カテゴリ:イベント(Event)

記事一覧
  • キャナルパークささしまでクリスマスイベントが開催中

     中京テレビ(web)開局50周年記念としてキャナルパークささしま パークエリア(地図)でクリスマスイベントが開催されている。 SASASHIMA XMAS LIGHTS 2019(webサイト) 開催期間は12月6日(金)から12月25日(水)まで。 時間は平日は16:00-21:00、土日は12:00-21:00。 そのイベントに出演したDenis Wilcox trioの撮影担当として参加させていただいた。 Denisたちは今日12月14日(日)と21日(土)も出演します。 出...

    2019/12/14

    イベント(Event)

  • 6年目の宵の明治村

     夏の恒例行事となった宵の明治村に今年も行ってきた。 デニスたちのステージを撮るようになって今年で6年目になる。 もう6年でもあり、まだ6年でもある。その間に小さくない変化もあった。私自身もまったく変わらないわけではない。 明治村は山の中にあって普段から天気が変わりやすいのだけど、この日も夕方は雨が降ったり止んだりで落ち着かなかった。台風接近もあって、いつもの年より入村者は少なかったようだ。 それで...

    2019/08/16

    イベント(Event)

  • 一日遅れの子供の日記念に

     昨日はサンデー料理だったので、一日遅れの鯉のぼりをお届けします。吹き流しだけど。 近年は一般家庭の庭で鯉のぼりを飾っているところが本当に少なくなった。ほぼ見ないといっていいくらいだ。10年くらい前まではもう少しあったのに、鯉のぼりはすっかり流行らなくなってしまったらしい。 吹き流しは逆に増えている。今年はやっていたかどうか分からないけど、栄のテレビ塔やオアシス21で見たことがある。ノリタケの森や中村...

    2019/05/06

    イベント(Event)

  • 熱田神宮文化講座「江戸時代の暦」に行ってきた

     11月17日(土)に熱田神宮内の熱田神宮会館で行われた熱田神宮文化講座(web)に行ってきた。 9月に行われた「纒向の大王宮と王権の伸張」に続いて二回目で、今回のテーマは「江戸時代の暦」だった。 暦そのものよりも、暦の歴史がメインで、講師は愛知学院大学文学部の林淳教授。 冲方丁の『天地明察』の主人公、渋川春海のことも出てきた。 暦によって支配されたり支配したりということがあったということを再認識すること...

    2018/11/21

    イベント(Event)

  • ホーム
  • 次 ›

キャナルパークささしまでクリスマスイベントが開催中

イベント(Event)
中京テレビビル

 中京テレビ(web)開局50周年記念としてキャナルパークささしま パークエリア(地図)でクリスマスイベントが開催されている。

 SASASHIMA XMAS LIGHTS 2019(webサイト

 開催期間は12月6日(金)から12月25日(水)まで。
 時間は平日は16:00-21:00、土日は12:00-21:00。

 そのイベントに出演したDenis Wilcox trioの撮影担当として参加させていただいた。
 Denisたちは今日12月14日(日)と21日(土)も出演します。

 出演者とスケジュールは以下のサイトでご確認ください。

 スケジュール(webサイト

 そのときの会場風景を一部紹介します。



名古屋高速と出店

 笹島が何もない湿地帯だったのは昔のこと。一昔前までは貨物駅があったところだけど、その跡地はささしまライブとして生まれ変わった。話には聞いていたけど、ここ数年の変貌ぶりには驚いた。すっかりお洒落タウンになっていた。
 中京テレビ本社がここに移ったのが2016年で、愛知大学名古屋キャンパスができ、商業施設やホテルなどが集まってきた。
 すぐ南は中川運河の溜まりで、ここも活用できたらよかったのだろうけど、名古屋高速で分断されているので難しい。運河エリアと上手くつなぐことができれば横浜の赤レンガ倉庫みたいになれるかもしれない。
 敷地の狭さがネックとしても、名古屋港や金城ふ頭よりも発展性があるんじゃないだろうか。



LEDツリー

 目玉のひとつがLEDの葉っぱで作ったツリーだ。



LEDのツリー




ささしまライブ駅

 あおなみ線のささしまライブ駅からすぐ。



ささしまライブと十六夜

 


ふたり

 運河が近いせいか、吹きさらしだからか、街中よりも寒く感じる。
 暖かい恰好でお出かけください。
 
 

6年目の宵の明治村

イベント(Event)
明治村帝国ホテル前

 夏の恒例行事となった宵の明治村に今年も行ってきた。
 デニスたちのステージを撮るようになって今年で6年目になる。
 もう6年でもあり、まだ6年でもある。その間に小さくない変化もあった。私自身もまったく変わらないわけではない。
 明治村は山の中にあって普段から天気が変わりやすいのだけど、この日も夕方は雨が降ったり止んだりで落ち着かなかった。台風接近もあって、いつもの年より入村者は少なかったようだ。
 それでも夜には雨もすっかりやんで、ステージも撮影も無事に終えることができた。打ち上げ花火も問題なく上がった。
 何年か前まではこの後、どまつり撮影で夏が終わっていったのだけど、どまつり撮りに行かなくなってもう4、5年になるだろうか。季節の花を追いかけるのもやめて、自分の中で季節感が曖昧になった。
 それでも季節は過ぎ、歳月は流れる。



帝国ホテル内




ザビエル聖堂




ステンドグラス




宇治山田郵便局は工事中




小熊写真館と浴衣の人




ステージ前広場




雨が降る




夕暮れ空と看守塔




ステージ設置中


 明治村webサイト

 宵の明治村 2019
 8月3日(土)・4日(日)、10日(土)~18日(日)、24日(土)・25日(日)、31日(土)・9月1日(日)
 21時まで延長営業

【アクセス】
 webサイト

 地図
 

一日遅れの子供の日記念に

イベント(Event)
吹き流し

 昨日はサンデー料理だったので、一日遅れの鯉のぼりをお届けします。吹き流しだけど。
 近年は一般家庭の庭で鯉のぼりを飾っているところが本当に少なくなった。ほぼ見ないといっていいくらいだ。10年くらい前まではもう少しあったのに、鯉のぼりはすっかり流行らなくなってしまったらしい。
 吹き流しは逆に増えている。今年はやっていたかどうか分からないけど、栄のテレビ塔やオアシス21で見たことがある。ノリタケの森や中村公園などは毎年恒例だから今年もやっていたんじゃないかと思う。
 香流川の吹き流しは何年くらい前からだろう。そんなに昔ではなく、10年とかそれくらいではないだろうか。
 毎年増えていくんじゃないかと期待したらむしろ減っているような気もする。飛ばされたか傷んだかしたのか。
 10列くらいやればちょっとした名所として認知されるだろう。寄付を集めてでも毎年少しずつ増やしていくことを提案したい。

 桜は嘘みたいに新緑となった。

熱田神宮文化講座「江戸時代の暦」に行ってきた

イベント(Event)
熱田神宮文化講座

 11月17日(土)に熱田神宮内の熱田神宮会館で行われた熱田神宮文化講座(web)に行ってきた。
 9月に行われた「纒向の大王宮と王権の伸張」に続いて二回目で、今回のテーマは「江戸時代の暦」だった。
 暦そのものよりも、暦の歴史がメインで、講師は愛知学院大学文学部の林淳教授。
 冲方丁の『天地明察』の主人公、渋川春海のことも出てきた。
 暦によって支配されたり支配したりということがあったということを再認識することになった。
 今でも旧暦は完全に消えたわけではなくて、太陰暦についても意識しないまま影響を受けている部分もある。
 次回は来年の3月9日で、テーマは「中世熱田の信仰世界と宗教テクスト」となっている。会場は熱田神宮文化殿講堂に戻る形になるようだ。熱田社における神仏習合というのももう少し知っておくべきなので、行けたら行きたい。



熱田神宮会館内




熱田神宮四季桜

 神宮会館前の四季桜。



熱田神宮境内

 七五三シーズンの土曜日午後ということでけっこう賑わっていた。



熱田神宮拝殿屋根の鰹木と千木




熱田神宮信長塀




熱田神宮参道

【アクセス】
 ・名鉄名古屋本線「神宮前駅」から徒歩約5分
 ・駐車場 あり(無料)

 熱田神宮会館 webサイト
 
  • ホーム
  • 次 ›