archive: 2007年04月  1/1

ゴールデンなサンデーに普通に料理を作ってゴールデンメモリーズに浸る

PENTAX istDS+Super Takumar 50mm(f1.4), f4.0, 1/50s(絞り優先) ゴールデンといえばバット。バットといえばチョコ。やったね、父ちゃん、明日はホームランだ。 そんなわけで、ゴールデンウィーク。みなさん、いかがお過ごしですか。私は元気で、家にいます。 珍しく2週続けてのサンデー料理になったわけだけど、今日はあまり考えずにパッと思いついたものをササッと作った。そしたら、意外にも出来が良くて美味しくて、自分...

  •  4
  •  0

華やかで可憐なサトザクラが束になってもソメイヨシノにはかなわない

OLYMPUS E-1+Super Takumar 50mm(f1.4), f1.4,1/200s(絞り優先) ゴールデンウィークに入ってソメイヨシノの桜前線は、東北・北海道ブロックに到達したようだ。こちらではもうひと月近く前のことになるから、正月気分も抜けた2月の始めみたいな遠さを感じる。こっちはもう初夏だ。桜並木も、満開の桜の花が幻だったみたいに青々と生い茂って普通の木になってしまった。 けれど、桜の花は今この時期もまだたくさん咲いている。ソ...

  •  0
  •  0

40-80mmマニュアルレンズでグリグリしながら撮り巡った牧野ヶ池緑地

PENTAX istDS+smc PENTAX-M 40-80mm(f2.8-4), f2.8, 1/20s(絞り優先) 久しぶりに変なレンズを買った。PENTAXのマニュアルレンズで、40-80mmというなんとも中途半端なやつだ。istDSで使うから1.6倍換算で64mm-128mmとなって、半端さも倍増する。一応分類としては中望遠となるのだろうけど、128mmでは望遠としては届かないし、64mmはスナップにも向かない。なんで買ったんだろう私。人は必ずしも自分で自分の行動の理由を把握して...

  •  2
  •  0

東山植物園で感じて思った、巡る季節と花と地球と人の話

OLYMPUS E-1+Super Takumar 50mm(f1.4), f6.3,1/16s(絞り優先) 去年の秋、紅葉のトンネルをゆく老夫婦を見ていいなと思った。春の花道は若いカップルがよく似合う。どちらにもそれぞれの味があり、よさがあって、象徴的な光景だった。 私たちは皆、物心ついてから少年、少女時代を過ごし、思春期をくぐり抜けて大人になった。そこには直接的、間接的に、いつでも花があったんじゃないだろうか。自分では特別意識しなかったとし...

  •  0
  •  0

春から初夏へと急ぐ東山植物園の花たちを追いかけて開放

OLYMPUS E-1+Super Takumar 50mm(f1.4), f1.4,1/800s(絞り優先) 閉園間際の東山植物園に駆け込んで、1時間半で走り撮りした花たちを。 今日のテーマは、解放。じゃなく、開放。植物園で自らを解き放って、暴れたり裸になったり窓ガラス壊して回ってる場合じゃない。明るいレンズを一番開いて、ぼんやりほわっと柔らかく撮るのが開放だ。マクロレンズじゃない標準レンズでもこれくらいはボケる。ばあさん、夕ご飯は食べたんだっ...

  •  12
  •  0

名古屋人の青春の味はスガキヤのラーメンだった

OLYMPUS E-1+Super Takumar 28mm(f3.5), f3.5,1/100s(絞り優先) 15年ぶりに食べたスガキヤのラーメンは青春の味がした。 ひとくちスープをすすって大学時代に戻り、麺で高校時代に帰り、チョコレートクリームで中学までタイムトリップをした。圭一と食べた清水屋は今どうなっているだろう。マッチャとランチした大学近くの店はあのときのままなんだろうか。みんなも、もう、スガキヤは行ってないだろうな。 名古屋人の心の故...

  •  0
  •  0

フクロウとコンドルが出会った動物園で彼らは何を語りどんな夢を見るのか

Canon EOS Kiss Digital N+EF55-200mm(f4.5-5.6 II), f5.6, 1/50s(絞り優先) お面をかぶった銀行強盗みたいな顔をしたフクロウさんの名は、メンフクロウ。見た目そのままだった。もちろん、マスクで変装してるわけではなく、これが元々の顔だ。じっと見てると笑えてくる。線を省略したアニメチックな顔だからだろうか。 世界中に生息するフクロウで、決して珍しい種類ではない。北の寒いところをのぞくヨーロッパ全域から東南...

  •  4
  •  0

平凡サンデーとケーキ作り失敗の変遷を越えて10年後の自分に期待

PENTAX istDS+Super Takumar 50mm(f1.4), f2.8, 1/40s(絞り優先) 最近は隔週になっているサンデー料理も、けっこう回数を重ねて60回かそこらにはなっただろうか。同じものをなるべく作らないという決め事に縛られて、最近はメニューを決めるのにかなり苦心するようになっている。今日などは決まるまでに1時間以上もかかってしまった。レストランの客なら追い出されてるところだ。 けど、考えてみると60回ということは、毎日作...

  •  4
  •  0

オオカミ好き告白と今はなきニホンオオカミの話

Canon EOS Kiss Digital N+EF55-200mm(f4.5-5.6 II), f5.6, 1/50s(絞り優先) 誰も知らないと思うけど、実は私はオオカミ好きの男である。まだ誰にも言ったことがないから、知らなくても無理はない。がっかりしたりびっくりしたりすることはない。犬に対してはさほど思い入れがない私が、何故か子供の頃からオオカミは好きだった。どれくらい好きかというと、三度の飯のうちの一食はオオカミ観察に替えてもいいくらいといえば大...

  •  0
  •  0

急な思いつきで始まった尾張旭神社仏閣巡りの旅第一弾は渋川神社

 名古屋市の北東に隣接する尾張旭市。高校時代の友人が住んでいたのがきっかけで、今でも用事もないのによく出向いていっている。田んぼの農道に車をとめてしばらく佇んだり、城山レストランとスカイワードあさひの写真を撮ったり、瀬戸電を眺めたりしてしばらく時間を過ごす。ここにはまだ、昭和の古き良き郊外の面影が残っていて、なんとなく心が落ち着くのだ。 そんなお気に入りの尾張旭なのに、市内の神社仏閣に一度も足を踏...

  •  10
  •  0

普通に美味しいあんかけスパを名古屋マイナーから全国メジャーに

OLYMPUS E-1+SIGMA 18-50mm(f3.5-5.6 DC), f3.5, 1/10s(絞り優先) 近年、名古屋めしという言葉が一般的なものとなり、名古屋名物の全国的な知名度も上がって久しい。ひつまぶし、きしめん、味噌煮込みうどん、手羽先、天むすなどは、食べたことはなくても知っているという人は多いと思う。しかし、名古屋では浸透していながら全国にはまだ知られていない名古屋めしも存在している。その代表が「あんかけスパ」だ。 あんかけス...

  •  0
  •  0

瀬戸物の歴史に思いを巡らせながらゆく静かな窯垣の小径

OLYMPUS E-1+Super Takumar 28mm(f3.5), f5.6,1/250s(絞り優先) 愛知県瀬戸市は言わずと知れた瀬戸物の街だ。瀬戸焼にまつわるスポットも多い。そんな中で、今日は「窯垣の小径」というちょっと素敵な場所を紹介したいと思う。 窯垣というのは見慣れない文字だと思う。読みもちょっと迷う。でも、種を明かせば単純で、なんだとなる。まず読みは、かまがき、だ。 器などを焼くときに使うのが登り窯(のぼりがま)で、器を守る...

  •  0
  •  3

ミュージアムを見ない瀬戸蔵は牛肉の入ってないすき焼きを食べるみたいなもの

OLYMPUS E-1+SIGMA 18-50mm(f3.5-5.6 DC), f9, 1/10s(絞り優先) 2005年の愛・地球博を機に、瀬戸の街も化粧直しをして小綺麗になった。日本各地だけでなく世界からのお客さんを出迎えるのにふさわしい玄関口にしようと、道路や街並みは整備され、いくつかの新しい建物もできた。「瀬戸蔵(せとぐら)」もその中のひとつだった。 気がつけばあれから早2年の歳月が流れた。その間、何度も前を車で通りながら一度も入ったことが...

  •  4
  •  0

脇役花だって生きているんだ咲いているだ春なんだ

OLYMPUS E-1+Super Takumar 28mm(f3.5), f3.5, 1/200s(絞り優先) 東谷山フルーツパークは、しだれ桜が最も有名には違いないのだけど、フルーツパークの名前が示すように果物の楽園でもある。というよりも、本来はそれがメインのパークだ。なのでこの時期、主役以外にもたくさんの脇役花たちが、園内のあちこちで咲いている。今回はそんな助演花たちにスポットを当ててみようと思う。 まずはウコンザクラから。 通称「黄桜」(...

  •  6
  •  0

2007年の桜シーズンはふたりの東谷山フルーツパークで完結

OLYMPUS E-1+SIGMA 18-50mm(f3.5-5.6 DC), f6.3, 1/100s(絞り優先) 去年の桜シーズン最後に、東谷山フルーツパークのしだれ桜を見に行った。そのときのことを書いた4月19日のブログの最後を、こうしめくくっていた。「また来年、きっと、桜の季節に戻ってこよう。再会を約束して、少しの間さよならだ。」 その来年が巡ってきた。あれから一年、早かったような、長かったような、2007年の桜シーズンのしめくくり。約束通り、し...

  •  4
  •  0

そうだ、カエル、飼おう、と思った、東山自然動物観カエルコーナーで

Canon EOS Kiss Digital N+EF50mm(f1.8 II), f1.8, 0.4s(絞り優先) 生き物は色が大切だ。ただ色が違うというだけで、その印象は大きく違ってくる。人から見て、カラフルできれいな生き物は好ましく、地味な生き物はかわいくない。ただしそれは、生き物の側からすると事情は違ってくる。好きで原色になったわけでもないのに、色がきれいというだけの理由で人間に捕まってしまう。派手な色をしてるほどより不幸になる確率が高くな...

  •  2
  •  0

名古屋名物代表は味噌カツにしとこまいと名古屋人は言うだろう

SH505iS(携帯カメラ) いくつかある名古屋の名物料理の中で、何か一つ代表選手を選べといわれたら、多くの名古屋人が味噌カツを推すんじゃないかと思う。ひつまぶしは食べ方が変わっているだけでうなぎ自体は珍しいものではないし、味噌煮込みうどんは所詮うどんでうどんは名古屋名物じゃない。きしめんは名古屋人自体がそんなに好きではなく、手羽先や天むすは代表としては存在感が弱い。エビフライなんてタモリが勝手に言って...

  •  2
  •  0

2007年春の海上の森で、森の音と匂いと空気とC・W・ニコルを思い出した

OLYMPUS E-1+Super Takumar 50mm(f1.4), f6.3, 1/60s(絞り優先) そういえば最近、海上の森へ行ってないなと、ふと思った。いや、ずいぶん行ってないぞ。思い返してみると、去年の最後が確か秋の入口だった。ヒガンバナが西日に照らされていたのを覚えている。今年になってから一度は行っただろうかと考えてみる。行ってない。ということは、半年もご無沙汰ではないか。これはまずい。何がまずいのか具体的には分からなくてもま...

  •  4
  •  1

月島でもんじゃ焼きを食べることは東京タワーに登るようなお約束

PENTAX istDS+TAMRON 28-200mm XR(f3.8-5.6),f3.8, 1/20s(絞り優先) 東京の名物料理を食べようと思い立ったとき、はて、それは一体なんだろうかとなる。せっかく東京へ来たんだから東京名物を食べていこうかとなったとき、東京ならではの食べ物って何かあるだろうか。 そばや江戸前寿司なんかは、東京オリジナルのものではない。東京は世界中の美味しいものを何でも食べられるところだけど、東京でしか食べられない名物ってい...

  •  10
  •  0

二度目の猿投桃畑散策でもベストビューポイントは見つからず

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f9 1/50s(絞り優先) 愛知県豊田市の北に猿投山(さなげやま)がある。上の写真に写っているのがそうだ。あそこの山頂まで登ったのはもう2年半前になるのか。 猿を投げる山って、猿を捨てる山だったのかと思いきや、当たらずといえども遠からず。大昔、景行天皇が伊勢へ行ったときに連れていった猿が悪いことばかりしたので伊勢の海に捨ててしまったところ、海から上がって...

  •  6
  •  1

時を止めた異次元空間の鬼子母神で夢から覚めた夢を見る

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f4.5, 1/100s(絞り優先) 都電荒川線の線路を越えたときはすでに日が傾きかけていた。昭和の香り濃い商店街を通って、ケヤキ並木の参道を抜けて左に曲がる。そこで突然空気が変わる。今まで冗談を言ってふざけいてた笑いがスッと引いて、神妙な顔つきになるみたいに。 ああ、ここは……。 そう、小さくつぶやいて、その先の言葉を見失った。初めて訪れた場所なのに懐かしい。...

  •  0
  •  1

タケノコサンデー料理のキーワードは竹の子族とかぐや姫と神田川

PENTAX istDS+Super Takumar 50mm(f1.4), f4.0, 1/40s(絞り優先) 新タケノコが出回る季節になった。桜の季節になればそうだねタケノコだって生えてくる。地面からニョキッと、E気持ち~と歌いながら顔を出す。 久々に目新しい新しい食材が手に入ったということで、今日のサンデーはタケノコを中心に組み立ててみた。タケノコ料理というと、まず単純に煮付けが思い浮かぶ。でも、それは昔からよく食べているから面白くない。こ...

  •  8
  •  0

明治の雑司ヶ谷にマッケなんとかいう偉い宣教師の人がいたんだってね

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f4.5, 1/640s(絞り優先) 護国寺からのんびり歩いて雑司ヶ谷へとやってきた。静かな住宅街の道を進むと、道が突然赤煉瓦敷きになる。その先に目指す旧宣教師館はある。このときはツレが場所を知っていたから迷うことはなかったけど、初めて行く人は見つけるのに苦労しそうだ。道ばたを歩いている人に訊けばたいてい分かると思うけど。 交通機関としては、どこから歩いても少...

  •  4
  •  0

明日に自由を求めなくても今もう心の中にあるんだよね、ライト先生

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f6.3, 1/100s(絞り優先) 目白から山手線通り沿いをテクテク歩いていくと、おっ、こんなところにヨネクラジムがある! などという驚きがありつつ、住宅街のクネクネした細い道を進んで明日館へとやって来た。これがあしたかんか。いやいや、みょうにちかんって読むんだよ。それでは、みょうにち、の明日だ。 入口の前に立って中をのぞいてみると、なにやら人だかりができて...

  •  4
  •  0

香流川桜六景---散りゆく前に

Canon EOS Kiss Digital N+SIGMA 18-125mm(f5.5-5.6 DC), f7.1, 1/100s(絞り優先) 名古屋地方の桜は今、満開から少し散り始めた。今年の桜は気温の浮き沈みに翻弄されて、あたふたと足並みが揃わなかったけど、最後にきてきれいに咲き揃った。自然は季節を間違えない。 ここ数日、気温が下がったことで満開が長持ちしている。明日、あさっての週末まで見頃は続きそうだ。 私は名残を惜しんで、近くの香流川(かなれがわ)をも...

  •  2
  •  0

15年後の護国寺に彼の歌は響かず、あの日の映像だけが記憶に残った

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f6.3, 1/125 あの日あのときの護国寺は雨だった。この日は薄曇りの少し肌寒い一日。あれからもうすぐ15年か。 東京メトロ有楽町線の護国寺駅から地上にあがると、すぐ目の前に護国寺が現れる。心の準備ができていなくて少し驚く。 これが護国寺か。はじめまして。ようやくやって来ることができました。あのときここに集まった4万人は、今頃どこで何をしてるだろう。この15年...

  •  0
  •  2

秋の香嵐渓もいいけど足助いいとこ一度はおいで春夏秋冬

OLYMPUS E-1+SIGMA 18-50mm(f3.5-5.6 DC), f6.3, 1/60s(絞り優先) カタクリ群生地から離れて巴川沿いを少し歩いたところに香積寺(こうじゃくじ)がある。紅葉の季節は、ここももみじ寺となって大勢の人で賑わうのだけど、それ以外は訪れる人も少なく、ひっそりとしている。この寺と紅葉の関係は深く、ここの住職が香嵐渓の名付け親、ゴッドファーザーであり、はじめの一歩ならぬはじめの一本を植えたのもここの住職だった。ヒ...

  •  4
  •  0

日本人とソメイヨシノの奇跡の関係性

OLYMPUS E-1+SIGMA 18-50mm(f3.5-5.6 DC), f6.3, 1/125s(絞り優先) 去年はたくさん桜を見た。近距離、中距離の桜スポットをひとりでまわって、ずいぶん写真も撮った。2006年はこれまでで一番桜を見た年だったんじゃないかと思う。 今年はツレと一緒に近所を一日で全部回った。満開には少し早かったけど、今年はもうこれでいいと思った。短い時間で一気に堪能したから、あっという間に満腹になってしまったのだろうか。 今年...

  •  4
  •  0

レトロとモダンがナチュラルシェイクされた足助の町で誰か昭和を想わざる

OLYMPUS E-1+SIGMA 18-50mm(f3.5-5.6 DC), f6.3, 1/30s(絞り優先) カタクリを堪能したあとは、足助の町並みを散策した。 国道153号線は、古くから三河と信州を結ぶ重要な街道だった道で、伊奈街道または三州街道(明治以降は飯田街道)と呼ばれていた。あるいは別名の中馬街道(ちゅうまかいどう)の方が通りがいいかもしれない。 中馬というのは、江戸時代に馬で荷物の運送をしていた信州の業者のことで、彼らが通る道とい...

  •  2
  •  0

足助カタクリの群生地は高額機材の群生地でもあった

OLYMPUS E-1+Super Takumar 50mm(f1.8), f5.6, 1/100s(絞り優先) 去年に続いて足助のカタクリを見に行った。飯盛山の斜面には、今年もまたカタクリの花が無数に咲き乱れ、カメラを持った大勢の人たちで賑わっていた。そうそう、この光景。桜の満開とともにカタクリの群生は春が本気になったことを知らせてくれる。 ただ、ほんの少し出遅れた。枯れ始めや枯れ落ちなどがちょこちょこ目立ち始めていて、完全な状態の花が少なかっ...

  •  4
  •  0