archive: 2007年05月  1/1

山下公園は何もなくて何もしなくていい贅沢空間だった

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f8 1/40s(絞り優先) 横浜で山下といえばピッカリ頭の山下監督を思い浮かべる人が少しはいると思うけど、たいていは山下公園を思うだろう。横浜における有名スポットアンケートを取れば、まずベスト3に入ってくるはずだ。じゃあ、山下公園に何があってどんな公園なのかと訊かれると、これが意外と分からない。昔、タカとユージが走り回っていたことしかイメージできない自分...

  •  0
  •  0

横浜三塔物語を知らなかった昨日と知った今日と叶える明日

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f8 1/20s(絞り優先) 三都物語といえば谷村新司。三塔物語といえば横浜と相場が決まっているようないないような、昨日、今日、明日。我々が赤レンガの次に向かったのが横浜のキング&クイーン&ジャックだった。 明治の開港以来、横浜にはシンボルとなる三つの歴史的な建物がある。通称キングと呼ばれる神奈川県庁、クイーンの横浜税関、ジャックの横浜市開港記念会館と、こ...

  •  2
  •  0

お色直しされすぎた赤レンガは授業参観のばっちり化粧のお母さんのよう

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f9 1/20s(絞り優先) 汽車道のレールに沿って歩いていくと、自然と赤レンガ倉庫にたどり着く。ごらん、おっかさん、あれが赤レンガだよ(ツレはおっかさんではありません)。赤い色のレンガに対してすごく思い入れがあるわけではないけれど、赤レンガという響きはどこか懐かしくて心惹かれるものがある。どうやらそれは日本人に共通した感覚らしい。私たちの世代はすでに子供...

  •  0
  •  0

横浜巡り王道コースは日本丸に始まり中華街に終わるのだの巻

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f9 1/25s(絞り優先) 横浜観光を伊勢山皇大神宮から始めるのは我々くらいなもので、普通の人たちはみなとみらい21地区から出発すると思う。横浜駅周辺はショッピング街だから、観光となると一駅移動した桜木町が実質的な横浜の玄関口となる。 動く歩道に乗って最初に辿り着くのが、写真の日本丸の前だ。写真やテレビなどでもお馴染みで、たいていの人が思わずこう言ってしま...

  •  0
  •  0

横浜観光コースに無理矢理神社仏閣をねじ込んでみた

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f8 1/32s(絞り優先) 横浜観光と神社仏閣は結びつかない。そのことに気づいたとき、けっこう驚いた。たいていの観光地はどこかで神社仏閣と絡んでいるもので、東京でさえ例外ではないのに、横浜で有名な神社仏閣というとまったく思い浮かばなかった。同じ神奈川の鎌倉があれほど神社仏閣だらけなのに。 考えてみればそれもそのはずで、特に観光地になってるみなとみらい21な...

  •  0
  •  0

横浜につどう人々と横浜断片風景写真パート1

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f9 1/50s(絞り優先) 横浜と東京の街の性格の違いをひとことで説明するのは難しい。どちらも観光地と生活の場という両方の性質を持っている点では共通しているものの、似ているか違っているかといえばやはり全然異なっているという印象を受ける。それは都会度の差ではない。 かなり乱暴に結論めいたことを言ってしまうと、横浜というのは非常にほどよい感じに支配された街だ...

  •  2
  •  0

近い将来バラ王子と呼ばれるために今年も王子バラ園へ行ってきた

PENTAX istDS+Super Takumar 28mm(f3.5), f5.6, 1/16s(絞り優先) 5月後半といえばバラのシーズンだ。今年もまた春日井の王子バラ園へ行ってきた。ここは王子製紙の社宅の敷地内にあるバラ園で、王子製紙が管理して無料で一般公開している。秋バラも見に行ってるから、今回で5、6回目になるだろうか。すっかりお馴染みの場所となった。 バラは花期が長いからピークをはずすことは少ないけど、どこをピークと見るかは難しい。品...

  •  2
  •  0

光によって移り変わっていく小堤西池の夕暮れ風景

OLYMPUS E-1+Super Takumar 200mm(f3.5), f5.6,1/16s(絞り優先) うちの近所でもあちこちで田植え風景を見るようになった。もうそんな季節なんだ。小堤西池でも本格的に始まったようだ。毎日、何も思わずに白いご飯を食べているけど、自分の知らないところで農家の人が苦労して米を作っている。一年がかりで。そのことを初夏の田植えと収穫の秋に思い出す。本当はもっと思い出さないといけないのだけど、せめて年に2回は感謝の気...

  •  0
  •  0

今年も遅れた小堤西池のカキツバタにまた来年会いに行こうと思った

OLYMPUS E-1+Super Takumar 200mm(f3.5), f4.5,1/30s(絞り優先) おととしの5月10日、刈谷市に国の天然記念物に指定されているカキツバタ群落があると初めて知って、喜び勇んで行ったらまだ2分咲きだった。 去年は5月29日、満を持して行ったはずが大遅刻。半分ほど枯れ切ったカキツバタを前に、呆然と立ち尽くす私であった。 今年は今日5月23日、ちょうどいいんではないだろうかフフと余裕を持っていったら、2年連続の遅刻で意...

  •  0
  •  0

鎌倉の花パート2 ---これで鎌倉編はようやく完結

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f5.6 1/30s(絞り優先) 今日から横浜巡り本編のつもりだったんだけど、眠たさに負けて鎌倉の花パート2となった。うたた寝しても眠気が飛ばずに、頭がぼんやりしている。途中で文章が寝言のようになるかもしれない。そのときは起こしてください。 まずはシラー。 たぶん、シラーでいいと思う。ドイツの詩人のシラーに関係あるのかと思ったら、全然なかった。ギリシャ語の有...

  •  0
  •  0

横浜らしい風景の一日の移り変わり ---横浜編プロローグ

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f6.3 1/40s(絞り優先) 日帰りよくばり横浜巡りツアーを無事に終えて、たくさんの思い出と写真が残った。 その第一弾として今日は、横浜らしい風景の一日の移り変わり写真を並べてみた。それはやはり、ランドマークタワーを中心とする、みなとみらい21地区ということになるだろう。写真などで見慣れた高層ビル群が、横浜の街のどこを歩いていてもいつでも見えていた。 この...

  •  2
  •  0

週末は横浜で

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f5.0 1/40s(絞り優先) 今週末は、東京・横浜行きで家を留守にします。更新はお休みです。 再開は月曜日。 ちょっといってきます。...

  •  2
  •  0

鎌倉番外編パート2 ---見えなかった鎌倉名物と人だかり

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f6.3 1/40s(絞り優先) 鎌倉番外編パート2は、鎌倉の街風景を中心に。歴史の街鎌倉といっても、魅力は神社仏閣だけではない。買い物や食事も楽しみのひとつだ。そちらが好きで鎌倉に通い詰めているという人もたくさんいることだろう。 こうして並べた写真をあたらめて見てみると、本当にこの日はどこへ行っても人の波から逃れることができなかったんだなとあらためて思った...

  •  0
  •  0

鎌倉番外編パート1---寿福寺と切通しと鎌倉の生き物たち

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f6.3 1/50s(絞り優先) 鎌倉行きを振り返ると一日でかなりの枚数の写真を撮った。300枚以上撮っただろうか。これがフィルムだったら現像とプリントで1万円にもなってしまう。デジカメ時代に生まれてよかった。 本編で使えなかった写真がまだかなりあったので、今日はその中から何枚かを番外編として載せておきたい。日の目を見ないまま眠らせておいても、自分でも見返すこと...

  •  0
  •  0

鎌倉紀行最終章は長谷寺の話半分と大仏の謎と由比ヶ浜の涙

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f7.1 1/50s(絞り優先) ラッシュ時の山手線並みの江ノ電に積み込まれて、私たちはなんとか夕方5時過ぎに長谷寺へと到着した。長谷まで来れば、もうゴールは間近だ。あわよくば江ノ島までと考えていたけど、それはさすがに無理だった。北鎌倉をしっかり回ると、一日で江ノ島まではたどり着けない。 閉門間近の時間でも、長谷周辺は大勢の人で混雑していた。狭い歩道も相変わ...

  •  0
  •  0

鶴岡八幡宮でようやく求めていた源氏の鎌倉と出会う

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f7.1 1/100s(絞り優先) 北鎌倉駅から建長寺まで歩いていったなら、そのままもう鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)まで歩いて向かうしかない。帰還不能点は過ぎてしまっている。今さら引き返しても、かえって余計に歩くことになる。 せっかくだからということで、亀ケ谷坂切通しを通って、寿福寺にちらっと寄りつつ、やっとの思いで鶴岡八幡宮にたどり着いた。その頃に...

  •  5
  •  0

鎌倉五山第一の建長寺は立派なのに何かが足りないもどかしさ

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f7.1 1/100s(絞り優先) よくばり鎌倉巡り標準コースの中間に建長寺がある。貧乏性の人間が初めて鎌倉を訪れたとき、せっかくだから主なやつは全部見ておこうという貧乏性丸出しにするとたいていここが中間地点となるはずだ。北鎌倉のクライマックスという言い方もできるだろう。北鎌倉のはずれで、この先は鎌倉駅ゾーンとなる。 鎌倉五山の第一位ということでいやが上にも...

  •  2
  •  0

明月院で鎌倉紀行もやっと半分で、まだ先は長いのだ

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f7.1 1/80s(絞り優先) そろそろゴールデンウィークも遠い日の出来事になりつつある昨今。にもかかわらず、私の鎌倉紀行はまだ半分も書き終わっていない。どういうことですか、これは。などと誰にともなく当たってみる。けど、居直っていても終わらないので、一日一寺ずつ書いていくしかなかろう。途中に何も挟まなければ、建長寺、鶴岡八幡宮、長谷寺、鎌倉大仏、その他、と...

  •  0
  •  0

季節の花は今年のこの季節のうちに---鎌倉の花第一弾

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f5.6 1/30s(絞り優先) 初夏の鎌倉は花盛り。花目的だけで行っても楽しめるくらいに。アジサイの季節になるととんでもない人混みになるから、ゆっくり花を見て回るには5月がいい。 今日は鎌倉で撮ってきた花写真の第一弾ということで、何枚か紹介したい。古都鎌倉は花の都でもあった。 円覚寺のシャクナゲ(石楠花)。しゃくなげ色にたそがれるのあのシャクナゲだ。パッと...

  •  0
  •  0

私の作るやわらか料理は22世紀を先取るニューパワー

PENTAX istDS+Super Takumar 50mm(f1.4), f4.0, 1/15s(絞り優先) 今日のサンデー料理のやる気は70パーセント。作りたい気持がなくはないけどもうひとつ気合いが入らなかった。自分が食べたくて、食材がシンプルで、作りやすいものということで、思いついた料理をさらっと作ることにする。出来上がってみるとそこには、やわらか料理の神髄とでも言うべき料理が並んでいた。入れ歯のおじいちゃんにも喜ばれそうな3品が。 前々か...

  •  0
  •  0

鎌倉は源氏ではなく北条氏のものだったのだと浄智寺で気づく

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f7.1 1/10s(絞り優先) 北鎌倉名所巡りは、一番上の円覚寺から始まって、東慶寺、浄智寺へと続く。入口が少し分かりづらくて見逃して通り過ぎてしまいそうになるけど、ここもいいお寺なので北鎌倉へ行ったときはぜひ寄っておきたい。 鎌倉って実際にどんなところなのかを詳しく説明できる人は、案外少ないんじゃないだろうか。私も行く前はそうだった。いい国作ろう鎌倉幕府...

  •  4
  •  0

遅刻して行った御作ふじの回廊で今年の藤は満腹

PENTAX istDS+Super Takumar 28mm(f3.5), f5.6, 1/50s(絞り優先) 今年はなんとなく藤をしっかり見たい気分だったのに、微妙に時期と場所がずれてなかなか満足するほど見ることができないでいた。そんなこんなでゴールデンウィークも終わって5月も10日を過ぎた。もう完全に遅いのだけど、最後の望みとして藤岡の「ふじの回廊」を見に行くことにした。ゴールデンウィーク中に、今年は開花が遅れているという情報をネットで見てい...

  •  2
  •  0

移り変わる時代と変わらない人の本質を思った東慶寺訪問

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f7.1 1/40s(絞り優先) 尼寺へ行け、尼寺へ。と、言われたわけでもないけれど、私たちは元尼寺だった東慶寺(とうけいじ)へとやって来た。円覚寺が旦那の北条時宗の寺で、道一本隔てた向かいのこの寺は奥さんの覚山尼(かくざんに)のお寺だ。 時宗が34歳で死んだ翌年(1285年)、時宗の菩提を弔うために覚山尼が開いた。開基は息子で第九第執権の北条貞時。貞時は父の早世...

  •  0
  •  0

若き苦悩の執権北条時宗という男が作った円覚寺という寺

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f8 1/50s(絞り優先) 北鎌倉駅に降り立つと、すでにそこは円覚寺である。明治22年に横須賀線が開通したとき、円覚寺の中を思い切り線路を横断させてしまったからそうなった。北鎌倉駅ができたのは昭和2年のことで、当初は住民の要望による夏限定の仮駅だった。線路脇にある白鷺池(びゃくろち)の唐突さを見ても、そこが境内だったことを示している。そんなわけで、円覚寺は...

  •  0
  •  0

ゴールデンウィーク明けの天王川公園は藤の名残と残り香だけ

OLYMPUS E-1+SIGMA 18-50mm(f3.5-5.6 DC), f6.3, 1/15s(絞り優先) ゴールデンウィークが明けると気持ちが焦り始める。ここから季節の花が一気に咲き逃げていくから、それを追いかけないと追いつけない気がして。藤にキリシマツツジにカキツバタ、バラに花菖蒲にアジサイ。ミズバショウはもう終わってしまっただろうか。今年はヒトリシズカも見に行くことができなかった。森では夏を前に、野草たちが二度目のピークを迎える。湿...

  •  0
  •  0

鎌倉で撮った人のいる風景あれこれ

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f7.1 1/25s(絞り優先) 人がいる風景の写真を撮りたいといつも思っている。観光地というのはその点で最適なロケーションだ。せっかくなら、人が入ってしまった写真ではなく、人を入れた写真にしたい。けど、絵になる人やドラマを感じさせるシーンにいつも都合良く出くわすわけではないから、偶然だけが頼りとなる。見ず知らずの人に演出はできない。いいカップルが登場してこ...

  •  2
  •  0

新緑と花々と人々で押し合いへし合いゴールデンウィークの古都鎌倉

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f7.1 1/80s(絞り優先) ずっと以前から、鎌倉に対して憧れと恐れの入り交じった複雑な気持ちを抱いていた。前世の因縁が何かあるようなないような、そんなことを思ったりもした。行きたい気持ちと、近づかない方がいいような予感もあって、うかつに行くことができないでいた。 実際に行ってみたら、とても楽しくて怖いようなこともなく少し拍子抜けしたところもあったのだけ...

  •  0
  •  0

ちょっと行ってきます報告

 ゴールデンウィーク後半は、鎌倉・東京散策の旅に出ますので、ブログはお休みです。 再開は、5月の6日を予定してます。 もしかすると、東京から現地リポートができるかも。 それじゃ、ちょっと行ってきます。...

  •  0
  •  0

昔は春の終わりに地面にもたくさんのサクラが咲いていたものさ

OLYMPUS E-1+Super Takumar 135mm(f3.5), f3.5,1/20s(絞り優先) かつて、日本中に当たり前に咲いていたサクラソウ(桜草)も、今は野生のものを目にする機会はほとんどなくなってしまった。普通の生活をしていたらまずお目にかかることなく一生を終えることになるだろう。私もまだ見たことがない。一度だけ、愛知だったか岐阜だったかのマイナーな山へ行ったとき、サクラソウの自生地という看板を見たことがある。あれは犬山だ...

  •  0
  •  0

歴史上の人たちも見た花々を今私たちも見ているという感動

OLYMPUS E-1+Super Takumar 50mm(f1.4), f1.4,1/18s(絞り優先) あなたはどんな花が好きですかと問われて即答するのは難しいのだけど、たとえばという前置きをしたあとにいくつか挙げることはできる。その中の一つにブルーデージーがある。あの爽やかで涼やかな色合い。くるくると回り出しそうな可憐な花びらの形。ブルーデージーを見ると、ちょっと微笑みを返したくなるキャンディーズ世代の私なのだ。 そんな私なので、この花...

  •  0
  •  0