archive: 2007年03月  1/1

昭和ノスタルジック都電荒川線でゆく空想小旅行

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f5.6, 1/100s(絞り優先) 雑司ヶ谷霊園から鬼子母神へ向かって歩いていたら都電の線路脇に出た。しばらく待っていると、遠くから小さな電車がのんびりやって来るのが見えた。ああ、あれが都電か。記念に一枚写真を撮ろうとカメラを構えて待つ。そんな私を見つけた運転士さんが私のために徐行運転をしてくれたように見えたのは気のせいだったか。あ、あんなところにまた電車男...

  •  4
  •  0

巣鴨地蔵通りはエリートのお年寄りが集まる天国に一番近い商店街

「15歳の女の子ですが、おばあちゃんの原宿といわれる巣鴨にわたしは行ってもいいのですか?」 あるサイトでそんな素朴な問いかけを目にした。確かにそれは素朴ではあるけど意外と深い疑問なのかもしれない。たとえば、私は貧乏なのですが六本木ヒルズを見に行ってもいいのですかという問いかけにも似ている。もちろん答えは両方とも、いいーんです、となる。巣鴨に年齢制限はなく、六本木ヒルズの入口に貧乏人感知センサーが設置...

  •  11
  •  0

吉保さんの庭づくりの情熱は300年後の私たちに伝わった

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f6.3, 1/13s(絞り優先) 巣鴨の染井霊園から歩いて駒込の六義園(りくぎえん)を目指す。右手に北島康介を育てた東京スイミングセンターを見つつ、テクテク歩く。テクテクだった足取りがトボトボに変わった頃、左前方に駒込駅が見えてくる。ここまで来れば六義園はもうすぐそこだ。 私たちが行ったのは3月22日だから、一週間前になる。この頃はまだしだれ桜の満開には早くて...

  •  6
  •  0

桜が咲かないから菜の花で春を感じることにしよう

OLYMPUS E-1+Super Takumar 300mm(f4), f5.6, 1/800s(絞り優先) 名古屋の桜は待っていてもなかなか咲いてこないから、今日は菜の花の話をしよう。菜の花というと、3月、4月のイメージが強いのだけど、花の時期は長く、地方によってもけっこうバラツキがあるから、人によって感覚はたぶん違うのだろう。日本最大の栽培面積である青森県の横浜町は5月にピークを迎えて、毎年日本各地から見物客が訪れるそうだ。かと思うと、愛知県...

  •  9
  •  0

ジョージのカシラは誰をも受け入れる不思議異空間公園だった

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f6.3, 1/250s(絞り優先) オレンジ電車に乗ってジョージのカシラへ行こうぜ。東京人がそんなふうに言うかどうかは知らないけれど(たぶん言わない)、私たちは中央線に乗って吉祥寺の井の頭公園へ向かった。木曜日の昼下がり。何があるのかないのか、井の頭公園方面へ向かう人の波はうねるように続き、エスニック通りは不思議な高揚感に満ちている。若者向けの洋服屋に雑貨屋...

  •  3
  •  0

遅れて行った太宰治の三鷹に影はなくとも今も胸の内に

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f6.3, 1/125s(絞り優先) 新宿からJR中央線のオレンジの電車に乗って三鷹で降りる。私にとっての三鷹は太宰治の町であり、太宰治というと同時に三鷹を思い浮かべる。戦争中一時疎開していた時期をはさんで約9年間、太宰治は三鷹で暮らし、三鷹で死んだ。 前年山梨の甲府で再婚した太宰治は昭和14年、妻とともに三鷹へと移り住んだ。30歳のときだ。 今でこそ三鷹はそこそこ...

  •  6
  •  0

人間的なあまりにも人間的な芥川龍ちゃんを思い出すと泣けてくる

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f8, 1/400s(絞り優先) 巣鴨駅で降りた私たちは、おばあちゃんたちでにぎわうとげ抜き地蔵に少し寄ったあと、染井霊園を目指した。夏目先生に会ったなら、次は芥川の龍ちゃんに会いに行かねばなるまい。 染井霊園もまた、雑司ヶ谷霊園などとともに明治の初期に作られた都営の公共墓地だ。江戸時代は染井村と呼ばれ、建部家と藤堂家の下屋敷があった場所で、植木屋がたくさん...

  •  2
  •  0

雑司ヶ谷霊園に眠る夏目漱石に会いにいったお彼岸

 南池袋の住宅地の中に東京都立雑司ヶ谷霊園はある。都電荒川線の都電雑司ヶ谷駅から歩いて5分ほどの距離だ。 10ヘクタールの広い霊園は、欅(ケヤキ)の古木に囲まれ、東京の都心近くとは思えないほどひっそりとしている。静かという形容詞が良くも悪くも使えるこの場所は、夜になって耳をすませば9,000人のささやき声が聞こえてくるのかもしれない。 江戸時代、この地は将軍が鷹狩りをするための居留地や屋敷があった場所で、...

  •  0
  •  0

人生いろいろ、猫生もいろいろ、東京で暮らす猫たち

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f5.6, 1/500s(絞り優先) 東京お彼岸お墓巡りツアーより無事帰宅。 今日はもう眠たいので、東京で出会った猫の写真を並べておしまいにする。お墓参りの様子はまた明日。 一枚目は、護国寺にいた野良風飼い猫。もしくは、飼い猫っぽい野良。この他にも3匹ほど隣接する民家で見かけたから、近所の人が世話をしているのだろう。 猫が境内でのんきにしている神社仏閣は、非常...

  •  2
  •  0

東京行きの朝、鳥写真を並べていく

Canon EOS Kiss Digital N+EF55-200mm(f4.5-5.6 II), f5.0, 1/400s(絞り優先) 東京行き出発前の朝だというのに、のんきに更新中。でも、ホントは時間がない。だから、写真だけ載せてあとは帰ってきてから。 こいつは自然動物館の中にいた鳥。南米っぽい。南米か! 名前を確認するのを忘れてしまった。 面白かったのは、エサをクチバシの先にくわえて、首をうしろにカクッとして飲み込む動作だ。器用に次から次へと口の中に放...

  •  6
  •  0

四度目の挑戦で初の干潮だったのに、カモの逃げ足は速かった

OLYMPUS E-1+Super Takumar 300mm(f4), f5.6, 1/125s(絞り優先) 二度あることは三度ある、三度あることは何度でもある。今回で四度目となった藤前干潟行きでついに私は干潮の干潟を目にすることになった。三度あることでも四度はないこともある。ツレを連れて行ったことで相性が変わったのだろうか。 遠くに見える干潟と、カモと思われる水鳥たちの群れ。おお、いるいる、たくさーんいる。陸地には上がってないものの、水際に...

  •  0
  •  0

人も動物も生きているんだ友達なんだ、それが僕たちの歩く道

Canon EOS Kiss Digital N+EF55-200mm(f4.5-5.6 II), f5.0, 1/400s(絞り優先) 東山動物園のこども動物園にいた白いもこもこウサギさん。隣のノーマルタイプと比べるとそのもこもこさ加減が際立つ。冬は暖かそうだけど夏はすごく暑苦しそうだ。そのあたりを本人はどう思っているだろう。読み取ろうとしても無表情な赤い目は何も語らなかった。むしゃむしゃと葉っぱを食べるばかり。この固そうな葉っぱが好物なんだろうか。ウサギ...

  •  4
  •  1

帰りたくなる心のホーム和食にしばし浸り、また世界の料理に旅立つ

PENTAX istDS+Super Takumar 50mm(f1.4), f2.8, 1/20s(絞り優先) 今日のサンデー料理は和食にした。そこに心のホームがあるから。毎日いろいろなものを食べて、週に一度自分で料理を作って、巡りめぐって何が食べたいのか分からなくなることがある。そんなとき帰っていくのは、やはり和食だ。消極的な帰結だけど、たまには故郷に逃げ帰ったっていい。それは故郷がある人間の特権だから。 今日のもうひとつのテーマは温野菜だっ...

  •  6
  •  0

ニコライ堂は高いビルに囲まれた21世紀の東京でも高台で威風堂々

PENTAX istDS+TAMRON 28-200mm XR(f3.8-5.6),f7.1, 1/160s(絞り優先) 御茶ノ水駅を降りて本郷通りの坂道を歩き出す。ほどなくして丸い屋根の不思議な建物が目に入る。ああ、あれか、ニコライ堂。緑色のタマネギのてっぺんに十字架が載っているロシア教会。正式名称を「日本ハリストス正教会教団復活大聖堂」という。その長すぎる名称から建てた司祭の名前を取って、もっぱらニコライ堂と呼ばれている。「あ、にほんはりすとす...

  •  12
  •  0

味噌煮込みの山本屋について思い悩んだ末に「ひらのや」できしめんを食べた

Canon EOS Kiss Digital N+EF50mm(f1.8 II), f1.8, 1/8s(絞り優先) 名古屋人は意外と名古屋名物を食べない。それはどの地方の人についても言えることなのだろうけど、独特の食文化を持つ名古屋人は名古屋名物を愛してやまないのだろうと他県の人が想像するほどは食べていないという現状がある。基本的に外食をしない私のような名古屋人は特にその傾向が強い。家で毎日のように味噌カツや味噌煮込みや名古屋コーチンを食べてるな...

  •  6
  •  0

東山自然動物館シリーズ第二弾---珍しい夜行性動物の世界

Canon EOS Kiss Digital N+EF50mm(f1.8 II), f1.8, 0.6s(絞り優先) 東山動物園自然動物館のシリーズ第二弾は、夜行性動物を集めてみた。私も夜行性という点では決して負けているものではないのだが、かわいさではフェネックにまるで太刀打ちできない。残念だ。 フェネックは初めて見たけどなんてかわいいんだろう。大きな耳とつぶらな瞳がキュートで、顔もハンサムだ。これだけひとつのパーツが大きいと全体のバランスが崩れて...

  •  6
  •  3

昭和30年を懐かしく感じられる今の時代感覚を喜びたい

PENTAX istDS+TAMRON 28-200mm XR(f3.8-5.6),f3.8, 1/6s(絞り優先) お台場へ行くならぜひとも寄らねばと思った「台場一丁目商店街」。昭和の時代に駄菓子で育った私としては、昭和の町を再現したテーマパークというのは強く心惹かれるものがあった。 昭和30年代の下町をイメージしたショッピングモールとして台場一丁目商店街がオープンしたのが2002年。「デックス東京ビーチ」の4階ワンフロアーを、そっくり昭和の町並みに仕...

  •  4
  •  0

古くて新しすぎる浅草寺は人混みと熱気と失望と人形焼の味

PENTAX istDS+TAMRON 28-200mm XR(f3.8-5.6),f5.6, 1/250s(絞り優先) 日本で一番参拝客が多い寺は浅草の浅草寺だと言われている。観光客を入れると年間で3,000万から4,000万人が訪れるというからすごいものだ。でもちょっと待て、それじゃあ日本人の3人か4人に1人は毎年浅草寺を訪れることになってしまうぞ。そんなアホな。40人のクラスで今年浅草寺に行った人手を挙げてくださいと言って13人も手が挙がるとは思えない。この数...

  •  2
  •  0

2007年はカレー再チャレンジ元年、私を美味しいカレー屋に連れてって

PENTAX istDS+Super Takumar 50mm(f1.4), f3.5, 1/40s(絞り優先) 日本生まれじゃないのに今や日本を代表する食べ物となったカレーライス。世の中にカレー好きは多い。子供が好きな食べ物のベストテンには必ずといっていいほど入っている。日本人の味覚とカレーの味はよほど相性がいいのだろう。平均すると年間でひとり60食以上食べてるというから、日本人はみんな毎週一回はカレーを食べていることになる。本当だろうか? 私は...

  •  3
  •  0

イモリ・トカゲ注意報発令---東山自然動物館シリーズ第一弾

Canon EOS Kiss Digital N+EF50mm(f1.8 II), f1.8, 1/25s(絞り優先) トカゲ・ヤモリ注意報発令です。苦手な人は非難してください。これは訓練ではありません。繰り返します。これは訓練ではありません。 というわけで、今日は東山動物園で撮ったトカゲとヤモリとその仲間たちの写真を紹介したい。動物園の中に「動物自然館」という建物があって(床面積3,800平方)、夜行性の動物、は虫類、両生類など約170種類、1,000匹(頭)...

  •  4
  •  0

平日の東山動物園はちびっこ天国で昭和レトロの平和さが漂う

Canon EOS Kiss Digital N+EF55-200mm(f4.5-5.6 II), f7.1, 1/160s(絞り優先) ちょっと留守してる間、ツレと東山動物園をうろついていた。10時半に入園して、閉園の5時まで歩きに歩いた6時間半。坐ったのはランチの30分くらいで、あとは歩いてるか立ち止まって観察してるかで動物園をしっかり堪能したのだった。一日でほぼ全園見切った。そろそろボランティアガイドができそうだ。 この日は平日ということで、ちびっこ軍団が大...

  •  2
  •  0

タダを求めて東奔西走、タダ見シリーズ4弾は聖路加タワー

PENTAX istDS+TAMRON 28-200mm XR(f3.8-5.6),f5.6, 1/2.0s(絞り優先) 東京タダ見スポットシリーズ第4弾は、聖路加タワー展望室。無料展望スポットとしては、東京都庁に続いて2ヶ所目となる。東京は世知辛い一方で太っ腹な面も見せてくれる。 聖路加というと聖路加国際病院がすぐに連想される。聖路加タワーというから、病院の屋上に展望室がついているのか、そんなところにのんきに観光気分で行っていいものなんだろうかと心...

  •  0
  •  1

江戸のヒーロー将門さんに挨拶して味方に付けよう神田明神

 今回紹介する神田明神だけど、行く前は少し及び腰だったところがある。というのも、神田明神というとどうしても平将門の怨霊が連想されてちょっと恐れていたからだ。ただ、実際に行ってみたらまるでそんなおどろおどろしい雰囲気はなくて、ちょうど結婚式も思われていたこともあって、境内はカラリと明るい空気感に満たされていてホッとした。むしろ庶民的空間とでも言えるような居心地のよさを感じた。平将門さんとケンカして勝...

  •  0
  •  0

旧岩崎邸庭園で思った、時代は変わり、歴史は積み重なることを

PENTAX istDS+TAMRON 28-200mm XR(f3.8-5.6),f5.6, 1/100s(絞り優先) 明治時代の洋館に心惹かれる私は、あの時代を庶民として生きていたのかもしれない。見上げる白亜のお屋敷とぐるり取り囲まれた塀からのぞき見える緑の芝生。黒塗りの車に乗った令嬢を遠くから眺めてドキドキしたり、出入りする青い目の異人さんにドギマギしたり。 洋館の内部に入ると、こんな家、住みにくくて嫌だなと思うから、貴族ではなかったに違いな...

  •  4
  •  0

湯島聖堂にあるのは白梅ではなく孔子像と中国風異空間

 何も知らずに湯島聖堂を訪れて、梅がないじゃないかと探しているのは無知なお上りさん(私のこと)。なんかここ、中国っぽいなと思ってもそれを口に出すのはまずい。もちろん、訪れている参拝者に梅ってどこですかなどと訪ねてはいけない。失笑されるか、笑いをこらえながら、それは湯島天神ですよと教えてはくれるだろうけど。 帰ってきてから勉強して湯島聖堂ってそういうことだったのかと初めて納得した。そりゃあ、中国っぽ...

  •  0
  •  0

梅まつり中の湯島天神であらためて東京パワーを思い知る

PENTAX istDS+TAMRON 28-200mm XR(f3.8-5.6),f4.5, 1/800s(絞り優先) 私たちが湯島天神を訪れたのは、梅まつりまっただ中の日曜日だった。きっと混んでるだろうと話していたけど、まさかあれほどとは思ってなかった。さほど広くない境内は初詣客並みの人で溢れかえり、賽銭を投げ入れるまで10分もかかったのだった。いやはや、東京を侮ってはいけないとあらためて思う。人が集まるところは徹底して人が多いのが東京だ。それは...

  •  2
  •  0

突撃!私の晩ごはん番外編、80年代風ひな人形料理

PENTAX istDS+Super Takumar 50mm(f1.4), f2.8, 1/30s(絞り優先) 3月3日といえば、ひな祭り。今年は料理でひな祭りにちょっこっとだけ接近してみた。突撃!私の晩ごはん番外編、ひな祭り料理編ということで、東京のツレの家で作ることになった。というか、私がお手伝いして作ってもらったといった方が正しいかもしれない。私がしたことといえば、ひな人形の顔を書いたくらいのものだから。 それにしても写真で見ると、なんだか...

  •  0
  •  0

漠然と訪れたお台場で、強烈な寒風と贅沢な夜景に前が滲んだ

PENTAX istDS+TAMRON 28-200mm XR(f3.8-5.6), f7.1, 1/800s(絞り優先) ♪遠のいてくお台場の海は まぶしい西陽に乱反射して♪ 小松未歩が「東京日和」の中でこう歌ったお台場に降り立ったとき、夕焼けの感動ではなくあまりの極寒ぶりに我々は涙することになった。一体何事ですか、この寒風は。顔が痛いですよ、ここ。名古屋を出てきたときは春の陽気だったのに、お台場はシベリアだった。中学生以来、耳当てが欲しいと本気で思...

  •  2
  •  0

呼ばれたのか惹かれたのか根津神社は思いがけず立派で驚く

PENTAX istDS+TAMRON 28-200mm XR(f3.8-5.6), f5.6, 1/250s(絞り優先) どうして根津神社へ行こうと思ったのか自分でもよく分からない。その存在はガイドブックか何かで見かけて知ったのだと思う。どんなゆかりのある神社なのかよく知りもせずなんとなく行きたいと思ったのは、根津神社が私を呼んだのか、はたまた私の中の何かが惹かれたのか。とにかく行こうと思った。 連れと共に出向いた根津神社の前に立ったとき、思いがけ...

  •  4
  •  0

根津神社のライオン丸は一度見たら忘れない着ぐるみを着たような猫だった

PENTAX istDS+TAMRON 28-200mm XR(f3.8-5.6), f5.6, 1/100s(絞り優先) 根津神社で遭遇したすごいやつ。 ひと目見たら忘れられないインパクト。もこもこの毛並みはヒツジのようでもあり、ライオンのようでもある。一部では根津のライオンキングと呼ばれているらしい。 何もかもが規格外の体つき。毛の多さ、太りっぷり、そして特筆すべきは手足の極太さだ。通常の猫の3倍くらいの太さがある。こんなところにも脂肪はつくのだ...

  •  8
  •  0