archive: 2006年09月  1/1

彼岸花は美人なんだけどタイプじゃない女の人に似ている 2006年9月29日(金)

Canon EOS Kiss Digital+EF-S 18-55mm(f3.5-5.6), f8.0, 1/80s(絞り優先) 今年の春から、なんとなく習わしのように月に一度は海上の森へ行っている。前回が8月の終わりだったから、あれからまたひと月経った。森の様相は一ヶ月も経つと大きく変わる。季節の変わり目は特にだ。 9月終盤の海上の森は、秋といえば秋だけど、夏の延長戦という様相を色濃く残していた。今日は特に暑くて、歩いていたら汗をかいたし、遠くでツクツク...

  •  6
  •  0

教会の空気には森や川や海よりも高い浄化作用がある ~南山教会

Canon EOS Kiss Digital+SIGMA 18-125mm DC(f3.5-5.6), f5.0, 1/500s(絞り優先) 久しぶりに布池教会(ぬのいけきょうかい)に行こうと思ってネットを検索していたら、南山教会(なんざんきょうかい)というのがあるというのを初めて知った。南山といえば、名古屋あたりではちょっとした私立有名学校で、小学校から大学まであり、賢い坊っちゃん、嬢ちゃんが通う総合学園だ。 実は、南山大学は私の受験の本命校だった。しかし、...

  •  9
  •  0

シーズンオフの上野天満宮を訪れ、ちょっと願い事 2006年9月27日(水)

OLYMPUS E-1+Super Takumar 28mm(f3.5), f4.5, 1/40s(絞り優先) ふと思い立って、千種区にある上野天満宮に立ち寄ってみた。今回が二度目で、初めて訪れたのは去年の3月半ばのことだった。1年半前の私と今日の私と、何か変わっていただろうか。変わったといえば変わったし、変わってないといえば変わってない。ただ、あのときは抱えていなかった願い事を今は抱えている。神社にお参りするときの作法も覚えたし、心構えも変わっ...

  •  10
  •  0

クモは糸に乗って旅をするチョコ味(らしい)の節足動物 2006年9月26日(火)

Canon EOS 10D+Super Takumar 135mm(f3.5), f4.0, 1/125s(絞り優先) 行く夏を惜しみつつ、夏が終わってホッとすることがふたつある。蚊がいなくなることと、森歩きでクモの巣が顔にかからなくなることだ。これは本当に嬉しい。 それでもまだ9月中は、最後の虫たちを狙って巣を張っているクモがいるので油断はならない。私自身、顔にかかるのはイヤだし、彼らにしてもせっかく苦労して張った巣を壊れたんではかなわない。お互い...

  •  0
  •  0

タヌキがこんなにもスーパーな生き物だったなんて 2006年9月25日(月)

OLYMPUS E-1+Super Takumar 200mm(f4), f5.6, 1/125s(絞り優先) 前回、東山動物園へ行ったとき、あ、タヌキだと思ってプレートを見たら、アライグマだった。あれ? タヌキってこんな感じじゃなかったっけ? とそのときはそれで終わった。けど、あれ以来実際のタヌキはがどんな顔をしてるのかちょっと気になっていた。なので今回の東山行きはタヌキを見ることも目的のひとつだった。 それは、子供動物園ゾーンの「タヌキの里...

  •  0
  •  0

家庭懐石料理の方向性が少し見えたサンデー料理 2006年9月24日(日)

OLYMPUS E-1+Super Takumar 50mm(f1.4), f2.8, 1/13s(絞り優先) 今日のサンデー料理のテーマは、加工和食。煮る、焼く、食う、という男らしい料理からホップ、ステップ、ジャンプして、和の食材で和食を作るということでできたのがこの3品だった。必ずしもイメージ通りではなかったのだけど。 見た目簡単そうで量も少なく見えるけど、総料理時間2時間半で、おなかいっぱいになった。私の場合、作ってるだけで胸がいっぱいにな...

  •  0
  •  0

東山動物園のコビトカバの前で小次郎と共に待ってます 2006年9月23日(土)

OLYMPUS E-1+Super Takumar 200mm(f4), f5.6, 1/200s(絞り優先) カバの背中に乗って水上を行くとこんなふうに見えるんじゃないかと思う。いや、もちろん、カバの背中に乗って写真を撮ったわけではない。望遠レンズで至近距離から撮ったらこんなふうになっただけだ。世界広しといえども、カバの背中に乗せてくれるサービスを行っている動物園はおそらくないと思う。野生のカバに乗るのはムツゴロウさんでも難しい。カバは見た目...

  •  2
  •  0

ちょっと新舞子マリンパークに行ってきました。 2006年9月22日(金)

NIKON D70+Zoom Nikkor ED 18-70mm(f3.5-4.5), f7.1, 1/400s(絞り優先) 名古屋港にたったひとつだけ砂浜がある。新舞子マリンパークという人工の海水浴場が。私はその存在を、今年になって初めて知った。そんなところがあったなんてちっとも知らなかった。夏が終わったら行ってみようと思っていて、今日ちょっと行ってきました(ドラマ「結婚できない男」の金田風)。 キャッチフレーズが「名古屋から一番近いマリンレジャー...

  •  2
  •  0

リニモは今日も浮かび上がって静かに行ったり来たり 2006年9月21日(木)

OLYMPUS E-1+Super Takumar 28mm(f3.5), f5.6, 1/50s(絞り優先) 愛・地球博の目玉のひとつにリニモがあった。県外から訪れた人は会場までの交通手段としてけっこう利用したんじゃないだろうか。あまりいい思い出はなかったかもしれない。何しろ混雑がひどかった。一時は定員オーバーで動かなくなるなんてこともあったりして。待ち時間の長さにうんざりした人も多かっただろう。 あれから一年経って今、地元の人間にとってリニ...

  •  4
  •  1

愛・地球博会場はモリコロパークとなり、万博の面影なし 2006年9月20日(水)

OLYMPUS E-1+Super Takumar 28mm(f3.5), f8, 1/400s(絞り優先) 9月も半ばを過ぎてなんとなく心がソワソワしてるのは、一年前の今ごろ、愛知万博の終盤に駆け込みで行ったときの記憶がよみがえってきているからかもしれない。私が行ったのが去年の9月22日だったから、あれからほぼ一年経ったということになる。懐かしいような、ひどく遠い出来事のような、甘く切ない記憶がうずく。 2005年の3月25日から9月25日までの半年間に渡...

  •  4
  •  0

トウモロコシで夏の食べ物の食べ納めかと思いきや 2006年9月19日(火)

Canon EOS 10D+Super Takumar 50mm(f1.4), f2.8, 1/100s(絞り優先) この夏は終盤になって夏の食べ物を一通り食べ納めた。スイカにそうめんに冷やし中華、桃もアイスも食べた。何か忘れ物はないかと振り返ったとき、トウモロコシを食べてなかったことに気づく。もう夏と呼ぶには季節が進みすぎてしまったけど、思い出したからには食べておかないと気になる。 ということで、この夏の食べ物の締めくくりとして、最後にトウモロコ...

  •  2
  •  0

ペリカンはひとり暮らしでも案外平気なのか? 2006年9月18日(月)

OLYMPUS E-1+Super Takumar 200mm(f4), f5.6, 1/125s(絞り優先) このシーンをファインダー越しに見つけたとき、あっと思った。それは、ペリカンがあまりにも大きかったからではなく、ペリカンをのぞき込んでいるおばあさまが私のばあちゃんにそっくりだったから。え? ばあちゃん、こんなとこで何してるの? と一瞬思ったほどよく似ていて驚いた。 まあ、それはいいとして、今日はペリカンの話を少ししたい。写真のようにペ...

  •  0
  •  0

キュウリの野郎にケンカで勝って勝負に負けたサンデー 2006年9月17日(日) 

OLYMPUS E-1+Super Takumar 50mm(f1.4), f2.0, 1/80s(絞り優先) 今日のサンデー料理のテーマはただひとつ、キュウリの克服、これがすべてだった。 先週もちらっと書いたように、この世界における私の天敵とも言うべきキュウリの野郎をどうにかしてやっつけたいと思った。小学校の給食でキュウリ半分が出てきて、泣きながら断固拒否したときに見た夕焼け空を忘れるためにも、私はキュウリを克服する必要があった。ずっと先延ば...

  •  0
  •  0

幸福の黒いE-1は天国に一番近いデジかもしれない 2006年9月16日(土)

OLYMPUS E-1+Super Takumar 50mm(f1.4), f1.4, 1/4s(絞り優先) 人でもモノでも縁がある。どれだけ相手のことが好きでも縁がなければつながれない。理屈を超えたそんなものが存在する。今回、OLYMPUSのE-1を買えたのも縁なんだと思う。 メインとして愛用していたCanonの10Dが酷使のためにシャッターユニットがへたってきた。エラーが出るようになり、買い換えざるを得なくなった。断然の一番候補はPENTAXの*istDだったのだけど...

  •  2
  •  0

駆け回るリスを撮るつもりが撮れたのは食事中だけ 2006年9月15日(金)

OLYMPUS E-1+Super Takumar 200mm(f4), f4.0, 1/50s(絞り優先) ふいにリスが見たくなった。ふとしたはずみにラーメンが食べたくなるみたいに。リスを見なければ気になって夜も寝られなくなってしまいそうだったので(そんな大げさな)、東山動物園へ行ってきた。それは、「小鳥とリスの森」の中にいた。入っていってすぐに足もとをピャーと駆け抜けていったので、ネズ公か!? と思ったらリスだった。まさか、放し飼いだと思っ...

  •  6
  •  0

頼朝物語---後編 ~ただのイジワルアニキじゃなかった 2006年9月14日(木)

Canon EOS 10D+PORST Weitwinkel 35mm(f2.8), f8, 1/50s(絞り優先) 今日は源頼朝の物語後編。昨日のようにのんきにちんたら書いてるといつまでたっても終わらないから、急いで要点だけ書いていくことにしたい。とはいえ、せっかく勉強したからにはその成果もお見せしたいところ。詳しく書くべきか、簡単に書くべきか、それが問題だ。などと、余計な前置きを書いてるからますます長くなっていく。いったんCMいく? いいですか?...

  •  2
  •  0

源頼朝が名古屋人であろうとなかろうと---前編 2006年9月13日(水)

Canon EOS 10D+PORST Weitwinkel 35mm(f2.8), f5.6, 1/80s(絞り優先) 源頼朝(みなもとのよりとも)は人気がない。いや、もちろん頼朝が好きな日本人は世の中にはたくさんいるに違いないけど、一般的には義経の敵役としてのイメージがすっかり定着してしまっていて、あまり好かれてないんじゃないかと思う。いい国作ろう鎌倉幕府は覚えやすくて好きという人はたくさんいても。ドラマや小説でも義経の目線で描かれたものが圧倒的...

  •  0
  •  0

キツネつながりの花ふたつ、剃刀と孫 2006年9月12日(火)

Canon EOS 10D+TAMRON SP 90mm(f2.8), f4.0, 1/25s(絞り優先) 世の中にはキツネの名を持つものがたくさん存在する。ワオキツネザルなどのキツネザルたちもそうだし、魚ではキツネアマダイやキツネベラなど、花ならキツネアザミ、キツネノボタン、キツネササゲ、人ならキツネ目の男など、他にもいろいろいる。 写真のこれは、キツネノカミソリという名前の花で、8月から9月にかけて、林や山道などのちょっと薄暗いようなところ...

  •  2
  •  1

観覧車の思い出をよみがえらせつつひとり観覧車を思う 2006年9月11日(月)

Canon EOS 10D+PORST Weitwinkel 35mm(f2.8), f4.0, 1/25s(絞り優先) 去年の春先、名古屋の繁華街である栄のど真ん中に、観覧車ができた。屋上に取り付けられた軸を中心に、ビルの側面に張り付くようにして回っている。回る回るよ時代は回ると中島みゆきも歌っていたけど、まさか栄のビルに観覧車が張り付く時代が来るとは思わなかった。この観覧車の存在を知ってわざわざ乗りに来たユーミンもびっくりしただろう。 名前はスカ...

  •  0
  •  0

肉食サンデーでやっぱり肉を欲しない体を自覚する 2006年9月10日(日)

Canon EOS 10D+Super Takumar 50mm(f1.4), f3.5, 1/125s(絞り優先) 今日のサンデー料理は、珍しく肉サンデーとなった。日頃は極端に貧しくて肉が買えないとか、狂牛病を死ぬほど恐れて牛肉を口にできないとか、そういう理由で肉料理をしないわけではなく、ただ単に最近あまり肉を食べたくなくなったから料理に使ってないだけだ。もちろん、ベジタリアンとかではないし、ヒンズー教徒でもない。 10代、20代の頃の私は肉食動物だ...

  •  2
  •  0

バッタ野郎への道 ~イナゴライダー編 2006年9月9日(土)

Canon EOS 10D+Super Takumar 135mm(f3.5), f4.0, 1/200s(絞り優先) 虫関係はここ2、3年でいろいろ写真も撮ったし勉強もしてきた。ただ、相変わらずバッタ関係に関してはどうにも苦手意識が拭いきれない私。地面で跳ねてるものは、カエルとウサギ以外はとりあえず全部バッタに見える。もちろん事実はそうではない。世の中には実にたくさんの跳ねる生き物たちがいるのだ。私だって昔はグランドの周りを跳ねていた(テニス部でウ...

  •  2
  •  0

熱田さんにお参りして1,900年の歴史に思いを馳せる55円 2006年9月8日(金)

Canon EOS 10D+PORST Weitwinkel 35mm(f2.8), f5.0, 1/30s(絞り優先) 名古屋の中心街から車で15分ほど南に走ったところに、ここらの人間が熱田さんと呼ぶ熱田神宮がある。名古屋で知らない人はほとんどいないと思うけど、実は行ったことがないですよという人が意外と多いのかもしれない。私のように名古屋の北に住んでいると、あちらまでわざわざ出向いていく機会がない。初めて訪れたのは、おととしの11月だった。だから今回の...

  •  6
  •  1

旅するウスバキトンボは今年もまた、ひたすら北を目指す 2006年9月7日(木)

PENTAX SP+Super Takumar 55mm(f1.8)+Kodak ULTRA COLOR 400UC 日本にアカトンボという名前のトンボはいない。アカトンボと呼ばれているのは、たいていアキアカネかナツアカネだ。そんなの常識じゃん、と思ったあなたはすでにトンボの人となっていて一般人から逸脱しているので多少の自覚が必要だ。更に、この写真を見て瞬時にアカトンボではなくウスバキトンボと答えてしまった人は、腰のあたりまでトンボ池に浸かり込んでしまっ...

  •  4
  •  0

初めて知った大石のお不動さんの存在とその魅力 2006年9月6日(水)

Canon EOS 10D+TAMRON 28-300mm XR(f3.5-6.3), f5.6, 1/40s(絞り優先) 勢和村からたぶん一番近い町が車で20分ほど走ったところにある大石町(おいしちょう)だと思う。帰郷したとき、夕飯の買い出しのためにコンビニを探して車を走らせていたら、思いがけず歴史的建造物を発見して、急ブレーキ、急ターンで手前の空き地に飛び込んだ。なんだこれはー、と心の中で叫びつつ。隣町とはいえ、こんなところまでは来たことがなかった...

  •  6
  •  0

カリガネソウの話だけど古いネタ注意報発令 2006年9月5日(火)

Canon EOS 10D+Super Takumar 135mm(f3.5), f4.0, 1/100s(絞り優先) 森林公園で面白い造形の花を見つけた。くねくねとのたくったような茎と花。コテを当てるのに失敗したインチキパーマみたいだ。ストレートパーマをかけ直せとアドバイスしたい。でも、この花にしてみればこれが普通の状態なのだろう。じっと観察していたら、「マクロス」の板野サーカスを思い出した。目標に向かってくねくねとうねりながら進むたくさんのミサ...

  •  0
  •  0

夏に生き夏に死すセミたちは今最後の命を燃やす 2006年9月4日(月)

PENTAX SP+Super Takumar 55mm(f1.8)+Kodak ULTRA COLOR 400UC 小幡緑地を歩いていると、ツクツクボウシとアブラゼミとヒグラシの合唱が頭の上から降りそそいでくる。行く夏を惜しむかのように精一杯命を燃やして鳴いているのだろう。夏よ行かないでという気持ちは私たちよりも彼らの方がずっと強くて切実なものだ。 鳴き声を聞きながら、そういえば最近ツクツクボウシを見てないなと思う。写真に撮ってるのもアブラゼミとクマゼ...

  •  0
  •  0

やや節約サンデーレシピは中出来 2006年9月3日(日)

Canon EOS 10D+Super Takumar 50mm(f1.4), f4, 1/40s(絞り優先)「Book off」の100円コーナーで『いきなり!黄金伝説。超節約レシピ50』という本を見つけて買ってきた。一ヶ月1万円生活で登場した料理が紹介されていて、けっこう参考になりそうだ。そういえば、第一回目のとき、濱口マサルさん、マックでハンバーガー食べてたなぁ、などという感慨を抱きつつ、パラパラとめくって、キミに決めたっ、と選んだのがこの三品だ。 私...

  •  6
  •  1

40年の時を経て今でも現役のPENTAX SPというオモチャ

Canon EOS 10D+Super Takumar 50mm(f1.4), f2.8, 1/60s(絞り優先) Takumarの50mm f1.4が欲しくて探していたら、PENTAX SP本体とセットで売っていたので、レンズ目的で買ってみた。ジャンク扱いで1,600円。実物を見てみたら、思ったよりきれいで壊れてるところもなさそうだ。これなら使えるかもしれない。レバーを巻いて、シャッターボタンを押すとカシャンと懐かしい音がする。デジタルや電子の世界ではない、機械としてのカメ...

  •  10
  •  0

咲き乱れるシラタマホシクサを見て否が応でも秋を感じた 9月1日(金)

Canon EOS 10D+Super Takumar 135mm(f3.5), f4.5, 1/250s(絞り優先) 夏の散策を怠けたので、丸っと8月分の湿地の花が飛んでしまった。せめてサギソウだけでも残ってないだろうかという淡い期待を抱いて森林公園の湿地へ行ってみると、すでにシラタマホシクサが広がっていて、わっとなった。完全なる遅刻。2時間目くらいのつもりが行ってみたら4時間目の終わりだったみたいな。弁当食って帰るかな。 サギソウなんて影も形もない...

  •  2
  •  0

残り4ヶ月だけど戌年のうちに伊奴神社にいって参拝してきた

 今年が戌年だということを覚えている人はどれくらいいるだろう。ふいに今年って何年だっけと問いかけられて即答できるのは半分くらいだろうか。覚えていても意識しながら生活している人は少ないだろう。朝目が覚めて、今年は戌年だということを忘れないようにしなくちゃなどと思いながら日々暮らしている人はまずいない。自分が戌年という人を除けば。 伊奴神社フィーバーから早8ヶ月。一度行っておかなくてはと思いつつ時が流...

  •  2
  •  0