archive: 2010年06月  1/1

マニュアルレンズの散歩写真でつなぎ更新

PENTAX K10D+smc Takumar 300mm F4 / 50mm f1.4 28mm f3.5 今日はサッカーの試合があって、落ち着いて書けそうにないから、ご近所自転車散歩写真でつなぎ更新としたい。 この日は、単焦点のマニュアルレンズを持ち出して、近所を少し回ってみた。マニュアルレンズの場合、必ず両手を使わないと撮れないから、自転車散策のお供には向かないことがはっきりした。基本的に自転車を止めるか降りるかして撮るから、さほど問題ではない...

  •  2
  •  0

碧南ってこんなにいいところだったんだと思い知る <名鉄の旅・第8回>

PENTAX K10D+PENTAX DA 16-45mm f4 碧南市……。 その名前を頭に思い浮かべて、何が出てくるだろうとしばし考えてみる。 ……何も出てこない。ぼんやりとしたイメージさえ浮かばない。碧南、それは名前のみ知る未知の町だった。 どうして碧南へ行こうと思ったかといえば、話は単純で、名鉄三河線の終着駅のひとつだったからだ。名鉄の路線図を眺めながらどこへ行こうか考えていたとき、終着の豊橋、豊川稲荷、蒲郡、河和は、それぞ...

  •  0
  •  0

再現度はともかくとしてデンマークサンデー

PENTAX K10D+smc Takumar 50mm f1.4 今日のサンデー料理は、予定通りデンマーク料理を試みてみた。ワールドカップで対戦するというのも何かの縁で、その縁をきっかけに少しでもお近づきになれたら、それはとても良いことだ。 先週のオランダもそうだったけど、デンマークなんて国はこちらから歩み寄っていかないと向こうからは近づいてきてくれない。少しでも興味を持てば、その後は自然と情報や知識も入ってくる。何事において...

  •  2
  •  0

空コレ2010上半期

PENTAX K10D+PENTAX DA 16-45mm f4 他 今年ももうすぐ半分が終わろうとしている。 折に触れて撮ってきた空の写真がだいぶたまってきた。今日は空コレ2010上半期ということで、お届けすることにしたい。 同じ空は二度とないというけれど、あなたが見たのと同じ空がここにあるだろうか。 ある日の朝焼け空。 劇的とも言える茜色。少しやりすぎの感もある。 別の日の朝。 これくらい優しい色の方が好きだ。 朝焼けの時間は短...

  •  4
  •  0

気づいたときにはもう夏 ---海上の森の行き帰り

PENTAX K10D+PENTAX DA 55-300mm f4-5.8 / TAMRON SP 90mm f2.8 稲がだいぶ伸びてきて、田んぼは6月の風景となった。まだ茶色が残る4月から、わずかふた月ほどで緑が完全に支配する世界となる。その激変ぶりに、あらためて驚く。 昨日は海上の森の虫編だったので、それ以外の写真が少し残った。といっても、ほとんど虫しか撮らなかったので、枚数は少ない。行き帰りに撮った写真とあわせて一回分とする。 上の風景の場所はどの...

  •  0
  •  0

虫のみなさんこんにちは ---6月の海上の森

PENTAX K10D+TAMRON SP 90mm f2.8 本日は虫注意報発令です。 最後まで虫しか出てきません。虫が苦手な方は、速やかに避難してください。 というわけで、今日は虫の写真をお届けします。 久しぶりに海上の森へ行ってきた。前回は3月の終わりだったから、だいぶ間が空いてしまった。5月くらいに一度行きたいと思っていたのだけど、自転車だと少し遠いということで、なんとなく先延ばしになっていた。 季節は初夏から夏に入りか...

  •  0
  •  0

覚王山への行き帰りに昭和の面影を探す

PENTAX K10D+PENTAX DA 55-300mm f4-5.8 / DA 16-45mm f4 / 50mm f1.4 自転車散策では行き帰りの写真が一回分のネタになる。ここのところそのスタイルが確立してきた。 今日は日泰寺へ行ったときの写真と、オマケで夜編をお送りします。 まずはお馴染みになりつつある天満センター前だ。ちょうどいいエキストラのおばあさんが通りかかったので撮らせてもらう。とても昭和っぽい一枚になった。 やられてるなぁ、天満センター。...

  •  6
  •  0

鉈薬師堂から覚王山八十八ヶ所、奉安塔へ

PENTAX K10D+PENTAX DA 16-45mm f4 日泰寺をあとにして、鉈薬師堂(なたやくしどう)へ向かった。 普段非公開のお堂が、弘法大師の縁日である21日だけ公開されるというので、一度見てみたいと思っていた。 日泰寺の左(西)の道を進んで、専修院というお寺を左折。そのまま道なりに進むと、左手に入口が見えてくる。 専修院がどんなお寺かは知らない。門も閉ざされていた。 古い建物が残っている。この細い道を抜けると、今度...

  •  0
  •  0

遅刻して縁日の終わった日泰寺参道風景

PENTAX K10D+PENTAX DA 55-300mm f4-5.8 / DA 16-45mm f4 ふとカレンダーを見て、今日は21日か、と思う。ん? そういえば、21日って、何かなかったっけ? あ、そうだ、日泰寺の縁日だ。 思い出したまではよかったものの、思い出した時間が遅すぎた。夕方ではもう終わってみんな帰ってるんじゃないかとあきらめようとして、でもやっぱり行くだけ行ってみようと思い直し、出向いていった。夜店も出るという話もどこかで読んだ覚...

  •  2
  •  0

オランダ料理について学ぶサンデー

PENTAX K10D+TAMRON 28-75mm f2.8 先週、来週は梅雨にちなんだ料理を作ろうと書いた。けど、よりタイムリーなネタがあったので、そちらを優先させることにした。今日はオランダ料理サンデーだ。 昨日の試合で、日本はいい負け方をした。はっきり言って今の実力でオランダに勝つのは失礼だ。ワールドカップの権威が下がる。楽しみは20年くらい先に取っておいて、とりあえず今のところはオランダに敬意を表してオランダ料理を作っ...

  •  0
  •  0

三河の法蔵寺に近藤勇の首塚がある <名鉄の旅・第7回>

PENTAX K10D+PENTAX DA 16-45mm f4 本宿駅から歩いて15分ほどのところに法蔵寺というお寺がある。ここへどうしても行きたかったのは、近藤勇の首塚があるというのを知ったからだった。何故三河あたりに近藤勇の首塚があるのかという疑問を抱きつつ、行ってみれば何か分かることもあるだろうし、行かなければ何も分からないと思ったのだった。 小山を背にして、雰囲気のある寺が見えてきた。どうやらここがそうらしい。 創建は70...

  •  0
  •  0

本宿駅から法蔵寺に向かう道すがら <名鉄の旅・第6回>

PENTAX K10D+PENTAX DA 16-45mm f4 少し中断していた名鉄の旅を再開することにしよう。国府駅から御油宿、赤坂宿を歩いて、名電赤坂駅へとやって来た。ここから電車で2つ、名古屋方面に戻って、本宿駅へ行く。本宿には必ず寄りたい理由があった。 名電赤坂駅は、普通列車しか止まらない無人駅となっている。隣の御油駅もそうだ。もともとは宿場で人が集まる拠点だったのに、普通列車しか止まらないことで、急行が止まる本宿駅と...

  •  2
  •  0

小幡緑地東園周辺で出会った夏景色

Canon EOS 20D+EF80-200mm f2.8L 梅雨の貴重な晴れ間ではあったのだけど、遠出するほどの体力も時間もなく、夕方近くの小幡緑地東園へ出向いた。 今日の名古屋は最高気温が33度近くまで上がって、暑かった。冬場の自転車もつらかったけど、真夏の自転車もなかなか厳しいものがありそうだ。漕いでるときは風が当たるからそれなりに涼しいけど、止まると汗がどっと出てくる。 東園は行ってもあまり収穫がないからめったに行かない...

  •  0
  •  0

自転車で平和公園へ

Canon EOS 20D+TAMRON 28-75mm f2.8 / EF75-300mm f4-5.6/ SIGMA 55-200mm 自転車は歩きよりは速く、車よりはずっと遅い。歩きのときほどきめ細かく見ることはできなくても、自転車の行動範囲の広さはそれを補って余りある。 車を運転しながら流れる景色を見ていたとき、自転車ならもっとたくさん写真が撮れるんじゃないかと思っていた。実際、自転車に乗ってあちこち巡ってみると、スピード感の問題だけではなく、車とは違う視...

  •  2
  •  0

6月の牧野ヶ池風景

Canon EOS 20D+EF75-300mm f4-5.6 IS / SIGMA 50-200mm f4-5.6 今日は牧野ヶ池風景をお届けします。名鉄の旅はちょっと中断ということで。 まずはトンボ3部作から。 モノトーン調で、サイレントなトンボの世界。 虚と実の境界線が溶け合う水風景。 ハスの葉の茎にとまる二連のトンボ。 鏡面になって4匹いるみたいに見えるけど、実際は2匹がつながっているだけ。 浮き草にとまりながら卵を産み付けていたようだ。 モノクロ...

  •  0
  •  0

ソフトレンズで写すノスタルジック河原風景

Canon EOS 20D+EF135mm f2.8 soft ソフトレンズで写す河原の光景は、記憶の中の在りし日の風景のよう。確かにそこにあるのに、夢のように儚げで、手を伸ばしても触れられないみたいに感じる。懐かしいような、切ないような、自分の体までもがぼんやりしてしまいそうだ。 ありふれた日常の光景が幻想的に見えるのがソフトレンズの効果で、あまり頼りすぎるのもよくないけど、たまにはこんな表現もしたくなる。 今日はソフトレン...

  •  0
  •  0

夏を迎えるための準備サンデー料理

PENTAX K10D+TAMRON 28-75mm f2.8 東海地方も今日から梅雨入りしたようだ。今年はここまで涼しい初夏で、梅雨入りも遅れていた。春は雨が多かったし、ここ最近の気候は、地球温暖化を実感しづらいものとなっている。何年か前のように、暑くてたまらんといた天候が続くと、いよいよ温暖化も切実なものとなってきたかと思うのだろうけど。 とはいうものの、そろそろ6月も半ばで、本格的な夏が近づいた。夏は黙っていても暑くなるも...

  •  0
  •  0

何はなくとも赤坂宿には大橋屋がある <名鉄の旅・第5回>

PENTAX K10D+PENTAX DA 16-45mm f4 旧赤坂宿の町並みも、御油宿とよく似ている。古い建物が点在しているだけで、宿場町だった頃の面影はあまり残っていない。それでも、昭和の名残が感じられて、写真を撮りながら歩くのは楽しかった。 ここでの一番の見所は、旅籠の大橋屋だ。御油宿方面から行くと、一番最後に待っている。 上の写真は、大きな商家風の家屋だ。かなり立派なもので、かつての外観をそのままに近い形で残している...

  •  0
  •  0

御油の松並木から赤坂宿はすぐそこ <名鉄の旅・第4回>

PENTAX K10D+PENTAX DA 16-45mm f4 今日は御油宿の3回目。こんなに引っ張るつもりはなかったのに、やけにゆっくりなペースになっている。今回と次回で、赤坂宿まで終わらせることにしたい。 イチビキの工場を過ぎてしばらく行くと、いよいよ御油宿のクライマックスである松並木が見えてくる。クライマックスといっても所詮松並木なので、わぁー、きれいとかいう感動はなく、おお、なるほど、そういうことかといった感じでしかな...

  •  2
  •  0

ところどころに残るかつての面影を探す御油宿歩き <名鉄・第3回>

PENTAX K10D+PENTAX DA 16-45mm f4 昨日は御油宿の手前の追分まで行ったところで終わった。今日は音羽川に架かる御油橋(今は五井橋?)から再開することにしたい。 御油宿(ごゆしゅく)は、江戸の品川宿から数えて35番目の宿場町だ。 ここで少し東海道を復習しておきたい。愛知県の一番江戸寄りの宿場は、少し前に紹介した二川宿だ。それが豊橋市で、同じく豊橋の吉田宿があり、その次が豊川に入った御油宿となる。 そのあと...

  •  0
  •  0

国府から始まる御油宿プロローグ <名鉄の旅・第2回>

PENTAX K10D+PENTAX DA 16-45mm f4 名鉄電車の旅は、国府駅から始まった。 名鉄電車は私にとって、一番近くて、一番遠い電車だ。名古屋生活が長く、最も身近に走っているにもかかわらず、これまでほとんど乗ったことがない。利用するのはもっぱらJRか近鉄で、名鉄というのは本当に乗らない。最近でいうと、日間賀島へ行ったときに乗ったくらいだ。 それではちょっと寂しいということで、乗り放題の券を手に入れて、一日乗れるだ...

  •  0
  •  0

5年後のモリコロパーク、初夏の風景

PENTAX K10D+PENTAX DA 55-300mm f4-5.8 モリコロパークの観覧車も、リニモも、今や長久手の田園風景にすっかり馴染んだ。5年も経てば、それはそうかもしれない。両方とも、いつ見ても乗ってる人が少ないのが少し気がかりではある。 2005年より以前、この場所がどんな風景だったのか、思い出すことはできない。グリーンロードはもう通っていたから、青少年公園がモリコロパークに変わって、リニモが追加されただけだろうか。振り...

  •  0
  •  0

近くへ行きたい ~6月の長久手田んぼ風景

PENTAX K10D+PENTAX DA 55-300mm f4-5.8 先週のご近所ネイチャーフォトの姉妹編で、長久手田んぼ風景をお届けします。 前回も書いたように、この日の一番の目的は、アマサギを撮ることだったのだけど、その前後で周辺の田んぼもぐるりと巡ってみた。 上の写真は、東小学校の裏手で、お気に入りの風景の一つだ。なだらかな丘に田畑が広がり、丘の上に小学校がある。遠くには低い山並みがつらなり、空が広い。季節ごとの花が風景...

  •  4
  •  0

ちょっと投げやりサンデー料理は結果オーライ

PENTAX K10D+TAMRON 28-75mm f2.8 今日のサンデー料理は、とにかく考えるのが面倒で、半ば投げやりな気持ちでメニューを考えて、手を抜いて作った。刻んだりこねたり揚げたりするのを避けて、焼くか煮るかシンプルにできるということを最優先にした。暑くなってきて、少し食欲が落ち気味というのもあったかもしれない。 結果としてはそれなりのものができたから、普段からあまり考えない方がいいのかもしれないと思ったりもした...

  •  2
  •  0

ご近所ネイチャーフォト ~初夏から夏への風景

PENTAX K10D+PENTAX DA 55-300mm f4-5.8 名鉄の旅シリーズはぼちぼちやっていくとして、今日は近所で撮ったネイチャーフォトをお届けします。 田植えが終わる頃、長久手の田んぼにアマサギを撮りに行くというのが、ここ数年の恒例になっている。今年もいつものように出向いていったのだけど、残念なことに1羽も見つけることができなかった。毎年必ずこの時期はいるのに、今年はどうしたのだろう。たまたまよそへ行っている時間帯...

  •  2
  •  0

中切町と下条町と二つ八幡神社あり

PENTAX K10D+PENTAX DA 55-300mm f4-5.8 近所の神社巡りシリーズは長らく中断したまま進んでいなかった。一時期、どういうわけか神社へ寄りつきたくない気分になって、まったく行かなくなってしまったことがあった。ここのところそういった拒否反応みたいなものはすっかり消えて、またぼちぼち巡り歩くようになった。 休んでいた間に、どこまで進んだか分からなくなってしまった。尾張旭は全部回って、守山区と名東区、千種区の...

  •  0
  •  0

セントレアの空は焼けず

PENTAX K10D+PENTAX DA 55-300mm f4-5.8 / 16-45mm f4 名鉄電車フリーパスの旅で最後に訪れたのが、セントレアこと中部国際空港だった。 この日は乗り放題の券を手に、朝から夕方まで名鉄電車に乗ってあちこちを巡ってきた。そのときの様子は近いうちに紹介するとして、今日はセントレア編をお送りしたいと思う。 旅のクライマックスとしてセントレアを考えていた。夕焼け時間に合わせて夕方6時過ぎに到着するというのは予定通...

  •  0
  •  0

古墳や神社は過去とつながるきっかけに

FUJIFILM S2pro+NIKKOR 50mm f1.8 / NIKKOR 55-200mm 鶴舞公園へ行ったとき、八幡山古墳と物部神社にも寄ってきた。今日はそのあたりのことについて書いてみたい。 古墳なんてものは元来、眺めて楽しいものではない。たいていは木々で覆われていて原形も分からないし、形も上から見ないと確認できない。何か面白いものは見えないかとぐるりと一周回ってみたところで、特にこれといったものが見つかるわけでもない。一般の人はあ...

  •  0
  •  0

覚王山日泰寺の参道はなかなかいいところ

PENTAX K10D+PENTAX DA 55-300mm f4-5.8 覚王山の日泰寺(にったいじ)には何度か行ったことがある。けれど、参道を歩いたことはなかった。車で行くと境内にとめられるから、参道を歩くという発想が浮かばなかったのだ。参道の雰囲気がいいという話は前から聞いて気になってはいた。 今回、自転車でゆっくり走りながら写真を撮ってきた。なるほど、なかなか悪くない。ここ10年くらいで古い建物が減ったり、新しい店ができたりと...

  •  0
  •  0

自転車で見つけた半径5キロの風景

PENTAX K10D+PENTAX DA 55-300mm f4-5.8 自転車の行き帰りに撮った写真がちょっとたまってきた。ここらで一度まとめて出してしまうことにした。 今日はちょっとダメージが深くて、余力が残っていないから、簡単更新としたい。 一枚目の写真はけっこうお気に入りのものだ。瀬戸電のホームとレールを写した日常風景に過ぎないのだけど、小雨が降っていたということもあって、なんとなく情緒のある写真になった。 電車が写ってな...

  •  4
  •  0