カテゴリ:その他

記事一覧
  • 続・自分に合うボールペンを探しています

     以前、自分に合うボールペンを探しているという記事を書いた。 自分に合うボールペンを探しています 第1弾(2020年3月18日記事) 第2弾をやらないといけないと思いつつ面倒で先送りしていたら1年以上経ってしまった。 今日はちょっと時間があったので、重い腰を上げて続編をやりたいと思う。 一年の間に実はそれほどボールペンの本数は増えていない。というのも、もう決定打ともいうべきボールペンが見つかってしまったので...

    2021/04/16

    その他

  • 映画『ステップ』は自分のもうひとつの物語

     何日か前にWOWOWで放映した『ステップ』(2020年公開)をなんとなく録画しておいて軽い気持ちで観始めたら、これはいけないと、20分くらいでいったん中断した。 それから3日ほど間を空けて再開したのだけど、やっぱりこれはいけなかった。完全にやられてしまった。≪あらすじ≫ 妻を亡くした30歳の健一(山田孝之)に、妻の両親が幼い娘・美紀を引き取ろうと提案するが、健一は自分で育てることを決断。亡き妻との思い出のある家...

    2021/04/01

    その他

  • ブラウザ(Chrome)だけがプチフリーズする要因を特定した話

     ここ2週間くらい、メインで使っているPC(DELLのデスクトップ)が不調に陥ってしまってずっと悩まされていた。 使っているブラウザのChrome(クローム)を見ていると固まるという症状で、これが今まで経験したことがないちょっと不思議な現象だった。 いわゆるプチリーズというやつで、固まって数分すると元に戻って、またしばらくすると固まるという繰り返し。 不思議なのは、Windows全体がフリーズするのではなく、ブラウザ...

    2021/02/15

    その他

  • タモリという芸人

     タモリというと、今や司会者とか「ブラタモリ」でうんちくを披露するおじさんといったイメージが定着しているけど、もともとはとても芸人らしい芸人だった。今やその姿を覚えている人は少ないかもしれない。 この前、たまたまYouTubeを見ているとき、タモリのものまね動画に当たって見てみたら久々に爆笑した。そうそう、タモリって本当はこうだったよなと思い出した。 芸人タモリの本質はくだらなさと悪ふざけにあって、それ...

    2020/12/10

    その他

  • ホーム
  • 次 ›

続・自分に合うボールペンを探しています

その他
ボールペン集合写真

 以前、自分に合うボールペンを探しているという記事を書いた。

 自分に合うボールペンを探しています 第1弾(2020年3月18日記事)

 第2弾をやらないといけないと思いつつ面倒で先送りしていたら1年以上経ってしまった。
 今日はちょっと時間があったので、重い腰を上げて続編をやりたいと思う。

 一年の間に実はそれほどボールペンの本数は増えていない。というのも、もう決定打ともいうべきボールペンが見つかってしまったので、それ以上必要なくなったからだ。
 探せばまだまだいいボールペンはあるのだろうけど、人間、一度満足してしまうとそれ以上求めるのはおっくうになってしまうものだ。
 結論から言うと、ゲルインク系ならパイロットのハイテックC C04、水性なら三菱鉛筆のユニボールエア、油性はゼブラのジムノックUKが私の好み、ということになる。
 ただしこれは、はっきり偏った好みだということをあらかじめお断りしておきたい。ネット上のボールペンおすすめサイトなどを読むと、一般的に評価が高いボールペンは私の好みではなく、評価が低いものが好きだったりするので、たぶんそうなのだと思う。
 書き味に関しては特に個人の好みの差が大きいので、万人向けの絶対的なボールペンというものはないのかもしれない。
 前回も書いたように私は筆圧が弱いので、筆圧の強弱による好みの違いというのもあると思う。
 以上のことを言い訳のようにして踏まえつつ、前回から増えた分のボールペンを紹介します。



ボールペン字

 今回使ったノートは無印良品の「裏うつりしにくいダブルリングノート」で、素材はよく分からないのだけど植林木ペーパーとある。高級な紙ではなく、それほどツルツルではない。ツルツルの高級紙はかえって書きづらいから私はこれくらの方が合っている。値段もB5・48枚で120円と安い。



ボールペン字

 《パイロット ハイテックC C04 0.4mm》

 このボールペンは他のボールペンとはかなり書き味に違いがある。それは最初のひと文字で分かる。一瞬で好きになるか嫌いかが分かれるのではないかと思う。
 とてもシャープで繊細で力強い。シャープペンシルに近い感覚という言い方もできるだろうか。
 私はこれくらい引っかかり感がある方が好きで、ツルツル滑るボールペンは好きではない。
 どんな角度で書いてもまずかすれないところも気に入っている。かすれが発生するボールペンは、いちいちイラッとするから、それがないのが嬉しい。
 好みにはまれば唯一無二のボールペンになるから一度試してみることをおすすめしたい。
 ちなみに、某サイトの評価は5点満点の2点だった。

 174円 ヨドバシ



ボールペン字

 《サクラクレパス ボールサインノック 04 0.4mm》

 個人的にハイテックCの対抗馬で、方向性は違うのだけど甲乙つけがたい。ハイテックCに疲れたときはこちらを選びたい。
 ハイテックCと比べるとまろやかで書き疲れしない。引っかかりすぎず、滑りすぎることもない。かすれもまず発生しない。
 本体が細身で持つ部分が太くなっているという変わったデザインになっている。最初は不格好と思ったのだけど、使っているうちになじんだ。これはこれで理にかなっている。
 あまり期待していなかったので意外といいなという評価だったのが、今ではとてもいいと感じている。
 どれくらいメジャーな存在なのかは知らないけど、誰にでもおすすめできる安心感がある。

 147円 ヨドバシ



ボールペン字

 《三菱鉛筆 ユニボールプロテック 0.5mm》

 書き味は悪くなく、いいボールペンだと思う。ただ、残念なことにかすれやすいという欠点がある。筆圧の弱い私は特にそうで、かすれさえなければもっと好きになっていた。
 でも、かすれるから駄目と見切るのは惜しいボールペンで、ときどき使いたくなる。そしてそのたびに、かすれさえなければなと思う。
 ノック式とキャップ式ではノック式の方が圧倒的に使い勝手がいいのだけど、ノック式は技術的に難しい部分があるようで、キャップ式の方がいい出来のボールペンが多いように感じる。

 130円 ヨドバシ



ボールペン字

 《パイロット ハイテックCスリムノック 04 0.4mm》

 ハイテックCが大のお気に入りになったので、その姉妹版ともいえるハイテックCスリムを買ってみたら、全然違うボールペンだった。
 まず本体が細身ですごく小さい。
 書き味もかなり違っていて、同じ名前を冠したボールペンとは思えないほどだ。
 こちらは引っかかり具合があまり好ましくない。言葉では説明しづらいのだけど、明らかに好みではない。
 キャップ式のハイテックCとノック式のスリムとではボールペンとしての構造が違うので書き味が違ってくるのは当然だ。
 それに小さいので持ちづらいというのもある。メモ帳などに挟んで持ち歩くには適しているから、そういう用途のためのものかもしれない。そう割り切れば悪い製品ではない。

 185円 ヨドバシ



ボールペン字

 《三菱鉛筆 ユニボールシグノRT1 極細 0.28mm》

 芯は0.5mm、0.38mm、0.28mmの3種類あって、どうせなら特徴の強い0.28mmにしてみようということで選んだ。
 しかしこれはかなりクセが強くて人と用途を選ぶボールペンだ。
 クギで引っ掻いているようなザラザラ感というかガリガリ感がある。
 滑りは悪くないし良すぎるということもないし、かすれもないのだけど、私はこの書き味は好きではない。字を書いていて気持ちよくない。
 素直に0.5mmにしておけばまた違った感想になったのだろうけど、こういうものもある意味では一期一会なので、第一印象がすべてでもある。

 151円 ヨドバシ



ボールペン字

 《無印良品 さらさら描けるゲルインキボールペン ノック式 0.5mm》

 一部評価が高いボールペンだけど、私は気に入らなかった。
 引っかかりの少ないツルツル系で、よくかすれが発生する。このかすれ多発は致命的だ。
 インクは濃くてはっきりしているから、筆圧が強い人にとっては好ましく感じられるかもしれない。

 90円 無印良品



ボールペン字

 《三菱鉛筆 ユニボールシグノ UMN-307 0.38mm》

 これもツルツルなめらか系で、個人的にはあまり好みではない。滑りのいいボールペンで上手く書くのは難しいのがその理由だ。
 私が好みか好みではないかを判断する基準は、滑りがいいか悪いかではなく、引っかかり具合がいいか悪いかという点だ。
 気持ちのいい引っかかり具合というのが確かにあって、ノートとの相性ということもあるのだけど、この感覚は人に伝えるのは難しい。
 滑りがいいからいいボールペンというわけではないということをメーカーには言いたい。

 168円 ヨドバシ



ボールペン字

 《ぺんてる エナージェル インクフリー 0.4mm》

 非常に評価の高いボールペンで、人気投票では上位に来ることが多い。
 これまで紹介してきた中ではもっとも重量があって、外観も高級感がある。
 このボールペンを気に入る人の気持ちは分かるし、マイベスト・ボールペンとして愛用している人が多いだろうことも理解できる。
 しかし、優秀さゆえに面白みに欠けるというのが私の個人的な感覚だ。
 滑りが良すぎるのが苦手ということもあるのだけど、書き味としても、持った感覚としても、書くという行為としても、どこか引っかかりがない。気持ちにフックしないというか、愛着を持てない。
 結果として使う機会がほとんどないボールペンという位置づけとなってしまっている。
 このボールペンのファンの人にはすみませんと謝っておきます。

 196円 ヨドバシ



ボールペン字

 《三菱鉛筆 ユニボールエア 0.5mm》

 水性ボールペンは長らく愛用してきたパイロットのVコーンで決まりだと思っていたのだけど、このボールペンがそれを上回ってマイベストとなった。Vコーンとはだいぶ方向性が違うのだけど。
 とにかく丁寧に書ける。というか、丁寧に書きたいと思わせるボールペンで、自分の字が2割増しに上手くなったような気がする。少なくとも、自分のポテンシャルの100%を出せるボールペンだと思っている。このペンで書く以上の字を自分は書けない。
 走り書きでも滑りすぎることはないしかすれも発生しないのだけど、やはりこのペンではゆっくり丁寧に書きたい。それでこそ持ち味が発揮される。
 ノートの裏写りが難点ではあるものの、他の水性ボールペンに比べるとそれほどでもないので、ノートでも使える。
 と、個人的には大絶賛のこのボールペンも、人によって評価が割れるようで、駄目な人は駄目らしい。

 172円 ヨドバシ



ボールペン字

 《オート 筆ボールペン 超極太 1.5mm》

 超極太の名前が示すように1.5mmと太字を書くための水性顔料インクのボールペンだ。
 細い字はまず書けない。筆ボールペンとあるように筆のような字をボールペンで書くというコンセプトなのだろうけど、筆文字とはまったく違う独特のものだ。
 ツルツル感というよりヌルヌル感で、書き味も独特だ。線の強弱はあまりつけられない。
 おそらく宛名書きのようなときに使うためのボールペンという位置づけなのだろう。
 ノートで使うと裏写りが激しすぎて裏面を書くときに影響が出る。
 なかなか面白い存在で、気分を変えたいときにけっこう使っている。

 151円 ヨドバシ



 ヨドバシのネットで買えるものはヨドバシのリンクを張っておいた。ヨドバシはボールペン1本でも送料無料で買えるのがありがたい。
 Amazonが送料有料になってしまって以来、ヨドバシで買う機会が増えた。ポイント分を割り引きと考えるとほぼすべての商品はAmazonよりもヨドバシの方が安い。

 第1弾のときにシリーズ化するかもしれないけど書いたけど、どうやら今回の第2弾で終わりのようだ。
 2、3年して手持ちのボールペンが増えたら、そのときまたやることにしよう。
 今回紹介したものもすべて200円以下なので、気軽に試せると思う。ボールペン探しは楽しいので、ぜひやってみて、自分の好きなボールペンと出会ってください。
 他人の評価など何の役にも立たないことが自分で試してみるとよく分かる。自分の好みは自分にしか分からない。なので、この記事もあまり役に立たないということになる。
 勝手に発表シリーズと同じと思って読んでいただければいいかなと。
 
 

映画『ステップ』は自分のもうひとつの物語

その他


 何日か前にWOWOWで放映した『ステップ』(2020年公開)をなんとなく録画しておいて軽い気持ちで観始めたら、これはいけないと、20分くらいでいったん中断した。
 それから3日ほど間を空けて再開したのだけど、やっぱりこれはいけなかった。完全にやられてしまった。

≪あらすじ≫
 妻を亡くした30歳の健一(山田孝之)に、妻の両親が幼い娘・美紀を引き取ろうと提案するが、健一は自分で育てることを決断。亡き妻との思い出のある家で、育児に励む日々が始まる。健一はシングルファーザーとしてさまざまな壁にぶつかりながら、子育てに奮闘する。

 あらすじだけ読むと、自分とはまったく立場の違う人物を主人公とした作品で共感する要素はほとんどないように思うのだけど、映画を観るとどういうわけか我が事のように思えてしまう。身につまされるという表現は少し違うけど、そうであったかもしれないもうひとつの人生を疑似体験しているような感覚に陥る。
 シングルファーザー目線というだけでなく、ときに娘の気持ちに思いをはせ、義理の両親との関係や再婚相手のことでこちらも悩んでしまったりする。
 それぞれの年代を演じた3人の娘役の子はどの子もかわいくて上手だった。自分が父親だったら毎日幸せを感じるだろうなと想像しつつ、もちろん日々は楽しいことばかりではなく、親としても子供としてもすべてが思い通りにいくわけではない。
 はっきり言うと、これは楽しいお話ではない。必ずしも幸せな気持ちになるわけでもないし、感動したという言い回しも違うと思う。
 それでも、観終わってから世界の見え方が少し変わっていることに気づく。観る前よりも優しい気持ちになれた。
 人と人とのつながりが希薄になっている今だからこそ胸にしみる。
 そして、ずしんとこたえる。

 原作(2009年)は重松清。
 重松清は縁がなくて、これまで作品を読んだことがない。泣ける小説という評判を見聞きして意識的に遠ざけていたところもある。
 ドラマの『流星ワゴン』はよかったから、食わず嫌いだけともいえる。
 今回でだいぶ認識も変わったから、これからはもう少しドラマや映画を意識的に追いかけてもよさそうだ。
 監督は飯塚健。
 こちらもこれまで縁がなくて作品はたぶん観ていないと思う。
『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』や『虹色デイズ』などの作品は聞いたことがあるような気がするけど観ようとは思わなかった。
 山田孝之についてはドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』がとてもよかった印象が残っているものの、その後、おかしな方向へ行ってしまった感じがして遠ざかっていた。
 本来はこうした”普通”の青年や男性役ができる役者に違いない。
 子役3人の中では小学校低学年を演じた白鳥玉季が特に印象に残った。
 ドラマ『テセウスの船』に出ていたあの子ということを後から知って、なるほどと思った。
 後に再婚相手となる(ネタバレです)広末涼子はどうかなと思ったのだけど悪くなかった。
 それと、義理の父親役の國村隼が抜群だった。実の父親ではなく義理の父親という距離感の演じ方はさすがだ。
 少しだけ残念に思ったのは、主題歌にせっかく秦基博を起用したのに、楽曲の『在る』の出来がもうひとつだった点だ。
 秦くんは多くの名曲を作っているから、もっといいのができたんじゃないかと思った。たとえば映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌の『ひまわりの約束』とか。

 この映画は泣かせることを目的としたお涙ちょうだいではない。登場人物たちの心情を丁寧に描くことで観る者が勝手に感情移入して泣くだけだ。
 ときどき、こみ上げてくる感情を抑えきれない。
 今はレンタルだけでなくネット動画など観られる手段もいろいろあるので、機会があればぜひ観てみてください。
 日本映画の底力を久々に知らしめた作品といっていいんじゃないかと思う。

 公式サイト
 
 

ブラウザ(Chrome)だけがプチフリーズする要因を特定した話

その他
 ここ2週間くらい、メインで使っているPC(DELLのデスクトップ)が不調に陥ってしまってずっと悩まされていた。
 使っているブラウザのChrome(クローム)を見ていると固まるという症状で、これが今まで経験したことがないちょっと不思議な現象だった。
 いわゆるプチリーズというやつで、固まって数分すると元に戻って、またしばらくすると固まるという繰り返し。
 不思議なのは、Windows全体がフリーズするのではなく、ブラウザだけが固まって他の作業はできるという点だ。メーラー(Thunderbird)は普通に送受信できるし、画像処理ソフト(photoshop Elements)も動く。ブラウザだけが固まってしまう。
 Edge(エッジ)も入れているのでそちらを使うと動くのだけど、少し使っているとEdgeも同じように固まる。
 そんなわけで、非常に使い勝手が悪くなって困っていた。

 まず原因がハードにあるのかソフトなのかを切り分ける必要があった。
 サブで使っているPC(Lenovoのデスクトップ)やノートPC(HP)、スマホは普通に動く。それからすると回線的な問題ではない。
 一番疑わしいのがChromeだけど、サブPCやノートPCでは問題がないからChromeだけが要因とも決めつけられなかった。
 次に疑ったのがメモリだった。しかし、エラー表示が出るとか勝手にシャットダウンしてしまうわけではなく、エラーチェックでも問題がないから、それも違う可能性が高い。一枚差しにしたり位置を変えたりしても同じようにブラウザが固まるのでメモリが原因ではないだろう。
 こうなったらWindows10の再インストールしかないということでやったみたところ、まっさらな状態でも同じ症状が出る。ここで一時は完全にお手上げ状態になってしまった。
 もちろん、この間にネットであれこれ検索して要因を探っていたのだけど、解決策は見いだせずにいた。
 キャッシュを消せとか、Chromeを再インストールしろとか、メモリ不足とか、そんなことじゃないんだよなぁと思いつつ。
 とにかくブラウザだけが固まるというのがよく分からなかった。

 この状況のままごまかしごまかし使っていたのだけど、ふとしたことがきっかけで原因を突き止めることができた。
 どういうワードで検索したか忘れたのだけど、ハードウェア アクセラレーションをオフにする、という情報に当たった。
 結果的にChromeの設定の中にある”ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する”という項目をオフにすることで、それまでのフリーズがウソのようになくなった。
 CPUが処理している画像や動画などの処理の一部をGPUにやらせてChromeの表示を速くするといった機能らしい。
 そういえば、固まるのはyahoo!のサイトを見ているときが圧倒的に多くて、それ以外ではアニメや動画を使用しているサイトがよく固まっていた。
 今のPCを使い始めて1年くらいになる。それまでずっと何もなかったのに、最近になって突然この現象が出た理由でひとつ考えられるのは、AdbeのFlashPlayerが2020年12月31日にサポートを終了して、それ以降段階的に使えなくなったことと関係があるかもしれないということだ。
 ブラウザ上でアニメや動画を動かすときにFlashPlayerは使われているから、そこで何かが引っかかった可能性がある。
 だとすると、メインPCのRADEON HD6450のGPUが要因だろうか。サブPCに使っているQuadro 600では同様の症状は出なかった。



Chrome設定画面

 Chromeの右上の「…」をクリックして、「設定(S)」を左クリック。
 左側の「詳細設定」の中にある「システム」を左クリック。
「ハードウェア アクセラレーションを使用可能な場合は使用する」の右のボタンをオフ側にする。
「再起動」のボタンが出るのでそれを左クリック(Chromeが再起動するだけ)。
 これで設定は完了だ。
 Edgeも同じように右上の「…」から設定、システムと進んで同じような項目があるのでそれをオフにする。

 いよいよ駄目ならSSDの交換か、PCの買い換えかとも考えていたので、直ってホッとした。
 この設定にしてからプチフリーズは一度も起きていない。オフにしたことで表示が遅くなったということもない。
 私と同じような症状に悩まされている人もいるんじゃないかと思うので、そういう方は一度試してみることをおすすめします。

 ※この後、一ヶ月以上、フリーズは一度も起きていない。 
 
 

タモリという芸人

その他
 タモリというと、今や司会者とか「ブラタモリ」でうんちくを披露するおじさんといったイメージが定着しているけど、もともとはとても芸人らしい芸人だった。今やその姿を覚えている人は少ないかもしれない。
 この前、たまたまYouTubeを見ているとき、タモリのものまね動画に当たって見てみたら久々に爆笑した。そうそう、タモリって本当はこうだったよなと思い出した。
 芸人タモリの本質はくだらなさと悪ふざけにあって、それを芸にまで高めて笑いを取るというスタイルだ。素人時代からそうで、地元福岡ではけっこう有名だったようだ。赤塚不二夫に見いだされて世に出たという話はよく知られている。
 本人いわく、昔の俺は江頭2:50みたいだったとか、NHKはギリギリ俺はセーフで、おすぎとピーコはギリギリアウトだったと発言している。それはまんざら大げさではない。
 今はYouTubeで昔の動画をたくさん見ることができるので、知っている人は見て懐かしむことができるし、知らない世代は新鮮に見ることができるんじゃないかと思う。
 私が見た動画をひとつ紹介しておきたい。「徹子の部屋」に出たときのタモリがやった”7カ国語バスガイド”のネタで、タモリの悪ふざけぶりがよく出ている。知らない人のために念のために言っておくと、全部デタラメにしゃべっているだけで、実際にその国の言葉をしゃべっているわけではない。特徴を捉えて本当にしゃべっているように聞こえるというのがキモだ。
「この部屋をクリアしたただ一人の芸人」というpotato miniさんのコメントが秀逸。
 徹子から爆笑を取れる人間は数少ない。



 

  • ホーム
  • 次 ›