archive: 2005年12月  1/2

さよなら2005年、はじめまして2006年

Canon EOS kiss3+EF28-105mm(f3.5-4.5)+FUJI Venus800 バンザイしながら眠りこけるアイの恥ずかしい寝顔。人様にお見せできるものじゃないけど、見せてしまおう。自分のこんな顔を公開されていることを知ったらアイも怒って飛びかかってくるかもしれない。 正月はひとりで留守番のアイ。もう何度か経験してるので大丈夫。窓から勝手に出入りして、メシを食べて、寝てるだろう。ただ、やっぱり不安なようで、帰ってくると大騒ぎす...

  •  0
  •  0

12月に咲く桜さん、お寒いのがお好き?

Canon EOS kiss3+EF28-105mm(f3.5-4.5)+FUJI Venus800 今ごろ4月の写真を持ってきてどうしたんだ? と思うかもしれない。この寒いのに桜もないだろう、と。けど、これは12月の写真で、決して私の季節感が狂ったわけではないのです。桜の狂い咲きでもない。この季節に咲く桜だ。尾張旭の池のほとりで今でもまだ咲いてると思う。 単純にフユザクラ(冬桜)なのかと思って調べてみると、そう簡単でもなかった。フユザクラかもしれ...

  •  2
  •  0

2,200円でトイレが満天の星空を映す宇宙になった

Canon EOS D30+EF28-105mm(f3.5-4.5), f4.5, 30s(絞り優先/三脚) 年末だというのにのんきにこんなもの作っていていいのか、私? そんな自問自答も吹き飛ぶ星空発生装置。おお、すごいぞ。満天の星空だ。我が家のトイレが宇宙になった。ララァ、私を導いてくれ、と思わずつぶやいた。 しかし、どの角度がきれいに映るんだろうと、くるくる回していたらなんだかめまいがしてきた。これが宇宙酔いというやつだろうか?(たぶん違...

  •  0
  •  0

ホームイルミネーショナーへの妄想と挫折

Canon EOS kiss3+EF28-105mm(f3.5-4.5)+FUJI Venus800 名古屋でイルミネーションといえば、真っ先にセントラルタワーズを思い出す。栄近辺やテレビ塔周辺のセントラルパークを思い浮かべる人もいるだろう。今年は私もいっちょ三脚をかついで撮りに行ってみようかなと思っていたら、雪が降ったり、寒かったり、雪が降ったり、寒かったりしてるうちにクリスマスが終わってしまった。ああ、なんてことでしょう。 でも雪や寒さなんて...

  •  1
  •  0

振り返れば愛・地球博-2005冬

Canon EOS kiss3+EF28-105mm(f3.5-4.5)+FUJI Venus800 愛・地球博会場の冬。会場内外の解体工事も進み、今は大観覧車だけがその姿をとどめるばかりとなった。周囲は寒々しいくらいにがらんとしてしまい、むき出しになった地面の周りを工事中の看板やフェンスが取り囲んでいる。つい3か月前まで大勢の人の熱気と興奮でごった返していた光景が嘘みたいだ。工事も一段落ついたのか、重機の活気もなかった。 それに加えてこの写真。...

  •  0
  •  0

2005年の映画とドラマ勝手にマイベストテン

Canon EOS D30+EF28-105mm(f3.5-4.5), f4.0, 2.0s(絞り優先) 年末は録画したテープがたまりがちだ。特番攻撃にさらされて、観ても観ても追いつかない。床に並ぶテープの本数は更に増えていくことになる。 今年も私はテレビ野郎だった。映画、ドラマ、バラエティー、ニュース、スポーツ、クイズ番組。テレビなしには一日たりとも過ごせないというほどだ。天国にテレビがなかったら、テレビを持ってあっちへ行かなくてはと思う。...

  •  0
  •  0

和食料理で今年のサンデー料理は作り納めの食べ納め

Canon EOS D30+EF28-105mm(f3.5-4.5), f4.0, 1/10s(絞り優先) 今年最後のサンデー料理は折しも12月25日のクリスマス。ここは当然クリスマスらしい料理で一年を締めくくるべきだろう、とは思わなかった。そんなに素直な性格なら苦労はない。チキンもターキーもケンタッキーもなし。もちろんケーキなどという軟弱なものはお呼びじゃないぜ。呼んでないけど持ってきてくれる分にはいっこうにかまいませんです。 じゃあ、クリスマ...

  •  0
  •  0

クリスマスイブらしい写真で連続更新を継続

Canon EOS D30+EF75-300mm(f4-5.6), f5.6, 1/90s(絞り優先) 見方によってはクリスマスを象徴するような写真と言えるかもしれない。ペアで行くコガモと、取り残されてひとりぼっちのコガモ。 一人法師と書いてひとりぼっち。 それぞれのカモたちが見つめる先には何が見えただろう。 クリスマスイブは完全休養のはずが、のこのこ出てきてしまった。9月に始めてからせっかくここまで一日も休まずにきてたから、途切れさせず続け...

  •  4
  •  0

クリスマスは八墓村スタイルでアイとお祈りか

Canon EOS D30+TAMRON 28-80mm(f3.5-5.6), f4.5, 1/8s(絞り優先) 起きているときじっとしていることがほとんどないアイ。猫にしては珍しいほど落ち着きがない。寝るか、食べるか、何かを訴えて鳴くか、飛びかかってくるか、外に出かけていくか、この5つの行動パターンを繰り返していて、常に動いている。普通の猫は、ちょこんと座ってたたずんでいる時間があるものだけど、アイにはそれがない。店の看板猫には絶対になれない。...

  •  0
  •  1

タワーを見れば登らずにはいられない名古屋人気質

Canon EOS D30+EF75-300mm(f4-5.6), f5.6, 1/500s(絞り優先) 夕焼け空に東山スカイタワー。ベランダから西南の位置にあって、よく見える。名古屋郊外も高いマンションが増えてずいぶん視界が悪くなったけど、こちらの方角はけっこうよく見える。昔は右にテレビ塔も見えていた。 馬鹿と煙は高いところに登りたがるだとか高いところが好きだとか昔の人は言った。あれはどんな根拠があったんだろう。それはよく分からないけど、名...

  •  0
  •  0

紙のカレンダーの寿命はあと50年あるのかな?

Canon EOS D30+TAMRON 28-80mm(f3.5-5.6), f3.5, 1/15s(絞り優先) 2005年のカレンダーも最後の一枚になって、今年も残りが薄っぺらになってしまったことを教える。11枚分も月日が流れてしまったか。そしてまた来年のカレンダーのことがそろそろ気になり始めた。古いカレンダーが終わるのは寂しいけど、また新しいカレンダーに出会える楽しみがある。 カレンダーをめくるというのは、気分をあらたにしてくれるという効果がある...

  •  0
  •  0

来年の戌年に向けて犬の勉強を

Canon EOS D30+EF75-300mm(f4-5.6), f4.5, 1/60s(絞り優先) しばらく前から通路にこの犬の置物が放置されている。誰が何の目的で置いたかは分からない。ときどき位置が変わってることがある。近所の人のものなのかどうなのか。この日は夕陽を浴びながら外を向いていた。写真を撮るために私がここに置いたわけじゃない。明日は別の場所に転がっているかもしれない。 これまで犬には縁のない人生を送ってきた。飼える環境になか...

  •  0
  •  2

左曲がりのダンディー三上博史はスキーゲッツとなるか

Canon EOS D30+TAMRON 28-80mm(f3.5-5.6), f4.5, 1/500s(絞り優先) 深夜に何度も窓を開けて外を見た。雪はいっこうに降り止む気配を見せず、果てることなく空からゆっくりと音もなく落ち続ける。そして朝、ドアを開けるとそこは雪国だった。 なんだこの景色、こんなの見たことないぞ。川端康成もびっくりして更に目をむいてしまいそうな光景がそこには広がっていた。こんなに降っちゃありがたくない。おなかが空いていて大盛り...

  •  0
  •  0

観光気分で訪ねたのに気づけばドイツ路地裏料理

Canon EOS D30+TAMRON 28-80mm(f3.5-5.6), f4.5, 1/8s(絞り優先) はじめてのドイツ料理はプリマでズーパー! となる予定だったのに、出来上がって食べてみたらなんとなく冴えない今年のシューマッハ兄、のようになってしまった。頑張ったんだけど6位入賞、みたいな。ホッケンハイムリンクは私に微笑まなかった。 ドイツ料理の王道をいくはずが、気づいたら脇道に入り込んでしまって、たいした出会いも発見もなくさまよい出て...

  •  0
  •  0

ういろは買って食べるだけでなく作って食べてもいい

 名古屋人、愛知県民で、ういろ(ういろう)を食べたことがないという人は少ないかもしれない。でも、ういろを作ったことがあるかと訊ねられたら、ええ? ういろって家で作れるの? と逆に訊ね返してしまう人がほとんどではないだろうか。それが実は案外簡単に作れるのだ。赤ん坊のミルクを作るよりたやすく。 私も一週間くらい前まで知らなかったんだけど、さる筋からの入れ知恵によって知ることとなった。 そうと分かれば作...

  •  8
  •  2

2005年的日常風景のひとコマ---3005年の誰かに向けて

Canon EOS D30+EF75-300mm(f4-5.6), f4.5, 1/500s(絞り優先) 夕暮れの帰り道、橋を渡ろうとした彼女は、夕焼け空がきれいなことに気づき自転車を止め、鞄からデジカメを取り出して写真を撮った。その姿をたまたま通りかかった私にデジカメで撮られた。その女子高生を撮っている私を撮っている人間がいないかとあたりを見回したけど、残念ながらいなかった。もしいたら、ロシアのみやげ物マトリョーシカみたいで面白かったのに(...

  •  0
  •  0

はぐれるカモたち、口を閉ざして多くを語らず

Canon EOS D30+EF75-300mm(f4-5.6), f5.6, 1/45s(絞り優先) 素知らぬ顔ですれ違う2羽のカモ。中学の廊下で目を合わせず交換日記を手渡す私とユミちゃんみたいだ。ユミちゃん元気にしてるかな。 っと、そんなことはいいとして、むむ? キミは誰ですか? グェ? グェ? そうそう、奥のキミ。 なんか微妙な違和感があるぞ、キミ。一見カルガモのメスのようだけど、頭の色合いが明らかに違う。赤茶色すぎる。でも目の上の筋と...

  •  2
  •  0

第一回月地対抗歌合戦に勝利するのはどちらだ

Canon EOS D30+TAMRON 28-80mm(f3.5-5.6), f5.6, 0.3s(絞り優先) 夜空に浮かぶ十三夜の月の前を、ちぎれ雲が次々と横切っていく。そのとき雲にも色があることを知った。雲自身の色なのか、月の光の色なのか、何かの反射光なのかは分からないけど。 満月が近づいてくると心が少し波立つような浮き立つような感じがする。満月を見てそうなることもあれば、そういう感覚に気づいて空を見上げると満月だったということもある。月が...

  •  2
  •  0

名古屋にミドスク族が誕生する日は来るのか!?

Canon EOS D30+EF75-300mm(f4-5.6), f5.6, 1/60s(絞り優先) 名古屋駅前3本目の超高層ビルとなる豊田毎日ビル、通称ミッドランドスクエアが出来上がってきた。写真の一番左のがそれだ。3本目というのはあまり正確ではないかもしれない。最初の2本はJRセントラルタワーズのツインタワーだから、実質名古屋で2番目の超高層ビルということになる。「ミッドランド」が中部地方、「スクエア」が広場を意味する。そのままのような分か...

  •  0
  •  0

日本のコリドラスはアマゾン川の夢を見てるのだろうか

Canon EOS D30+TAMRON 28-80mm(f3.5-5.6), f5.6, 1/4s(絞り優先) 今日も仲良しコリのパンダ&ジュリー。といっても私が付けた名前じゃない。コリドラスという魚の種類の名前だ。熱帯魚や自分の持ち物に名前を付ける習慣はない。 いつも寄り添うように水槽の底でエサを探してうろつく2匹組のコリたち。やあ、今日も元気かい? 向かって左側がコリドラス・パンダ。目の周りが黒いからという安易なネーミング。でも白黒じゃない...

  •  4
  •  0

ハライタでサンデー料理はハラショーとはいかず

Canon EOS D30+TAMRON 28-80mm(f3.5-5.6), f4.5, 1/30s(絞り優先) ロシア料理でハラショー! と元気よく始めるはずだったサンデー料理。いかんですよ。拙者ハライタでござるよ。ひゃー、トイレー、トイレー、と部屋と台所とトイレを5周ほどして、作る前からすでにぐったりの私。悪いものでも食ったかのぉ。ばあさん、朝飯はまだかいな? 言葉づかいや記憶も乱れる日曜の夕方。 しかし、走り出したらとまらないぜ、土曜の夜の...

  •  2
  •  0

うらやましいようなうらやましくないようなカルガモのオス

Canon EOS D30+EF75-300mm(f4-5.6), f4.5, 1/90s(絞り優先) なんでもない街中の川にもカモはやってくる。決してきれいな水とは言えないところだけど、カモにとってはこれくらいがちょうどいいのかもしれない。山奥のきれいな川ではカモを見かけないから。 この香流川にも、北から渡ってきたコガモやマガモやオナガガモなどがそれぞれ小さな群れを作って過ごしている。池では違う種類同士が一緒にかたまってるシーンをよく見か...

  •  0
  •  0

駄菓子屋のオバチャンとお菓子と少年の私

Canon EOS D30+SIGMA28-80mm(f3.5-5.6), f5.6, 1/30s(絞り優先) マシュマロをもらった。そして今それを見て、多くの人が口にするであろう感想を私も何の工夫もなく言った。「あ、なつかしいね」。私がもう少し気の利いた人間だったら、「なっつかしいですねっ!」と、とんねるずの往年のギャグで喜びを表現したのだろうけど、しまったと思ったのは家に帰ってきた後だった。もう遅いのや(明石家さんま)。 マシュマロを最後に...

  •  4
  •  0

光と影を追い求めた彼らの想いは私たちにも受け継がれてる

Canon EOS D30+EF75-300mm(f4-5.6), f5.6, 1/180s(絞り優先) 今日の夕焼け描き担当者はレンブラントかドラクロワか、それともルーベンスだろうか。とてもドラマチックな夕焼け空だった。 刻々と移り変わっていく空の表情の、ある一部分の一瞬にドラマがある。真実が現実の中の瞬間的な一点にだけ存在するように。 そのシーンに居合わせることができて今日の私は幸運だった。ほら、いいの描いてやったから写真でも撮りな、とい...

  •  6
  •  0

100匹の黒猫の中から自分の黒猫を見つけられるだろうか?

Canon EOS D30+EF75-300mm(f4-5.6), f4.5, 1/10s(絞り優先) 最近家の中でも寒さが身に染みるのか、アイは少しでも暖かい場所を探してあちこちをうろついている。ストーブをつければストーブの前に、消えると押し入れの中へ、テレビがついたりして騒がしくなると起き出してきてテレビの上に、PCが暖まってくるとPCの上に、といった感じで。 しかし、テレビの上はやめて欲しいぞ。テレビを見てるこちらをじっと見つめられるとテ...

  •  2
  •  0

世界地理博士太郎への遠い道のり 2005年12月6日(月)

Canon EOS D30+EF75-300mm(f4-5.6), f4.5, 1/10s(絞り優先) 世界地図の中心に自国を置くというのはどうなんだろう。なんだか自己中心的で恥ずかしいな、と昔からずっと思っていた。 しかし最近になって知ったのだった、それは世界中どこでもやってる世界の常識だということを。そうだったのか。だから戦争が起こるのね。悲しいけどこれ、戦争なのよね、とスレッガー・ロウ中尉のセリフをつぶやいてしまったよ。 こんなことし...

  •  4
  •  0

もしカラスが青色だったら人気者になれたのかな

Canon EOS D30+TAMRON 28-80mm(f3.5-5.6), f5.6, 1/125s(絞り優先) 曇天の冬空にはカラスがよく似合う。 カラスといえば近年不吉なイメージがすっかり定着してしまっているけど、古来日本では吉兆を示す鳥だった。神武天皇が戦に出たとき、3本足のカラス「八咫烏(やたがらす)」が松明をくわえて導いたという伝説があって、それ以来カラスは神聖な鳥として親しまれてきた。日本サッカー協会JFAのシンボルマークが三本足のカラ...

  •  0
  •  0

アドゴニーとケンタロウに感謝、感謝、感謝((c)黒板五郎)

Canon EOS D30+TAMRON 28-80mm(f3.5-5.6), f4.5, 1/30s(絞り優先) 今日のサンデー料理のテーマは「アドゴニー」。 といっても分からない人には何のことかさっぱりだろう。簡単に説明すると、そういう名前の外国人タレントがいて、「いきなり黄金伝説」の中でカツオの仲間を釣り上げてその場で料理してたのが美味しそうだったので、ぜひそれを作ってみようということだったのだ。「いきなり黄金伝説」ってのはココリコが司会を...

  •  5
  •  0

沖縄ちんすこうから始まる全国銘菓の旅---序章

Canon EOS D30+SIGMA28-80mm(f3.5-5.6), f5.6, 1/15s(絞り優先) 沖縄銘菓ちんすこう。いきなり下ネタかよ! いやいや、誰もそんなこと言ってないですって。え? ホント? そりゃ失敬、失敬。 初めて食べた「沖縄ちんすこう」はクッキーの味がした。クッキーだよな、これ。森永とかのパッケージに入っていても、そのまま普通に見過ごしてしまうというか食べ過ごしてしまうだろう。くれた人に美味しかったかと訊かれると返答...

  •  0
  •  1

カモがいない池なんてクリープを入れないコーヒーみたいさ

Canon EOS D30+EF75-300mm(f4-5.6), f4.5, 1/90s(絞り優先) 紅葉が逃げていくのを追いかけることができない。あきらめきれないけど、今年はもう半分あきらめた。桜の場合なら出遅れても寒い地方へ行くという手があるけど、紅葉の場合はそうもいかない。今日も近所の猪高緑地を30分ほどうろついたところで時間切れになってしまった。 紅葉よ、もうしばらく私を待っておくれでないかい。 写真は猪高緑地の中では一番大きな塚ノ...

  •  0
  •  0