archive: 2005年11月  1/1

24時間働き続けるビジネスマン、もう5時から男とは言わない

Canon EOS D30+EF75-300mm(f4-5.6), f5.6, 1/500s(絞り優先) 今日こそ5時から男の太陽を捕まえてやろうと思ったのに、おい、ちょっと待っ---と声をかけたときには、ドアを出る背中がわずかに見えただけだった、みたいな。やられた、今日も捕まえ損なった。 けど、やつは怠けたり遊んだりするために急いで帰ってるわけじゃない。すぐに反対側の世界で朝陽として仕事を始めなくちゃいけないのだから、責めるわけにもいくまい。こ...

  •  2
  •  0

太陽に残業を頼もうと思ったらもう帰ったあとだった

Canon EOS D30+TAMRON 28-80mm(f3.5-5.6), f4.5, 1/180s(絞り優先) 秋の太陽は逃げ足が速い。まるで「5時から男」のように。さっきまで見えていた太陽も、信号待ちひとつの間に姿を消してしまう。 用事を済ませて牧野ヶ池の駐車場に着いたのが4時50分。日が沈んでからすでに10分が経ち、あたりは薄暗くなり始めていた。今日も太陽に逃げられたか。 紅葉と鳥を撮りたかったのだけど、こうなってしまうと手ぶれ補正のない暗いレ...

  •  4
  •  0

はじめてのトルコ料理でイスタンブールまでは届かず

Canon EOS D30+TAMRON 28-80mm(f3.5-5.6), f3.5, 1/60s(絞り優先) 飛んでイスタンブール~♪ と陽気に歌いながら作るほどの余裕はまったくなかったトルコ料理。作ったことはもちろん、食べたことも見たことさえないトルキッシュ。トルコニャン? トルコン? トルコナー? フレンチやイタリアンにあたる言葉が見あたらない。 それはともかく、まったく未知の料理ということで、作る前から不安一杯の私。こんなに前の日から不...

  •  2
  •  1

来年こそ野草は全部まるっとお見通しだと言える年に

Canon EOS D30+SIGMA28-80mm(f3.5-5.6), f5.6, 0.5s(絞り優先/三脚) 道に落ちていたので拾って持ち帰ってきた赤い実。 正体は不明。調べたけど判別できなかった。ナナカマドかなとも思ったけど違う気もする。赤い実はたくさんあって難しい。 センリョウ、マンリョウ、ナンテン、トキワサンザシ、アオキ、シロダモ、ウメモドキ、などなど。この秋も木に咲く花や成る実についての勉強はあまり進まなかった。特に実は分からない...

  •  2
  •  0

暖かい日本の冬にようこそ、コガモくんたち

Canon EOS D30+EF75-300mm(f4-5.6), f5.6, 1/20s(絞り優先) 季節は冬。近所の矢田川にもたくさん渡り鳥の姿が見られるようになった。 これはコガモのカップル。手前がオスで、奥がメス。 ん? でもなんか衣装が違うような? 頭の茶色と深緑のツートンからしてコガモであることは間違いないと思うんだけど、体はこんな色と模様だったかな。灰色で黒と白の横線が入ってるのがコガモの正装のはずだ。こいつは茶色のまだらで線...

  •  2
  •  0

日本は年がら年中年中行事で楽しいことだらけ

Canon EOS D30+SIGMA28-80mm(f3.5-5.6), f5.6, 0.7s(絞り優先/三脚) 生きているんだかいないんだか判断に悩む、去年買った苔玉。 おーい、生きてますかぁ? 買ってからほどなくして緑色から茶色に様変わりして、以来ずっとこんな感じが続いている。ときどき気まぐれに水をやったりしてるけど、さっぱり変化がないからまるで張り合いがない。これはやはり枯れてしまったと判断すべきか。 苔玉からニョキッと出てる葉っぱは、...

  •  2
  •  1

女ハンター・アイも冬はストーブの前で伸びるばかり

Canon EOS D30+SIGMA28-80mm(f3.5-5.6), f4.0, 1/10s(絞り優先) 勤労感謝の一日、勤労とも感謝とも無縁のアイは電気ストーブの前で伸びるばかり。この至近距離で暑くないのか? 川原でノラ生活を送っていたアイが私のところへやって来たのが2003年1月始めだったから、そろそろつき合いも3年近くになる。来たばかりの頃はやせ細ったチビだったのに、今では筋肉もりもり女となってしまった。水野裕子みたい。 毎日7階と1階を3往...

  •  6
  •  0

ゲッゲッゲゲゲのゲと20万の大合唱が聞こえたら

Canon EOS D30+EF75-300mm(f4-5.6), f5.6, 1/60s(絞り優先) 平和公園もそろそろ秋色に染まった頃だろうと、最近買った望遠レンズを付けて行ってみた。鳥も撮れるといいなと期待して。 しかし、紅葉も鳥も不調に終わった。鳥はカラスしか見あたらず、紅葉もパッとしない。ハッとしてグーとはいかなかった。 平和公園というのは、名古屋にある一大墓地公園だ。かなり広い敷地の中にたくさんの墓地が立ち並んでいる。 総面積147...

  •  0
  •  0

ゼウスが怒ったのも無理はないけどプロメテウスよありがとう

Canon EOS D30+SIGMA28-80mm(f3.5-5.6), f4.0, 1/60s(絞り優先) 郵便局の前で風にはためく「放火に注意」の旗。これを見てちょっと笑ってしまった。笑い事じゃないけど。「火の用心」から一歩踏み込んだ呼びかけ。しかし、放火に注意と言われても具体的に何をどうすればよいのやら考えてしまう。放火犯に注意なら分かる。放火魔にご用心とかでも。毎日寝ずの番をするわけにもいかないし弱ったな。 家の前に燃えやすいものを置...

  •  0
  •  0

どんぶりもの作りでジタバタ大騒ぎの日曜の夕方

Canon EOS D30+SIGMA28-80mm(f3.5-5.6), f4.0, 1/20s(絞り優先) 本日のサンデー料理はどんぶり。なんだどんぶりかよ、早くも手抜きじゃん、とヤジが聞こえた気がしたのは空耳だろうか。今日はちょっと時間がなかったというか、イメージがわかなかったというか、頭が痛いよぅ兄さん((c)武田真治)的な言い訳をしつつ、でもけっこう手間がかかってるんです、これ。見た目以上に。 今日のテーマは、「レシピにおんぶにだっこに肩...

  •  0
  •  0

人と共に生まれ人と共に消える染井吉野は今、天に向かって赤

Canon EOS D30+SIGMA28-80mm(f3.5-5.6), f5.6, 1/350s(絞り優先)「次の休みは桜並木の紅葉を見に行こうか」「うん、そうだね、そろそろきれいに染まった頃だろうね」 そんな会話、聞いたことがないし、自分がしたこともない。でも桜並木は今、この通りきれいに赤く染まっているのだ。 桜も紅葉するということは知られているけど、桜の紅葉見物が一般的でないのには理由がある。桜の葉っぱは表面だけが赤くきれいに色づいて、裏...

  •  2
  •  0

インスタントラーメンの個人的歴史---そしてカップヌードルが残った

Canon EOS D30+SIGMA28-80mm(f3.5-5.6), f5.6, 1/4s(絞り優先/三脚) 夏の間はほとんど食べなかったインスタントラーメンがふいに食べたくなったのは、それだけ寒くなったということだろう。久しぶりに何を食べようかと考えたとき、チキンラーメンのことを思い出した。それでいこう。基本に立ち返ることは大切なことだ。 しかし、どうやら返るべき基本点を間違えたようだ。歴史の勉強をしようとして、小学一年生の社会科の教科...

  •  2
  •  1

天の空描き担当者は今日もいい仕事してますね

Canon EOS D30+SIGMA28-80mm(f3.5-5.6), f8, 1/500s(絞り優先) 天には天才、異才、鬼才の画家がたくさんいるから、空を描く担当者に事欠くことはないだろう。朝焼け、夕焼け、星空、曇りに雨に嵐に雷。なんでもこいだ。使える絵の具が4色、5色しかなくても、彼らの手にかかれば、日々違う表情となって私たちを楽しませてくれる。 ダ・ヴィンチにゴッホにモネ、ルノワールにピカソにシャガール。ダリにモディリアーニにロートレ...

  •  0
  •  0

月を見上げて心の中で語りかける。誰かいますか?

Canon EOS D30+EF35-135mm(f3.5-4.5), f4.5, 0.5s(絞り優先/三脚) 空を見上げれば、満月と火星のランデヴー。おっ、近い。 ん? ランデヴーはもう死語だって? そういえば最近あんまり聞かないな。そいつは私もシャッポを脱ぐしかあるまいて(これはもっと聞かないぞ)。 火星のことはこの前書いたから今日は月のことを少し。 月は昔から人類との関わりが深く、特に日本人は月が大好きだ。親しみを込めてお月さんと呼ぶの...

  •  4
  •  0

名古屋の中心はやっぱり栄交差点だて

Canon EOS650(フィルム)+EF35-135mm(f3.5-4.5) 名古屋の中心は昔も今もここ栄の「栄」交差点だ。名駅(メイエキ、名古屋駅のこと)じゃない。 異論はあるだろうけど、まあここにしとこまいということで一応名古屋人の間では意見がまとまるんじゃないだろうか。 市内の東のはずれに住んでる私にとって、名古屋城から南へ下ったこの方角のこの場所が間違いなく名古屋の中心となる。 左斜めにあるのが最も象徴的な栄三越。左後...

  •  2
  •  0

この冬あなたを華麗に彩る魅惑のウォームビズ提案

Canon EOS650(フィルム)+EF35-135mm(f3.5-4.5) はるか大昔からある(ような気がする)町のジーンズショップ。ずっと以前、気まぐれに2度か3度入ったことがあるような記憶があるけど、たぶん買ったことはない。 少し前通りかかったとき、店内を見ると一家総出で黄色い紙に何か書いてるような様子があったので気になっていた。どうやらこれを一所懸命書いていたようだ。 閉店セール。それが派手であればあるほど、そのやけっぱ...

  •  2
  •  1

グリーン、グリ~ン、食卓に~は~緑が並~び~♪

Canon EOS D30+SIGMA28-80mm(f3.5-5.6)+C-PL, f4.5, 1/8s(絞り優先) アナン事務総長も真っ緑になるようなビックリ料理を作るはずが、なんだか半端な色になってしまった。皿の選択もちょっと間違えた。一貫性がなさすぎる。そもそも、真っ緑なんて言葉もないし。 でもなんで緑は真っ緑と言わないんだ? 真っ青も真っ赤も、真っ黄色や真っ茶色だってあるのに。マッダイダイや、マッムサラキがないのは納得できるけど、マッミド...

  •  0
  •  0

デザイン今昔物語---自販機編

Canon EOS D30+SIGMA28-80mm(f3.5-5.6), f4.5, 1/60s(絞り優先) 何年か前、はじめてこの自販機を見たとき、「おっ、賢い!」と心の中で喝采を浴びせた。何が賢いかって、この頭でっかちのデザインだ。 この自販機について誰かと語り合ったことがないので人がどう感じているのかは分からないのだけど、私はこれを見てなんだか妙に感心してしまったのだ。自販機が長方形じゃない、その一点に置いて。 誰も思いつかなかったもの...

  •  0
  •  0

町の川の小さなドラマと思い出の話

Canon EOS D30+SIGMA28-80mm(f3.5-5.6), f5.6, 1/90s(絞り優先) ふらりと川原へおりてみると、そこにはいろんな人がや生き物を見ることができる。写真のように、MBXでパフォーマンスの練習をする少年、ベビーカーの小さい子供に話しかける若いお母さん、カメラを持ってうろつく男(私のこと)、泳ぐカモに飛ぶコサギ。他にも、学校の部活でランニングさせられてる学生、サッカー練習の親子、歩くおじさんに走るおじさんに寝るお...

  •  0
  •  0

路地裏のオヤジに憧れた少年は遠くへ行けず19のままさ

Canon EOS650(フィルム)+EF35-135mm(f3.5-4.5) 路地裏のアンティークショップ。絵にはなるが金にはならない、などというと店主に叱られそうだ。 店に入って何か買っていれば堂々と写真も撮れたのだろうけど、店に入ってさえいないので、ちょっとこそこそしながら離れたところから一枚だけ撮らせてもらった。 今も浮世離れしているところのある私だけど、若い頃は今よりもっとその傾向が強くて、こういう店を持つことに憧れを...

  •  1
  •  0

ふたりの距離感が描くドラマ---妄想編

Canon EOS D30+SIGMA28-80mm(f3.5-5.6), f4.5, 1/45s(絞り優先) 草刈り作業中の女の子とそれを厳しい目で見守る鬼監視員。 ……ではない、と思う。 この瞬間だけ見るとそう見えないことはないけど、実際はアヒルとたわむれる女の子とその彼のさわやかカップルだった(たぶん)。 関係性ってのはふたりの距離感だ。単純に言うと近ければ近いほど親しいと言える。 人間は誰もがボディ・ゾーンとかパーソナル・スペースと言われ...

  •  0
  •  0

名古屋人もあまり知らない名古屋第6のタワー

Canon EOS650(フィルム)+EF35-135mm(f3.5-4.5) 名古屋っ子たるもの、市内にあるタワーは全部言えてしかるべきだが、あなたはいくつ知ってるだろうか? 非名古屋人だと1つか2つ、名古屋人で4つか5つといったところか。セントラルタワーズ、テレビ塔、東山スカイタワー、ここまではメジャーなところ。更に続けて、名古屋港ポートビルと平和公園のアクアタワーまで言えれば上出来だ。 しかし、写真のこれはどうだろう? 名古屋...

  •  2
  •  0

銀の塩で味付けしたツタの這う甲子園的住居

Canon EOS650(フィルム)+EF35-135mm(f3.5-4.5) この住居に住む人が阪神ファンかどうかは知らないけど、「ひとり甲子園住居」と勝手に名付け、観賞させてもらっている。ついでに写真まで撮ってしまった。葉っぱが赤く色づいてきて更にいい感じ。秋も少しずつ深まってきているようだ。 秋深し 隣は何を する人ぞ という忍者バショウくんの句が思い出される。 甲子園といえば、大々的な改修工事をすると発表があった。今年の...

  •  0
  •  1

小さくまとまりすぎた島国根性的な和の料理

Canon EOS D30+SIGMA28-80mm(f3.5-5.6), f3.5, 1/20s(絞り優先) クッキング・サンデーがやって来た。ヤァ、ヤァ、ヤァ。 しかし、今回は直前までメニューが決まらず、身の丈2メートル級の料理を作るはずが、先週の身の丈に合った料理を下回る1メートル65センチ級になってしまったのだった。あれ? 背縮んだ? と昔の友達に言われたみたいな。まだ腰曲がるほど歳食っちゃいねえぞ。 今日は料理は3品。「鮭とネギの土鍋ご飯」...

  •  2
  •  0

コケを愛でるコケ野郎をコケにしないで

OLYMPUS E-10+C-PL, f2.4, 1/10s(絞り優先) 借りてる月極駐車場の片隅に出現した天然のコケ庭。天龍寺の庭をつくった夢窓国師もびっくり。 するかどうかはともかく、私を感心させるには充分だった。こりゃいいや。秋のタンポポが彩りを添え、チョロチョロ生えてる小さな草と、シュシュッと縦に伸びてる猫草みたいなやつがアクセントをつけている。アスファルトの上に天然に出来たコケ庭としては上出来だろう。 去年、野草に関...

  •  2
  •  0

火星に火星人はいないけど私は火星人

Canon EOS D30+SIGMA28-80mm(f3.5-5.6), f5.6, 0.5s(絞り優先/三脚) 台所の小窓から見えた火星人。 いやいや、火星人は見えないだろう。見えたのは火星だ。 夕方7時をすぎた頃、東の空を見上げると赤く光る星が見える。これが今地球に接近している火星だ。 接近といってもこっちに向かって突っ込んできてるわけではないので安心して欲しい(誰もそんなこと心配してないって?)。えーと、ややこしいことは私もよく分かってな...

  •  0
  •  0

ツチノコを見つけるより嬉しかったDJ・1との再会

Canon EOS D30+SIGMA28-80mm(f3.5-5.6), f4.5, 1/10s(絞り優先) うひょ、っと奇声を発するほど驚いた。 DJ・1の黒黄ツートンじゃないか。なつかしいなぁ。見たの何年ぶりだろう。「なつかし処 昭和食堂」の裏手に置かれた昭和のなつかしいスクーター。シチュエーションがまたよかった。ひとりで勝手に盛り上がって喜ぶ私。 実はこれとまったく同じものを私も乗っていたのだ。自動車の免許を取った大学一年18歳の春、車は高く...

  •  2
  •  0

後付け螺旋階段があるマンションについての楽しい想像

Canon EOS D30+SIGMA28-80mm(f3.5-5.6), f4.0, 1/8s(絞り優先) 螺旋階段という言葉の響きに不思議な親しみやトキメキを覚えるのは、遺伝子の形が二重螺旋構造をしているのと関係あるのかないのか? それはないだろうと思いつつ、意外とあったりするのかもしれないとも思ったりもする。 それはともかくとして、螺旋階段に関しては昔からちょっと気になっていた。そして見つけたのが写真のこれ(自転車のおばさま、入ってます、...

  •  2
  •  0

部屋中にカマキリの子供を散らした思い出

Canon EOS D30+EF35-135mm(f3.5-4.5), f4.5, 1/30s(絞り優先)「カマキリの子を散らすように」という言葉がないのはちょっと残念だ。「蜘蛛の子を散らすように」という言葉はあるのに。 あなたはカマキリの子を散らしたことがあるだろうか? 私はある。小学校の時。 近所の空き地から持ち帰ったカマキリの卵を、味付けのりが入っていたプラスチック・ケースに入れたまま忘れていたら、ある日、中でものすごい数のチビカマキリ...

  •  2
  •  0

カップルの甘い囁きを切り裂く安いシャッター音

Canon EOS D30+EF35-135mm(f3.5-4.5), f3.5, 0.3s(絞り優先) 夕陽を追いかけていたら逃げられた。西の空が広がる河原へ出てみたけど、もう姿は見えず、それならもっと高いところへ登るしかない、ということで久しぶりに尾張旭のスカイワードあさひへ行ってみた。 でも、ここでももう太陽を捉えることはできなかった。残念無念また来週(これ前も言ったなぁ)。 ただ、その代わりに思いがけず夜景が広がっていたので喜んだ。夕...

  •  4
  •  0