している。 緊張から弛緩へ。 流れる汗と上がる息。 見ているこちらの息も乱れそう。 踊り終わった...

  •  4
  •  0

どまつり本選 <前編>

SONY α55 + TAMRON 90mm f2.8 Di どまつり本選は、最初から最後まで大津通パレード会場内で撮った。去年は動きまわって失敗した。 当初は500mmの超望遠で撮るつもりだったのだけど、会場に着いて気が変わった。90mmマクロにした。 前夜祭を撮っていなかったら、たぶん、500mmにしていただろう。あちらで群集として撮ったので、こちらでは個としてのどまつりを撮ってみたくなった。 しかし、2-3メートル先で激しく動く人物を90m...

  •  4
  •  0

どまつり前夜祭 <後編>

SONY α55 + SIGMA APO 170-500mm f5-6.3 今年のどまつりは、日曜日の今日、さきほど無事幕を閉じた。 結果はここで発表しない方がいいのかもしれない。前夜祭で上位チームをひと通り見たとき、今年は鯱がやるんじゃないかと思ったとだけ言っておこう。いや、ホントに、後出しジャンケンじゃなく。 私は日曜の今日も、大津通のパレードを撮りに行ってきた。その写真はまた来週ということにして、今日は前夜祭の後編をお届けしま...

  •  2
  •  0

どまつり前夜祭を撮る <前編>

SONY α55 + SIGMA APO 170-500mm f5-6.3 今年も、どまつりが始まった。 今週末は、名古屋栄の久屋大通公園を中心に、県内19ヶ所で踊りの祭典が繰り広げられる。今年で13回目となった。 私は去年初めて撮って、2年連続二度目となる。 前回の反省もあって、今回は前夜祭の観覧席チケットをあらかじめ買っておいた。フリースペースもあるものの、早い時間に行かないといい場所は取れないし、一度座ったら3時間以上も動けないとい...

  •  0
  •  0

大垣のひまわり畑へ

PENTAX K-7 + TAMRON 10-24mm f3.5-4.5/ 55-300mm 夏の課題の一つ、ひまわり畑をまだこなしていなかった。 いつかは山梨県明野のひまわり畑をと思いつつ、近場の愛知牧場で済ませるのがここ数年続いていた。 今年はもう少し遠出をして、もう少し広いひまわり畑を撮りたいと思っていた。 というわけで、大垣へ行ってきた。おととい、24日のことだ。 これまで一度も降り立ったことがなかった大垣に、ひと月のうちに二度も行くこ...

  •  4
  •  0

雨の中の広小路夏まつり <後編>

PENTAX K-7 + FA 50mm f1.4 広小路夏まつりは夜になった。 もともと低かった気温は更に下がり、涼しいといっていいくらいだった。かき氷屋の露天主などは、手持ち無沙汰な様子で通りを眺める。 雨は依然として降り続いている。 夜になったからといってメニューががらりと変わるわけではない。パレードはほぼ終わったようで、各ブースでのライブや路上ダンスが中心となった。 相変わらず状況を掴みきれていない私は、栄から伏...

  •  0
  •  0

雨の中の広小路夏まつり <前編>

PENTAX K-7 + FA 50mm f1.4 この前の土日に、広小路夏まつりが行われた。 名古屋の夏の風物詩の一つで、毎年2日間で30万人が訪れる祭りだ。私は今回が初めてだった。 今年は土日ともに雨降りで、天気には恵まれなかった。私が行ったのは日曜日だったのだけど、人は少なかった。とても10万人以上が来ているようには見えなかった。 それにしても、広小路夏まつりとは一体何なのか。栄から伏見にかけての広小路通りを歩行者天国に...

  •  2
  •  0

雨の長久手花火大会

PENTAX K-7 + DA16-45mm F4 土曜日は長久手の花火だった。一日小雨が降り続いていて、本当に開催するのかどうか半信半疑だった。サイトを見ると予定通りやるとあったので、行ってみることにした。 雨降りでは晴れているときのような写真は撮れないだろうけど、どういうふうに撮れないのかを知っておくのも意味があるだろうし、自転車で30分の近場ということもあった。 場所は長久手役場の北西で、土地勘があるところだったので...

  •  2
  •  0

大垣のお城街

PENTAX K-7 + TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 大垣城天守閣の近くに、お城街というレトロな飲食店街がある、という情報を頼りに訪ねてみた。 しかし、城の周りをぐるぐる回るも、まるで見つからない。歩いている人に訊ねようかとも考えたのだけど、明るく訊けるようなところでもなさそうなので、ためらわれた。 探し始めてから入り口を見つけるまでに30分以上かかってしまった。結界でも張られていたのかもしれない。見つけてみれば、...

  •  2
  •  0

今月のフォトコン

「デジタルカメラマガジン 9月号」のフォトコンで、入選をいただいた。 タンポポの綿毛は、被写体としてはありふれているもので、これまで何度となく撮ってきたの。その中でもこれは一番いい出来だと自分でも思った。 それが入選だったので、喜んだ。長らく佳作と入選との間の壁を越えられずにいて、この頃やっと超えられたかなと感じている。 一番撮りたいのは、日常の幸福といったテーマの写真であることはずっと変わってい...

  •  10
  •  0

今週はフライデー料理

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.7 今週末は土日ともに雨だった。だったら出かけられなかったかといえばそうではなく、花火とお祭りに出向いていった。雨などに負けてはいられない。 というわけで、今週はフライデー料理になった。それなりに手をかけて作ろうというつもりはあったから、それなりに手間と時間はかかっている。彩りもなくはない。「マグロ蒸し焼きのパン粉まぶしトマトソース」 マグロは塩、コショウ、酒を振って少し...

  •  0
  •  0

夜の瀬戸電風景

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.7 夜の鉄道は、昼間とは違った音を響かせる。 同じようにうるさいはずの列車の通過音や、踏切の警報音でさえ、夜の静寂の中に吸い込まれ、線路沿いの風景はどこか静けさが漂っている。 夜の瀬戸電を撮ってみたいと思いつつ、なかなか機会がなかった。この前、名古屋城宵まつりの帰りに機会がやってきた。名古屋城から大森まで、瀬戸電沿いを自転車で走りながら撮った。 今日は夜間瀬戸電風景をお届...

  •  4
  •  0

尾西線の風景 <後編>

PENTAX K-7 + FA 50mm f1.4 尾西線の風景、後編。 ここは奥小学校を過ぎたあたりだったと思う。 このあたりもずっと住宅地の間を貫くように線路が通っていて、線路沿いの道はほとんどない。尾西鉄道の開業は明治31年だから、住宅や道路が造られたのはそのあとのことだろうか。 傾きながらカーブを走り抜けていく玉ノ井行き列車。 車両のことは気にしていなかったので、よく見ていなかった。写真で見ると瀬戸電に似ているよう...

  •  0
  •  0

尾西線の風景 <前編>

PENTAX K-7 + FA 50mm f1.4 濃尾大花火があった日、尾西線の奥町駅は、それなりの賑わいを見せた。普段の乗客数がどれくらいなのかはまったく知らない。一宮に近く、名古屋駅へも30分程度で行けるから、思っているより利用客は多いのかもしれない。 濃尾大花火に公共交通機関で行く場合、一宮からシャトルバスで行くのが一般的で、尾西線を利用する人は少ないようだった。行き帰りともにそこそこ見物客はいたものの、混雑という...

  •  0
  •  0

まきわら船を追いかけて終わった濃尾大花火

PENTAX K-7 + DA16-45mm F4 14日の日曜日に、濃尾大花火を撮りに行ってきた。 愛知県の一宮市と、岐阜県の羽島市が共同で行っている花火大会で、木曽川に架かる濃尾大橋のたもとから打ち上げられる。 100年以上の歴史がある花火で、1892年(明治25年)に、木曽川東岸の愛知県中島郡起村で始められたものが今に続いている。木曽川の恩恵に感謝するため、水天宮に奉納する川祭りとして始まったのだそうだ。 起町(もとの起村)が...

  •  0
  •  0

宵の明治村 <第三回 ~夜が本番>

PENTAX K-7 + 55-300mm / FA 50mm f1.4  宵の明治村に何があるかといえば、特にこれといって何もない。建物のライトアップや、特設ステージでの日替わりのジャズライブ、最後の花火くらいのものだ。まあ、屋台もあるし、何よりナイター営業自体このときだけということで、大勢の人がやってくる。浴衣を着ていくと女性は無料になるというのも大きい。男が着ていっても200円引きにしかならないというのが上手い。女の子が無料だから...

  •  4
  •  0

宵の明治村 <第二回 ~日暮れから夜へ>

PENTAX K-7 + TAMRON 10-24mm / 55-300mm / FA 50mm f1.4  明治村では毎年8月、「宵の明治村」と銘打ってナイター営業を行っている。日程は基本的に週末で、今年の残りは16日、18-21日、26-28日となっている。 毎年この時期になると気にはなっていたものの、訪れたのは今年が初めてだった。 残念だったのは、夕方5時以降はかなりの部分が通行止めになって入れなかったことだ。明治村は山の中腹にあって、ライトがなければ夜は真...

  •  0
  •  0

トヨタ博物館の在庫写真 <第1回>

PENTAX K-7 + FA 50mm f1.4 何か不測の事態が起きたときのために、季節に関係のない在庫写真を持っておこうと、春にmihopapaさんと行った、トヨタ博物館の写真をストックしてあった。病気とかで写真を撮りに行けないときのためと考えていたのだけど、とりあえず病気の兆候もないまま夏を迎えてしまった。あまりしまっておくと、写真そのものが自分の中で賞味期限切れを起こしてしまう。デッドストックにしてしまうのは惜しいので...

  •  2
  •  0

少し余裕があったサタデー料理

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.7 今週末も、やや変速日程で、料理は土曜日だった。 そういえばお盆だというのに、そんなことはまったく思いもせず、普通の料理を作って食べた。子供の頃から、この時期は毎年三重の田舎で過ごしていて、家にいることはなかった。もう戻ることがなくなって、季節感が失われてしまった。少しくらいは家でもお盆らしく過ごした方がいいのかもしれないと思いつつ。 土曜はそれほど慌ただしいということ...

  •  0
  •  0

宵の明治村 <第一回 ~序章>

PENTAX K-7 + TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 夜9時まで延長営業の「宵の明治村」に行ってきた。 何年か前からそういうイベントがあることは知っていたものの、なかなか行くことができず、今年初めて出かけていったのだった。しかも、自転車で。 夜9時を回った山越え道の暗いの何のって。明治村から帰る車のヘッドライトがなければ、谷底に転がり落ちていったかもしれない。明治村は、夜に自転車で行くところじゃなかった。 到着した...

  •  4
  •  0

大森天王祭を少しだけ撮る

 この前の日曜日、名古屋城宵まつりの行き帰りに、大森天王祭を少しだけ見てきた。 去年に続いて二度目となる。 大森金城学院駅前は、歩行者天国になり、屋台も並んでいた。このあたりでこんなに大きな規模の祭りはこれくらいのものだ。けっこうな人が集まってきていて、なかなかの賑わいを見せていた。 大森天王祭については去年書いたし、八剣神社についても以前書いた。 こんなときでも祭りよりも瀬戸電の方が気になってし...

  •  2
  •  0

大垣城から水門川を歩く

PENTAX K-7 + TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 現在、大垣城は街中に埋もれるようにして復元天守が建っている。江戸時代には広大な城郭を備えた城で、第二次大戦の空襲で燃えるまでは国宝に指定されていたというのも、信じられないくらいになっている。 関ヶ原の戦いでは、石田三成率いる西軍の本隊10万が大垣城に入り、ここを本拠に戦うつもりでいた。 それもこれも今は昔の話となり、大垣城の存在感はめっきり薄いものとなってしまっ...

  •  2
  •  0

瀬戸電を撮っています

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.7 瀬戸電に乗るわけでもなく、瀬戸電沿線に住んでいるわけでもない。にもかかわらず、この頃瀬戸電をよく撮っている。どこかへ行くついでに撮るだけでなく、わざわざ瀬戸電を撮りに行ったりもする。それが楽しいのだから、もはや撮り鉄を名乗ってもかまわないのかもしれない。 今回は瀬戸へ行った日の帰り道に撮ったもので、尾張旭から大森あたりの風景が中心となっている。少し順序が入れ替わってい...

  •  0
  •  0

今年も名古屋城宵まつりで火縄銃実演を撮る

SONY α55 + SIGMA APO 170-500mm f5-6.3 今年も名古屋城宵まつりで、火縄銃の実演を撮ってきた。 去年、初めて火縄銃を撮って、祭りフォトコンで佳作をもらったので、今年は更にいいのを狙っていた。 しかし、欲をかくといいことはないもので、決定的瞬間を撮るという点では、去年を超えることはできなかった。前回はビギナーズラックだったことを思い知る。 それでも、写真としては去年よりもステップアップしていることを実...

  •  7
  •  0

大垣水都まつりへ行く

PENTAX K-7 + FA 50mm f1.4 / TAMRON 10-24mm 土曜日に岐阜県大垣の水都まつりに行ってきた。 今年は自粛で花火大会が中止だったのだけど、大垣という街を一度歩いてみたかったし、ちょうどいい機会だと思った。 目的の一つが、万灯流しだった。暗くなった水門川の水面を、ゆっくり流れていく万灯は幻想的だった。 昼間の本町通り。七夕まつりの吹き流しがかかり、屋台の準備が進められているところだった。 本町通りの七夕ま...

  •  2
  •  0

鉄道小ネタ

 鉄道関係の小ネタを少々。 金山駅ホームにて。 名鉄とJRが並んでいるので、ときどき貨物なんかが通過して、新鮮だ。 パノラマスーパー。 今パノラマカーが何種類走っているのか、まったく知らない。赤いのと白いのがあるようだ。 名鉄は長らく乗っていなくて、最近よく乗るようになったのだけど、ほとんど知らない。やっと特急とミューチケットについて理解できたところだ。 これが白いパノラマカーだと思うんだけど、全然...

  •  2
  •  0

7割程度の力でフライデー料理

PENTAX K-7 + FA 50mm f1.4 今週も週末は夜まで出かけていて、料理は金曜の夜だった。 週末の祭りのことが気になってしまって料理に身が入らない、というのは単なる言い訳で、今週も少なからず手抜き料理となった。 今月はもう仕方がない。8月というのはそういう月だ。 ただでさえ暑苦しいからあまり料理をしたくないというのもある。夏は揚げ物の総菜がよく売れるそうだ。主婦の人の気持ちが、今はよく理解できる。「イカのフ...

  •  0
  •  0

お猿が写った

SONY α55 + SIGMA APO 170-500mm f5-6.3 ちょっと猿が撮れるようになった気がする。 撮った写真に猿が写っている。 シャッターを押せば写るのは当たり前なのだけど、プラスアルファが写るか写らないかという差があって、最近ようやく少しだけ写るようになってきた。もちろん、いつでもではなく、ごくたまになのだけど。 お猿が撮れるようになれば、人間も撮れるようになるかもしれない。動物のポートレートと、人のポートレー...

  •  2
  •  0

もっと夏を ~東山植物園にて

SONY α55 + TAMRON 90mm f2.8 Di 夏は唐突にやってきて、足早に過ぎ去ってゆく。暑いあついといって、だらだら過ごしていると、あっけなく置いていかれてしまう。こちらも季節の速度に合わせて駆けなくては。 2週間も間を開けると、虫や花の顔ぶれが大きく変わる。あるものはひっそり姿を消し、あるものとは一年ぶりの再会となる。 いずれにしても過ぎ去る季節は早い。せめて季節の息づかいを感じて、姿を写しとめたいと思う。...

  •  2
  •  0