archive: 2011年06月  1/2

形原あたりを歩く

PENTAX K-7+PENTAX DA 16-45mm f4 形原温泉にアジサイを撮りに行ったとき、吉良吉田駅で一枚。旅の思い出の名鉄写真。 名古屋から形原温泉へ行くためには、JRで蒲郡まで行って、乗り換えるなり、バスで行くなりするのが通常のルートだ。しかし、今回は名鉄を使って形原駅まで行き、そこから歩いて形原温泉へ向かった。最近、よく名鉄に乗っている。 吉良吉田から蒲郡行きの列車は、貸し切り状態のがらんどうだった。 それには...

  •  2
  •  0

超広角で街撮り

PENTAX K-7 + TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 超広角レンズで街並みを撮ってみる。 最初はやや手探りで。だんだん画角に馴染んでいった。 超広角レンズを風景に向けるとき、なんとなく見上げて撮りたくなる。こうすると周囲のビルなどは大きく傾き歪むのだけど、絵としてはとても超広角らしくなって面白い。水平線に構えると普通の写真になって退屈だ。地面を広く撮るのもいい。 仕上げはモノクロにした。これもなんとなくなんだけど...

  •  0
  •  0

α55はどうなんだろう ~東山植物園にて

SONY α55 + TAMRON 90mm f2.8 Di ちょっとした気の迷いで、SONYのα55を買ってしまった。 ずいぶん前からαシリーズには興味があって、一度SONYのαを使ってみたいと思っていた。もう4、5年前になるだろうか。MINOLTAのα-7を少しだけ使ったことがある。あれから月日は流れ、時代は変わった。すでにMINOLTAは撤退し、SONYは次々に新しい一眼を開発してきた。 αにとっても、SONYにとっても、α55は一つの分岐点になるデジイチだと思う...

  •  4
  •  0

西尾劇場という風景

PENTAX K-7+PENTAX DA 16-45mm f4 西尾の駅前に、大変古い映画館がある。その名は西尾劇場。現在でも映画が上映されている。 昭和15年(1940年)、西尾の駅前を賑やかにしようと、岡崎公園近くにあった龍城座(たつきざ)を移築して、西尾劇場と名付けた。 当時の西尾は、あらたな都市計画の元、イギリスの田園都市をモデルに、駅を中心に放射状に伸びる街造りを進めているところだった。その目玉としたのが、この西尾劇場だっ...

  •  0
  •  0

予想外に着地が上手くいったサンデー料理

PENTAX K-7+PENTAX FA 50mm f1.4 毎週、習慣のように料理を作っているだけでは、料理の腕は上達しない。何事も、勉強、実戦、復習を積み重ねて上手くなるものだ。 サンデー料理の場合、ここのところ最初の段階の勉強がおろそかになっている。やはりレシピ本を読んで、もう一度基礎から勉強し直さないといけないのだろうと思う。店で美味しい料理を食べることも勉強になるけど、そういうことはしたくない。そもそも私は、美味しい...

  •  1
  •  0

アジサイを撮りに形原温泉へ

PENTAX K-7 + DA 16-45mm / TAMRON 90mm / DA 55-300mm / FA 50mm どこかでちゃんとアジサイを撮らないといけないと思っていて、行くことにしたのは蒲郡の形原温泉だった。 5万株のあじさいが植えられているということで、おそらく愛知県では最も規模が大きなところだと思う。まだ一度も行ったことがなくて、前からずっと気になっていた。 ここのところの猛暑で、花が一気に進んだようで、傷みも目立ち始めていた。全体としては...

  •  1
  •  0

空コレ ~2011年上半期

PENTAX K-7 + FA 50mm f1.4 / 16-45mm f4 他 見上げればいつもそこに空はある。 けど、見ているようで見ていない。覚えている空は、あっても年に数度だ。 ときどき印象的な空に出会って写真を撮ったりもする。ただそれも、たいていはその場限りで終わってしまう。 空をもっと見るために空の写真を撮っている。撮るために空を探している。空の表情を覚えておくようにするために。 早いもので今年ももう、半分終わろうとしてい...

  •  4
  •  0

初夏の瀬戸電沿線風景

PENTAX K-7 + TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 / DA 16-45mm f4 タチアオイと赤い車両。初夏の瀬戸電沿線風景。 名古屋もいよいよ夏が本格化してきた。 今年はどんな夏の風景が撮れるだろう。 超広角をつけて自転車に乗りながらファインダーをのぞいて撮ると、遠近感と違いすぎて気持ち悪い。乗り物酔いしない私でも、5秒も走ると気分が悪くなる。 超広角レンズのときは、自転車をとめて撮ろう。 尾張旭のいつものたんぼ道。 左に...

  •  0
  •  0

6月の風景

PENTAX K-7 + FA 50mm f1.4 / DA 55-300mm / 16-45mm よく咲いたタチアオイを見ると、いよいよ夏本番が近づいたなと思う。6月の日差しを一杯に受けて、気持ちよさそうに咲いていた。 この花も命が短く、ほどなく枯れ始め、ふと思い出したときにはもう終わっている。 花は自分が咲く時期を忘れず、去るときを間違えない。 新緑をバックにおすまし顔のカラスさん。 ずるがしこくて不気味なイメージが強い鳥だけど、よく見るとか...

  •  0
  •  0

超広角は難しい

PENTAX K-7 + TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 久しぶりにレンズを買った。TAMRONの超広角ズーム10-24mm。35mm換算で15mm-36mmになる。 超広角は前から一度使ってみたいと思っていたのだけど、具体的に使い道があまり思い浮かばず、ずいぶん先送りになっていた。初めて興味を持ったのは、もう何年も前だ。 せっかく買ったので、まずは広いところを撮ってみようと思った。近くに海があればいいのだけど、海らしい海へ行こうとするとバス...

  •  4
  •  0

なんとなく徳川園

PENTAX K-7 + TAMRON 90mm f2.8 / DA 55-300mm / FA 50mm 千種公園にユリを撮りにいく前に、徳川園にもちょっと寄ってきた。 今の時期はあまり見所がないことは分かっていたのだけど、アジサイくらいは咲いているだろうと行ってみた。がしかし、ガクアジサイが何株か植わっているくらいで、他にもこれといって撮るものはなく、やや途方に暮れた。それでも入園料の300円分は撮らねばと貧乏根性でなんとか絞り出すように撮ってきた...

  •  3
  •  0

明るめのサンデー料理

PENTAX K-7+PENTAX FA 50mm f1.4 今日のサンデー料理も、ここ最近のいつもの感じ。安定感と引き替えに面白みを失った夕飯サンデーだ。 少し意識したのは、夏野菜だった。カボチャ、アスパラ、トマトあたりを使った。いまどきは一年中同じ野菜が出回っているから季節感を感じるものは少ないし、見た目も特に夏らしさは出ていないのだけれど。「マグロのステーキ風甘辛ソース」 マグロに塩、コショウ、酒を振ってしばらく置き、ビ...

  •  0
  •  0

雨の日の散歩

PENTAX K-7+PENTAX FA 50mm f1.4 雨が降ったりやんだりの梅雨らしい天気が続く。今週末から来週にかけて、ずっと雨模様のようだ。 雨だからといって家にすっこんでいるのはもったいない。カメラに50mmレンズをつけて、出かけよう。傘を差しての片手撮りになるから、オートフォーカスの単焦点レンズがいい。 雨にしか撮れない風景もある。雨の日にいい写真が撮れると、ちょっとだけ雨が好きになる。 民家の庭先に咲いていたアジ...

  •  0
  •  0

千種公園のユリは大遅刻

PENTAX K-7 + TAMRON 90mm f2.8 千種公園のユリが見頃だという話は聞いていたのに、出向いていくのがすっかり遅くなってしまった。5月27日に下見をしたときはさすがに早すぎたとはいえ、6月17日ではいかにも遅すぎた。見頃は一週間くらい前だったんじゃないかと思われる状況だった。学校の授業でいえば、みんなが弁当を食べ終えて5時間目が始まったあたりだ。遅刻しすぎっ。 全体的に傷んだ花が多く、落花盛んの中、咲き残ってい...

  •  2
  •  0

小ネタ写真特集

PENTAX K-7+PENTAX FA 50mm f1.4 他 2007年に閉鎖された竜泉寺ウォーターパークを見下ろす。横を流れているのが庄内川で、その向こうは春日井の街並みだ。 竜泉寺ウォーターパークはテレビCMで見てその存在を知っていただけで、一度も行ったことがなかった。車の運転席からこの景色は見えない。こうして実際に見たのは始めてだった。 閉鎖されて4年も経っているのに、まだかなり原形をとどめている。再利用の当てがないのだろう...

  •  6
  •  0

鉄道と昭和

PENTAX K-7 + DA 55-300mm / DA 16-45mm 廃工場と愛知環状鉄道の列車。 止まった時間と、動いている時間が、すれ違う。 初夏の草花たちは、今年も季節を間違えることなく同じ場所に咲き、6月の風に揺れている。 この風景に、どこか寂寥感のようなものを感じたのは、ただの感傷だったか。 世界は回り続ける。人のセンチメンタルなど置き去りにして。 とても昭和な風景だった。このテイストは、昭和40年代だろうか。 うちの母...

  •  0
  •  0

6月の海上の森風景

PENTAX K-7 + TAMRON 90mm f2.8 / DA 55-300mm / DA 16-45mm 前回の海上の森行きが4月の終わりで、5月は行けなかった。6月も中旬になって、季節がだいぶ進んでしまった。本格的な夏が来る前に、初夏の海上の森を撮っておきたかった。 4月の終わりと比べれば、森の様子は大きく変わっていた。緑は深くなり、花は少なくなった。相変わらずウグイスはよく鳴いていて、セミはさすがにまだ鳴いていない。チョウやガやトンボなど、虫た...

  •  0
  •  0

6月の河川敷風景

PENTAX K-7+PENTAX FA 50mm f1.4 河川敷はすっかり緑色となった6月。いつもの矢田川。 季節は巡り、風景は少しづつ変化していく。 桜並木も、4月にそこに桜が咲いていたことを知らなければ、ただの面白みのない街路樹でしかない。 一年のうちのわずか2週間しか楽しめないことを残念に思うか、2週間だけでも花を楽しめることを喜びとするか。 待つ一年は長いけど、あれからもう、2ヶ月も経ってしまった。 平日には平日の河川...

  •  0
  •  0

季節の狭間のサンデー料理

PENTAX K-7+PENTAX FA 50mm f1.4 週末は雨模様という予報だったので遠出する計画を立てなかったのに、実際はほとんど晴れていて、これなら出かける予定にすればよかったと後悔した。突然思いつきで出かけても中途半端に近場をうろつくだけになりそうだったので、おとなしくサンデー料理を作って食べた。 名古屋に関していえば、今年は梅雨入り宣言が早すぎて、ここまでは空梅雨傾向にある。沖縄は早々に梅雨明けしてしまったし、...

  •  0
  •  0

中央線沿線風景 ~春日井編

PENTAX K-7+PENTAX FA 50mm f1.4 今日の一枚目は、中央線の神領車両区から始まる。 グリーンピア春日井へ行ったとき、せっかくなので神領駅の手前から、なるべく中央線の線路沿いに行ってみた。 神領駅のすぐ西に、神領車両区がある。213号線の橋の上から見ると、たくさんの線路が並んでいるのが見える。しかし、残念ながら車両区側に歩道がなく、上から写真を撮ることができない。決死の覚悟で車道を横切って、車とフェンスの...

  •  4
  •  0

日比野駅周辺を少し散策

PENTAX K-7+PENTAX DA 16-45mm f4 津島の天王川公園に藤を撮りに行ったとき、津島駅から一つ先の日比野駅まで行って、そこから天王川公園まで歩いた。 どうしてそんなことをしたかといえば、理由は上の写真にある。 ホーム、狭っ。 鉄道ファンの間ではよく知られた駅らしく、行く前にたまたまその情報を知って、自分の目でも確かめたくなったのだった。 確かにこれは狭い。黄色い線の後ろに真っ直ぐは並べないから、横に並ぶ...

  •  2
  •  0

グリーンピア春日井は6月に行くところ

PENTAX K-7 + TAMRON 90mm f2.8 6月になると、ふとグリーンピア春日井のことを思い出して、行きたくなる。他の月はほとんどグリーンピアのことを思い出さない。理由としては、ハナショウブとアジサイを一度に見られるからというのがある。それと、タイミングが合えばササユリも咲いている。 ということで、ひとっ走り自転車で行ってきた。んがっ、グリーンピアは遠かった。最後の長く続く上り坂が追い打ちをかけ、20キロ弱という...

  •  0
  •  0

内海の町を少し歩く

PENTAX K-7+PENTAX DA 16-45mm f4 内海の海写真だけ紹介して、内海の町並み写真がまだだった。 上は太田川駅のホームだ。セントレアがある常滑線と、内海へ向かう河和線の分岐駅になっている。 平日の夕方ということで、学校帰りの高校生達が続々と乗り込んでいく。地図で見ると、近くに東海商業高校というのがある。他にもあるのかもしれない。 河和線はこの先、富貴駅で内海行きの知多新線と分かれる。 それにしても名鉄は...

  •  2
  •  0

小幡緑地の6月

PENTAX K-7+PENTAX FA 50mm f1.4 ふと気がつくと、夏の花々が賑やかに咲き始め、蝶やトンボが飛び回っている。今年の6月は物足りないくらい涼しい日が続いているけど、季節は着実に夏へと向かっている。月日は人の事情や思いを考慮したりしない。 この梅雨は空梅雨なのかどうなのか、梅雨入り宣言が出てからあまり雨が降らない。雨が少ない方が写真を撮るにはありがたいのだけど。 少しだけ小幡緑地へ行ってきた。初夏の風景を...

  •  0
  •  0

東山の動物たち

PENTAX K-7+PENTAX DA 55-300mm f4-5.8 もぐもぐプレーリー。カワユイなぁ。 ちょっと久しぶりに東山動物園へ。今日はそのときの写真を。 こちらも食事中のヤマアラシくん。 東山も少しずつニューフェースが増えてきて、こいつも最近あたらしくやってきた。 あらたな飼育場も作られて、見せる展示へと移行しつつある。狭い檻に閉じ込めているのは、観客からしても気分がよくないし、子供の情操教育にもよくない気がする。 居...

  •  3
  •  0

見た目で損をしているサンデー料理

PENTAX K-7+PENTAX FA 50mm f1.4 今週のサンデー料理は、ちょっと見た目がよくない。味はよかったのに見た目で損をしている。見た目がよくなければ料理としては失敗といえばそうなのだけど。 食材としては先週残ったものを引き継いだ。長芋とか、ワンタンの皮とか。おかげで、ずいぶん安上がりな夕飯となった。コンビニ弁当を買うより安い。「マグロと長芋炒めとろろがけ」 マグロに塩、コショウ、酒を振り、長ネギの白い部分と...

  •  0
  •  0

矢作ダムが初ダム撮り

PENTAX K-7+PENTAX DA 16-45mm f4/ DA 55-300mm f4-5.8 4月の終わり、上中のしだれ桃を見にいった日、その流れでmihopapaさんに矢作ダムに連れていってもらった。 ダムというものに特別な興味を持ったことはなかったのだけど、考えてみるとダムを間近で見たことがなかった。一度見てみればその魅力が分かるかもしれないと思った。 左上に見えているのが、矢作ダムだ。このときは放水は行われていなかった。 ダムのすぐ下の川沿...

  •  2
  •  0

海が撮りたくて内海へ行く

PENTAX K-7+PENTAX DA 16-45mm f4/ DA 55-300mm f4-5.8 久しぶりに海を撮りたくなった。今回の名鉄の旅は、内海行きから始まっていた。安城やセントレアは、そのついでだった。 名鉄の列車で内海を訪れるのは初めてだった。学生時代から、内海は車で行く場所と決まっていた。 内海といっても私がいつも訪れていたのは、野間灯台のあたりだったから、正確に言えば内海ではない。野間海水浴場や、小野浦海水浴場あたりだ。 今回...

  •  0
  •  0

二度目のセントレア飛行機撮り

PENTAX K-7+PENTAX DA 16-45mm f4/ DA 55-300mm f4-5.8 安城での新幹線撮りのあとは、中部国際空港セントレアでの飛行機撮りだった。 去年のちょうど同じ時期に、初めてセントレアを訪れた。今回は二度目だった。前回は夕方で、期待していた夕焼けがなく、薄暗い中での撮影となって難しかった。今回は昼間ということで、また違ったセントレアの一面を見ることができた。 ただ、明るくてもやっぱり飛行機は難しく、制約もあって...

  •  6
  •  0

麦が色づく安城で新幹線撮り

PENTAX K-7+PENTAX FA 50mm f1.4 / DA 55-300mm / DA 16-45mm 6月、安城では黄金色に染まった一面の麦畑が見られる。去年、地元のニュースで初めてそのことを知り、来年は行こうと心に決めていた。 例年であれば5月下旬から刈り入れが始まるようだけど、今年は麦の成長も遅かったのか、5月最終日でまだ刈り入れは行われていないようだった。 安城は日本のデンマークと呼ばれるほど、農業に力を入れてきたところだ。減反政策で30...

  •  6
  •  0