archive: 2006年04月  1/1

動物園にいる鳥さんいろいろ 2006年4月29日(土)

Canon EOS 10D+EF75-300mm(f4.0-5.6), f5.0, 1/100s(絞り優先) あれ? こんなところにオシドリがいる!? 東山動物園の水たまりにオシドリ発見! と喜んだものの、どうもヘンだ。春が深まったこの時期、こんな場所でのんきに泳いでるはずがかない。よくよく見るとカラーリングも違っている。なんだよ、ニセモノかよ! と、横のプレートを見ると、「アメリカオシ」と書かれている。なるほど、そういうことか。オシドリのアメ...

  •  2
  •  0

キンシコウは天に近い場所にすむ金色のサル

Canon EOS 10D+EF75-300mm(f4.0-5.6), f4.0, 1/4s(絞り優先) 孫悟空のモデルと言われているキンシコウ(金絲猴)。でも実はそうじゃない。トリビアの泉でもガセビアとして紹介されていた。どこかの研究者が思いつきをうっかり口走ってしまって、それが広まってしまったというのが真相のようだ。あとから訂正したものの、もはや打ち消すことができなかった。 でも、そんな説を信じてしまいたくなるものをキンシコウは確かに備え...

  •  4
  •  0

まだサトザクラが咲いているから桜シーズン延長決定

Canon EOS 10D+TAMRON SP 90mm(f2.8), f3.2, 1/200s(絞り優先) 東谷山フルーツパークのしだれ桜で今シーズンの桜は終わったはずだった。ところが森林公園にサトザクラが咲いているのを見つけてしまい、そうもいかなくなった。見なかったことにしようかとも思ったけど、これはこれできれいな桜に違いなく、無視することができなかった。 ということで、今日は桜の延長戦。サトザクラ記念とした。 サトザクラという品種の桜は存...

  •  4
  •  0

ハルリンドウとようやく出会えて湿地の春が動き始めた

Canon EOS 10D+TAMRON SP 90mm(f2.8), f3.2, 1/250s(絞り優先) 野山の春はしっかり満喫しているけど、湿地の春はまだ始まっていなかった。それは湿地の春を告げるハルリンドウに出会えてなかったから。3月から何度か出向いてみたものの、どうにも縁がなくてこれまで見つけることができなかった。去年もそうこうしてるうちに季節は初夏に移っていってしまったので、今年こそはという思いが強かった。ひとつには、日が差している...

  •  4
  •  0

近づいて見てこその美しさを教えてくれたベニシジミ

Canon EOS 10D+TAMRON SP 90mm(f2.8), f3.2, 1/250s(絞り優先) 今年の春はなんだか涼しい。過ごしてやすくていいと思う反面、少し物足りないようにも感じている。曇りの日が多く、気温も連日20度を下回っている。 おかげで虫が飛ばない。この春見たチョウといえば、モンシロチョウとキチョウくらいで、アゲハやシジミチョウなどは今のところまったく遭遇しない。森に行っても去年のこの時期と比べて飛んでる虫の数が圧倒的に少...

  •  2
  •  0

ミズバショウは夏の思い出じゃなく春の思い出

Canon EOS 10D+TAMRON SP 90mm(f2.8), f4.0, 1/100s(絞り優先) 夏が来てから思い出していたのでは遅すぎるミズバショウ。4月の後半でさえすでに遅かった。松平郷のミズバショウは、見頃を過ぎて葉っぱの様子が乱れていた。4月の上旬から半ばあたりが一番きれいだったろう。いくつか集まって咲いていたところも、葉っぱがとっちらかって写真に撮るにはちょっと厳しかった。 夏が来れば思い出す、遙かな尾瀬、遠い空。この歌でな...

  •  6
  •  0

空想で作った南米帰り料理に革命精神は宿らず

Canon EOS 10D+EF28-105mm(f3.5-4.5), f4.0, 1/40s(絞り優先) 今日は南米料理と決めていた。そしてその通り南米各地をうろついて(頭の中で)、それっぽい料理を作って並べた。つもりだった。しかし、結果的には南米料理というよりも、南米帰り料理となってしまったのだった。南米に旅行へ行って、現地で食べた料理を記憶だけで再現しようとして再現仕切れなかった感じ。南米に暮らすどの国の人に食べさせても、これはどこの料...

  •  5
  •  0

歴史の空気と里の四季の松平郷

Canon EOS 10D+EF75-300mm(f4.5-5.6), f5.6, 1/160s(絞り優先) 去年一年間で、愛知県のいろんなところを散策して回った。公園、森林、山、川、植物園、施設、城、神社仏閣、名所、旧跡などなど。だいたい100ヶ所くらいにはなると思う。その中で個人的にとても気に入った場所のひとつとして松平郷がある。こことは本当に相性が良かった。 徳川家康を生んだ松平家発祥の地である松平郷は、豊田駅から車で30分の静かな山間の中に...

  •  2
  •  0

ヒトリシズカを見て静御前のことを思い出す4月の終わり

Canon EOS 10D+TAMRON SP 90mm(f2.8), f3.5, 1/125s(絞り優先) お気に入りの場所のひとつ、豊田市の松平郷でヒトリシズカを見てきた。徳川家康のルーツ松平氏発祥の地である松平郷については、またあらためて書こうと思っている。あそこについては書きたいことがたくさんある。 今日はヒトリシズカについて。 源義経が愛した女性、静御前から名づけられた、ヒトリシズカ。白拍子だった静御前が舞う姿にたとえたのだろう。誰が...

  •  2
  •  0

キビタキと遭遇して夏鳥シーズンが突然の開幕

Canon EOS 10D+TAMRON SP 90mm(f2.8), f4.0, 1/125s(絞り優先) あ、キビタキ。心の中で小さく叫んだ。 もちろん、今シーズン初遭遇。冬場は東南アジアに渡って過ごしてきた彼らが、春になってまた日本へと戻ってきた。おかえりなさい。無事に帰ってきて何よりでした。秋までゆっくり日本で過ごしてくださいね。そして、いい歌声を聞かせてください。 気がつけば夏鳥のシーズンが始まっていた。季節はとどまることなくどんどん...

  •  4
  •  0

2007年に再会の約束を交わして今年の桜シーズン完結

Canon EOS 10D+EF28-105mm(f3.5-4.5), f5.6, 1/400s(絞り優先) 東谷山フルーツパークのしだれ桜は満開の最後を迎え、降りそそぐように咲き誇っていた。空も見えないほどに。それは、2006年の桜シーズン最後としては申し分ないものだった。今年はもうこれでいい。満足、納得の一年となった。 ここの桜は、ヤエベニシダレ(八重紅枝垂)という種類のしだれ桜で、名前の通り、八重で紅色が濃く、見栄えがいい。髪の毛ふさふさの人...

  •  10
  •  0

胸にどーんと来た、東野圭吾『秘密』

Canon EOS 10D+TAMRON SP 90mm(f2.8), f5.0, 4.0s(絞り優先) このブログを始めたのは去年の9月で、それから毎日書いてるのに本についてはこれまでほとんど書かなかった。たまには本について書こうと思う。『秘密』は広末涼子主演で映画になったので、そちらを観てる人は多いだろう。 なんで今さらその原作本を読んだかといえば、この前直木賞をとったことと、ドラマ「白夜行」の原作者ということで東野圭吾のことを久々に思い...

  •  4
  •  0

桃源郷が見つからず、後憂を残して現実世界に帰還

Canon EOS 10D+EF28-105mm(f3.5-4.5), f5.6, 1/100s(絞り優先) 猿投の桃を見てきた。といっても、サルが桃を投げる芸を見てきたわけではない。猿投というのは地名で、「さなげ」と読む。猿投山、猿投インター、猿投神社、そのあたりで地元ではわりと有名な場所だ。地理的には豊田市の北西、グリーンロードの猿投インターのあたり一帯が桃園となっている。全部で2万本というからなかなかのものだ。 桃の花だから、桜や梅ほどメ...

  •  16
  •  0

反省の残ったどんぶり物サンデー料理

Canon EOS 10D+EF28-105mm(f3.5-4.5), f4.0, 1/8s(絞り優先) 今日のサンデー料理は久しぶりのどんぶり物になった。時間がなかったわけでも、手を抜きたかったからでもなく、どんぶり物が食べたかったから。もう料理飽きたのかー、と思ったあなた、チッチッチッ。←人差し指を左右に振る宍戸錠のような私。料理に力尽きたわけでは決してないので安心してください。と誰にともなく言い訳めいた説明をしてみる。 始まりは余ったタ...

  •  4
  •  0

寒そうな名前を持った暖かいところ好きなカンヒザクラ

Canon EOS 10D+EF75-300mm(f4.5-5.6), f4.5, 1/60s(絞り優先) 奥山田にしだれ桜を見に行った3月の終わり、村積山の登山口付近に咲いていたカンヒザクラ。ソメイヨシノを見慣れた目で見ると、やけに派手に見える濃いピンクのこの花、知らなければ桜とは思わないかもしれない。南国っぽいなと思ったら、中国南部から台湾あたりで自生している桜で、沖縄で桜といえばこのカンヒザクラのことだそうだ。なるほど、これは沖縄によく似...

  •  4
  •  0

うつむくチゴユリといつか正面から向き合いたい

Canon EOS 10D+TAMRON SP 90mm(f2.8), f3.5, 1/40s(絞り優先) スプリングエフェメラルたちが帰り支度を始めるころ、林の中ではあらたな花たちが出番を待ちかねたように咲き始める。写真のチゴユリはその中のトップバッターと言っていいだろう。しかし、立ち居振る舞いはいたって地味で謙虚。トップバッターというより二番セカンド小坂みたいなやつだ。 やや暗めの林の中でうつむきがちに咲いているチゴユリは、普段のスピード...

  •  4
  •  0

追いかけてギフチョウ、そして昆虫注意報発令

Canon EOS 10D+TAMRON SP 90mm(f2.8), f4.0, 1/125s(絞り優先) 今日未明、当ブログ断想日記プラスワンは、昆虫注意報が発令されました。わー、逃げろー。って、待ってー、逃げないでー。大丈夫、マイフレンド。まだ注意報ですから。私自身、あんまり気持ちが悪いのは苦手なんで、そんなに強烈なアップは載せないです。虫を見たとたん、一目散に逃げたりしないでくださいね。もし、超アップを載せるようなときは、昆虫警報が発令...

  •  6
  •  0

2006年桜シーズンの締めくくりは散りかけの五条川

Canon EOS 10D+EF28-105mm(f3.5-4.5), f5.0, 1/200s(絞り優先) 名古屋地方の桜のピークは先週末で、天気の良かった日曜日は各地で最高の賑わいを見せていた。それから2日間雨が続いて、ようやく雨があがった今日、今年締めくくりとして大口町の五条川へ行ってきた。ここは去年たくさん回った中で一番のお気に入りだった。 しかし、2日間の雨と強い風は、思った以上に桜を散らせていた。満開から3割くらいは散っていただろう。7...

  •  6
  •  0

スプリングエフェメラルの彼女たち、また来年会いましょう

Canon EOS D30+TAMRON SP 90mm(f2.8), f3.5, 1/250s(絞り優先) 飯盛山にカタクリを見に行ったとき、一緒に咲いていたキクザキイチゲ。ブログに載せようと思っていて、すっかり忘れていた。飯盛山へ行ったのは3月27日だから、もう2週間前になるのか。桜だ黄砂だなどと浮かれていたら、もうそんなに時が流れてしまっていたか。この調子でいくと、そろそろ年賀状の準備を始めないといけないかもしれない(それは気が早いだろう)。...

  •  6
  •  0

一日12時間働くベジタリアンのアメリカビーバーは森の匠

FUJIFILM FinePix S1 Pro+TAMRON 28-200mm XR(f3.8-5.6), f5.6, 1/280s(絞り優先) 久々の動物シリーズ、今日はアメリカビーバーを取り上げてみたい。そのへんの川でたまに見かけるヌートリアではない。東山動物園にいたアメリカビーバーくんだ。ビーバーちゃんかもしれない。 本来夜行性なので昼間はあまり動かないというのだけど、このときは夕方だったのと、何かもらったのとで嬉しそうに泳ぎ回っていた。大事に両手で抱えて...

  •  6
  •  0

春の新タケノコ優遇サンデー料理はヘルシー&安上がり

Canon EOS 10D+EF28-105mm(f3.5-4.5), f3.5, 1/30s(絞り優先) 新タケノコが手に入ったので、今日はタケノコから始まるサンデー料理となった。手に入ったといっても、山に行ってドロボーしたわけではない。もちろん、山を個人所有してるとかそういうわけでもないので安心して欲しい。安心? ちゃんと人からもらったのだ。ちゃんと? タケノコご飯はすぐに決まった。柔らかいタケノコを美味しく食べる基本だろう。そこからおか...

  •  8
  •  0

名古屋の空が黄色く霞んで桜のピンクも灰色に

Canon EOS 10D+TAMRON SP 90mm(f2.8), f5.0, 1/250s(絞り優先) 香流川の桜並木を見ようとベランダに出てみると、街がモヤかカスミでものすごく霞んでいるではないか。なんだこりゃ。暖かい午後で霧でもないだろうし、雨模様というわけでもない。遠くの方は霞んで全然見えないし、桜並木もくすんでピンクではなく灰色になっている。一体何事だ、これ? 理由は夕方のニュースで判明した。黄砂だという。これがウワサの黄砂という...

  •  4
  •  0

早春に弾ける白い花火のようなタネツケさん

Canon EOS D30+TAMRON SP 90mm(f2.8), f3.2, 1/25s(絞り優先) 3月の終わりに海上の森(かいしょのもり)をふらついたとき撮ったこいつは、たぶんタネツケバナ。深い緑の中で白い花火が弾けてるみたいで面白かった。でも、タネツケバナってこんなふうだったかな。どうも確信が持てないのは、花がつぼみで、バンザイしてるような種の部分が発達してなかったからかもしれない。葉っぱも何か違うような気もする。 調べてみたら、タ...

  •  2
  •  0

ホントはいいヤツだったんだね、コウモリくん

FUJIFILM FinePix S1 Pro+NIKKOR 70-300mm (f4-5.6D), f6.7, 1/110s(絞り優先) 春になって目覚めるのは花や北国の動物ばかりじゃない。コウモリも同じように冬眠から目覚めて空に戻ってくる。少し気が早いこいつは、まだ肌寒い日の夕方前に一匹でヒラヒラ飛び回っていた。 おそらくアブラコウモリだろう。別名イエコウモリ。日本の街中で見かけるコウモリの大半は、このアブラコウモリだ。しかし、コウモリを侮ってはいけない...

  •  10
  •  0

ツクシを食べて二度寝をやっつけろ

Canon EOS 10D+EF28-105mm(f3.5-4.5), f4.0, 1/125s(絞り優先) 春は妙に眠たい。二度寝は当たり前、へたすると三度寝して、大変なことになる。目覚ましを止めた記憶さえないこともある。学生のころ、隣の家の人に枕元の目覚ましを止められたことさえある私は、相当寝起きが悪い。春ともなれば尚更だ。 春、どうしてこんなにも眠たいかというと、そこにはちゃんとした理由があった。それは、心臓に関係があるという。冬寒いとき...

  •  6
  •  0

江戸彼岸、その千年の孤独の中で何を夢見る

Canon EOS 10D+EF28-105mm(f3.5-4.5), f4.0, 1/125s(絞り優先) 春日井に覚成寺というお寺さんがあって、そこには推定樹齢100年の立派なエドヒガン桜がある。しかし、非常にマイナーな存在で、ほとんど誰も知らない。というと大げさだけど、検索してもこの桜に関するページは数件しかヒットしないということからみても、かなりマイナーであることは間違いない。その中の一件は私のページだし。近所の人か、檀家さんくらいしか知...

  •  4
  •  0

春に咲くのは梅や桜のスター花ばかりじゃない

Canon EOS D30+TAMRON SP 90mm(f2.8), f2.8, 1/4s(絞り優先) ボケというと赤というイメージが強いけど、これはピンクのボケ。春らしく華やいだ雰囲気が気に入った。 ボケは漢字で書くと木瓜。これは、実が瓜に似ているところから中国名で木瓜と呼ばれ、それが日本に伝わったとき毛介(モッケ)となり、モケからボケに転じたと言われている。ホントかウソかは分からない。モケからボケになったというのは怪しい気がする。 実を乾...

  •  4
  •  0

味はソースで決まると気づいた残り物サンデー料理

Canon EOS 10D+EF28-105mm(f3.5-4.5), f4.0, 1/125s(絞り優先) ここのところ外国料理や国籍不明料理が続いたので、今日はノーマルな日本料理にした。2週洋食が続いただけでもう和食が恋しくなるようでは、国外逃亡は難しい。いや、海外生活は難しいの間違いだった。外国まで逃げないといけないようなことはしてない。 和食というより日本料理という方がしっくりくる感じがある。日本の家庭料理はいろんな国のエッセンスを取り...

  •  8
  •  0

いつか60種類のスミレを区別できる人に

Canon EOS 10D+TAMRON SP 90mm(f2.8), f3.2, 1/60s(絞り優先) 今シーズン、初めてスミレを見つけて、喜んで駆け寄った。あ、こっちにも、あっちにも。撮るべし、撮るべし。でも、嬉しかったのは最初だけ、だんだん難しい顔になって、しまいには顔が歪み始める。うっ、区別がつかない。名前が分からない。えーと、おたく、どちらさん? スミレ問題。忘れていた頭の痛い課題が再び巡ってきた。去年はまったくのお手上げで、しま...

  •  6
  •  0

奥山田のしだれ桜で2006年桜シーズン開幕

Canon EOS 10D+EF28-105mm(f3.5-4.5), f4.0, 1/125s(絞り優先) 2006年桜シーズン開幕。名古屋はここへきてようやく咲き始めたところで、ソメイヨシノの見頃は来週になりそうだ。そこで、一週間早く咲くエドヒガンを見に行ってきた。 これは岡崎市のはずれ奥山田にある、エドヒガンのしだれ桜。去年は出遅れて見られなかったけど、今年は満開を見ることができた。全国的にはさほど知られてないけど、この地方ではけっこう有名な...

  •  2
  •  0