archive: 2009年08月  1/2

S2proが捉える夏の終わりの色

FUJIFILM S2pro+NIKKOR 55-200mm f4-5.6 VR / NIKKOR 70-300mm f4-5.6 VR 愛知県民の森が終わって、次は熊野古道シリーズを始めたいところではあったのだけど、今日はゆっくり更新している時間がない。ということで、ご近所写真でつなぐことにする。 以前使っていたFUJIのS2proをもう一度買うことになったのは、Nikonのレンズが安く手に入ったからだった。55-200mmと70-300mmの手ぶれ補正レンズを使うために、たまたまタイミング...

  •  0
  •  0

民主党的サンデーは新たなマニフェストの始まり

Canon EOS 20D+EF50mm f1.8II 今日のサンデー料理は、ミンチカツ、シューマイ、豆腐ステーキを作った。 この時点でピンと来た人はとても勘がいい。ミン、シュ、トウ……。 ダジャレかよ、と思ってはいけない。頭韻を踏んでいるのだ。 別に民主党支持というわけではないけど、今日は民主党にとって歴史的な一日ということで、それにちなんだサンデー料理にしてみた。だから、メンチカツではなく、ミンチカツである必要があった。...

  •  0
  •  0

電車で3分の距離も歩けば遠い湯谷温泉 <愛知県民の森-番外編>

PENTAX K10D+DA 16-45mm f4 愛知県民の森をあとにして、三河槙原駅に戻ってきたのが午後4時過ぎだった。次の電車は17時1分。駅で待つには長すぎる。予定では17時1分に乗って、隣の湯谷温泉まで行って、温泉街と板敷川を散策して、19時26分の電車で帰るというパターンを考えていた。その間に電車は、ない。 ただぼんやり待っていても仕方がないから、隣の湯谷温泉まで歩いていくことにした。ここで一つ罠にはまったのは、駅前の観...

  •  2
  •  0

一回くらいは行っておいてもいい愛知県民の森 <第四回>

PENTAX K10D+DA 16-45mm f4 / TAMRON SP 90mm f2.8 今日が愛知県民の森シリーズ本編の最終回となる。 下石の滝、亀石の滝と回って、力尽きそうになったところで帰ることにする。スポーツドリンクの残りも少なくなって、これが切れたときが倒れるときだくらいの燃え尽きようだった。 最近、あまり山歩きをしてないから体が鈍ったらしい。平地を歩くのと、アップダウンの道を上り下りするのとでは、使う筋肉も体力も違う。頻繁に...

  •  2
  •  0

愛知県民の森はどの滝まで行くかで疲労度が決まる <第三回>

PENTAX K10D+DA 16-45mm f4 愛知県民の森を歩くとき、特に決まったコースはない。なんとなくぼんやり歩いていると、左回りのコースを辿るのが自然かもしれない。満腹コースなら三つの滝を巡って右手の方に回って帰ることになるだろうし、欲張りコースなら宇連山登山、腹八分目なら下石の滝を見て引き返すのが無難なところだ。 私は駅を出て駅に戻ってくるまで4時間ほど歩いたのだけど、2つ目の亀石の滝を見て引き返してそれくら...

  •  0
  •  0

奥へ進むほどに辛口になっていく愛知県民の森 <第二回>

PENTAX K10D+TAMRON SP 90mm f2.8 / DA 16-45mm f4 愛知県民の森へ行こうと思ったのは、ヤマユリを見るためという理由が大きかった。しかし、ヤマユリの季節は7月中旬から下旬にかけて。8月のお盆過ぎに、のこのこ出向いていって咲いているはずもない。 7月は雨ばかりで、8月になったら早々に行こうと思っていたら、なんだかんだで行けず、延びのびになってしまった。結局、行けたのは8月20日のことだった。 ホウライジユリの通...

  •  2
  •  0

愛知県民の森シリーズ~予告編 <第一回>

PENTAX K10D+DA 16-45mm f4 今日はあまりにもくたびれてしまって、通常の更新は不可となった。 なので、この前行ってきた愛知県民の森の写真を少し並べて、もうダウンしてしまう。 明日から愛知県民の森シリーズを始めたいと思っているけど、今日はその予告編ということで。 緑のうねうね水紋。 揺らめく水面を見続けていると、酔いそうになった。 森の名に恥じないそれはもう立派な森で、思った以上に森は深かった。 清浄...

  •  0
  •  0

色と模様を探して牧野ヶ池周回コースを歩く <後編>

FUJIFILM S2pro+NIKKOR 70-300mm f4-5.6 VR リトルワールドが終わって、次は愛知県民の森シリーズを始めたいところではあるのだけど、牧野ヶ池の後編が残っていたので、まずはそちらを終わらせてしまうことにする。 残りの写真を使い切って、すっきりさせておきたい。そうこうしてると、また電車の旅もある。 池の周りの散策路はこんな感じ。 夏場だから草が生い茂っているけど、人がよく歩いているから、道はしっかりできてい...

  •  0
  •  0

自分好みに作ってるから美味しいのは当然サンデー

PENTAX K10D+SIGMA 30mm f1.4 今日は普通のサンデーだった。特に新しい試みをするでもなく、これまで作ってきた料理をアレンジしたものにとどまった。まったく同じものではないものの、よく似たものは何度か作っていると思う。 思えばもうずいぶんたくさん料理を作ってきた。以前作ったものをすべて思い出すことはできない。自分が作ったものの写真を見れば思い出すだろうけど。 自分の料理は自分の字に似ている。見れば自分の...

  •  0
  •  0

建物よりも外国人の充実こそが本当のリトルワールド <第七回>

PENTAX K10D+DA 16-45mm f4 / PENTAX-M 50mm f1.4 リトルワールド・シリーズも今日で7回目で、ようやく最終回となる。パンフレット的な紹介とはならなかったけれど、なんとなく雰囲気は伝わったんじゃないかと思う。 夕方から夜にかけての写真を載せて、終わりにしたい。書くことはもうほとんど残っていない。 上の写真の赤と白の顔は、リトルワールドのシンボルだ。どういう意味が込められたものなのかはよく知らない。 で、...

  •  0
  •  0

沖縄から始まって山形で世界一周は完結となる <第六回>

PENTAX K10D+DA 16-45mm f4 リトルワールド最終エリアは、アジア圏。韓国の家が二つ、日本の家が一つで、不完全ながら世界一周が完結する。 韓国のものは、慶尚北道の山村にあった二つの農家だ。一つは一般の農家で、もう一つは地主のもので、やはり暮らしぶりが家の造りにも表れている。まずは普通の農家の方から見ていくことにしよう。 上の写真は裏口の方で、ここからしていかにもといった感じがする。なんとなく懐かしいよ...

  •  0
  •  0

遠出帰りにつき牧野ヶ池を並べておやすみなさい

FUJIFILM S2pro+NIKKOR 70-300mm f4-5.6 VR 今日は遠出をしていて、リトルワールドの続きは下調べができず、今日の写真も間に合わずで、少し前に行った牧野ヶ池の写真でつなぎ更新としたい。 デジとレンズの組み合わせがちょっと珍しいことになっているけど、そこはさらっと流して、とりあえず写真を並べて、もう寝ます。 たぶん、オニヤンマ。この止まり木がお気に入りというか縄張りのようで、近づいてくる他の奴を追いかけ回...

  •  0
  •  0

リトルワールドはタイが占める割合が大きい <第五回>

PENTAX K10D+DA 16-45mm f4 リトルワールドもなんだかんで5回目になった。こんなに長持ちするネタになるとは思ってなかった。逆にちょっと長引きすぎているような気もする。そろそろ終わらせて次を始めたいところではあるのだけど、まだあと2回分くらいは写真が残っている。なので、もう少しおつき合いください。 昨日はネパールで終わって、今日はインドからの再開となる。インドとネパールといえば、お隣さんでもあり、宗教的...

  •  0
  •  0

リトルワールドは飛びとび世界一周マイナー旅行 <第四回>

PENTAX K10D+DA 16-45mm f4 リトルワールドの四回目は、ヨーロッパエリアから再開しよう。このあたりが入口から見て一番奥で、周回コースの折り返しとなる。 ヨーロッパエリアといっても、ドイツ、フランス、イタリアしかないから、ヨーロッパ全体を網羅しているとは言えない。せめてスペインとイギリスくらいは参加させて欲しかったところだけど、スペースや予算のこともあるし、すべての地域を紹介するのは無理だから、まあ仕...

  •  0
  •  0

世界のほんの一部でもリトルワールドは世界の入口となる <第三回>

PENTAX K10D+DA 16-45mm f4 今日からまたリトルワールド・シリーズを再開したい。 上の写真は、ペルーの大農園領主の家を再現して建てられたものだ。 リトルワールドの旅は、非常に早足なものとなる。日本から出発してアジア、北米と進み、あっという間に南米に入ったかと思ったら、すぐに東南アジアが始まる。変化が目まぐるしくて、うっかりしてると大陸を丸ごと見落としてしまうことにもなりかねない。一周2.5キロだから、全...

  •  0
  •  0

マイベストカレーも完成度は80パーセント

 カレーライスはあまり好きではないくせに、ここのところサンデー料理に登場する回数が増えている。それは手抜きをしたいからではない。むしろ、一からカレーを作るには通常の料理よりも手間暇がかかるから楽はできない。理由は単純で、自分の頭の中にあるイメージ通りのカレーを作りたいという思いがあるからだ。銅鍋を手に入れたということもある。 私の思い描く美味しいカレーのポイントは、旨みとコクと辛みのバランスがよく...

  •  0
  •  0

リトルワールドの建造物はマイナーでマニアック揃い <第二回>

PENTAX K10D+DA 16-45mm f4 リトルワールドが開園したのは1983年の3月だったということを知って驚いた。そんなに新しいとは思ってなかった。明治村のオープンが1965年で、それと同じくらいだろうと漠然と考えていた。ということは、学校で連れて行かれたときは、開園して間もなくのことだったのだ。そんな話を聞かされた覚えがまったくないのだけど、そもそも興味がなくて私が話を聞いていなかっただけかもしれない。学校で行った...

  •  0
  •  0

ナイター営業のリトルワールドにわんさか人がいて驚く <第一回>

PENTAX K10D+TAMRON SP 90mm f2.8 / PENTAX-M 50mm f1.4 リトルワールドがナイター営業をしているということで、どんなものか見てみようと行ってみた。着いたのは日暮れが近い夕方だった。 初めて訪れたは中学のときの遠足で、二度目が2006年だった。万博後遺症を癒すためにリトルワールドを訪れたという愛知県民は多い。当時の私もそうだった。あれから3年になる。 特にこれといった目当てがあったわけではなく、ライトアップ...

  •  0
  •  0

日常夏写真を並べて今日は早寝

PENTAX K10D+TAMRON SP 90mm f2.8 他 今日は早寝で、明日は早起きなので、日常写真を並べて寝てしまう。ここ最近、近所で撮った写真などを。 ヒマワリは、愛知牧場で元気のないやつを撮っただけだったけど、まったく撮らないよりはよかった。大垣の休耕田のヒマワリが見頃を迎えたようだ。一度見に行きたいと思いつつ、場所が不便なところだから、電車では行けそうにない。車で行くと、近いようで遠い。 ホオズキの実も、夏の...

  •  0
  •  0

森の花と虫は早くも夏の後半戦 <8月の海上-3>

PENTAX K10D+TAMRON SP 90mm f2.8 8月の海上の森写真3回目の今日が最終回となる。 余った花や虫写真、その他を集めて載せておこう。 一枚目は、クサギから。 見た目は一切無視で、葉っぱが臭いからという理由だけで名づけられてしまったかわいそうなやつ。ヘクソカズラほどではないにしても、もう少しいい名前をつけてあげてほしかった。 花よりもピンクのつぼみが可憐で、藍色の実がなると、がくがきれいな赤色になる。 見...

  •  0
  •  0

森を作るそれぞれの色と形に心惹かれる <8月の海上-2>

PENTAX K10D+TAMRON SP 90mm f2.8 昨日に続いて海上の森の第2回を。 今回も三脚を持っていった。めったに人に会うこともないから、人目を気にすることなく三脚を使うことができる。 これはNDフィルター(ND4)を使って、6秒で撮ったものだ。フィルターなしで1秒で撮ったものと、ほとんど変わらなかった。長時間露光をすればしただけ変わるわけではないことが分かる。もっと変化の大きなシーンを撮れば、当然違いも出てくるだろ...

  •  0
  •  0

天然のサギソウを撮りに雨上がりの海上の森へ <8月の海上-1>

PENTAX K10D+TAMRON SP 90mm f2.8 ふいにサギソウのことを思い出して、無性に撮りに行きたくなった。 夏の湿地の白いヒロイン。サギが舞っているような優美な姿から、その名が付けられた。 一番近場で確実に見られるのは、東山植物園か、森林公園だ。けど、どちらも月曜定休。 そういえば、海上の森でサギソウを見たことがなかったことに気づいた。植物園や森林公園では何度も見てるけど、あれは人が管理しているところで咲い...

  •  0
  •  0

匂いにクセはあるけど味は意外とまろやかナンプラー料理

Canon EOS 20D+EF50mm f1.8II 今日のサンデー料理の主役は、ナンプラーだった。料理の可能性を広げるものとして、今まで使ったことがない調味料を使うのが有効なことがバルサミコ酢でよく分かった。ということで、今回、ナンプラーというものを初めて使ってみた。 ナンプラーという名前はよく聞くけど、その正体をよく知らないという人が多いかもしれない。私もそうだった。タイの魚醤(ぎょしょう)のことだ。魚醤ってのも分か...

  •  0
  •  0

日常ご近所写真がたまってきたから今日はその小ネタでつなぐ

PENTAX K10D+DA 16-45mm f4 / TAMRON 90mm f2.8 他 今日はまたつなぎネタ。日常写真がたまってきたところで、まとめて出しておくことにする。近所の風景も、今撮っておくとあとになって変化を知ることができるから、それなりに意味はある。 ここ最近の天気を反映した写真は、曇りときどき雨のち晴れ、となっている。梅雨明けしたあとも、やや不安定な天気が続いている。 今日は34度を超えてなかなかの暑さになった。猛暑はここ...

  •  0
  •  0

川を歩けば被写体に当たる <矢田川散歩後編>

PENTAX K10D+TAMRON 70-300mm f4-5.6 Di 矢田川散歩写真の後編は、矢田川大橋近辺からの再開となる。 このあたりから名駅の高層ビル群が見えるのは前から知っていたけど、左手にテレビ塔が見えることには気づいていなかった。間には、スパイラルタワーズの頭がちょこっと見えている。 手前の障害物が多いのが写真としては残念だけど、夜になるとどう見えるのか、一度確認したい。手前が全部シルエットになれば、ちょっと面白い...

  •  0
  •  0

望遠ズームを持って矢田川河原散歩写真 <前編>

PENTAX K10D+TAMRON 70-300mm f4-5.6 Di ここ最近、神社仏閣から完全に離れていることもあって、慢性的なネタ不足に陥っている。歴史物の勉強もしたくなくて、気持ちは写真を撮ることの方に傾いている。一時的なものなのか、そちらへ移行したのか、自分でもよく分からないのだけど、しばらくは気分に従ってみようと思っている。 電車の旅は来週に延期になった。なので、今週いっぱいは小ネタでつながないといけない。あまり時間...

  •  0
  •  0

時間いっぱいまで粘ったものの空は焼けきらず時間切れ <後編>

PENTAX K10D+TAMRON SP 90mm f2.8 / PENTAX DA 16-45mm f4 今日は昨日の続きで、小幡緑地本園後編をお送りします。 光は十二分にあったものの、思ったほど撮るものはなかった。花が少ないから虫もあまりいないし、夏の夕方にのこのこ出てくるような鳥もそういるもんじゃない。 もともと、何かを撮ろうという目的意識があって行ったわけじゃない。だから、イメージ不足というのもあった。撮りたい写真を頭の中で完成させてから現...

  •  0
  •  0

晴れたのに遠出できず近場の小幡緑地で短時間撮影 <前編>

PENTAX K10D+TAMRON SP 90mm f2.8 梅雨が明けて夏空が戻ったというのに、今週は間が悪くて遠出できそうにない。電車の旅は来週になりそうだ。 とはいえ、どこかで写真を撮ってこないとネタがない。夕方、少し時間を作って近所の小幡緑地本園に行ってきた。1時間ほどだったけど、カメラを持って歩けばそれなりに撮るものはある。 一回に収めるには少し枚数が多かったので、前後編の二回に分けた。とりあえず今日、明日は撮ってき...

  •  0
  •  0

三脚が恥ずかしくなくなるまで使い続けるべし <岩屋堂-2>

PENTAX K10D+TAMRON SP 90mm f2.8 今日は岩屋堂の続きを。 このときは手持ちで撮ったのは数枚で、あとは全部三脚を使って撮っている。上の写真もそうだ。 手持ちで撮れるシーンでも、三脚を使うことで揺るぎのない安定感のある写真になる。自分ではブレていないつもりでも、実際には微妙にブレていることもある。特に1,000万画素を超えるデジではわずかなブレが写真に表れるとも言われている。 TAMRONの90mmマクロは、ポートレ...

  •  0
  •  0

続・銅鍋とバルサミコ酢サンデー料理

Canon EOS 20D+EF50mm f1.8II 今週のサンデー料理のテーマは、先週に引き続いて、銅鍋とバルサミコ酢だった。前回の続編と言ってもいい。使った食材も共通のものが多い。 一番作りたかったのは、肉じゃがだった。左奥がそうだ。バルサミコ酢を使うということは洋食寄りになるから、肉じゃがも洋風の味付けにした。 豚肉をオリーブオイルとバターで炒め、切って水にさらしたジャガイモとニンジン、それとタマネギを加えて白ワイ...

  •  0
  •  0