カテゴリ:料理(Cooking)

記事一覧
  • 日常が戻らないサンデー料理

     コロナ前のように戻ることはもうないし期待もしていないのだけど、新しい日常がいまだ掴みどころがなくてぼんやりしている。 毎日やることはあっても目標を見失ったまま日々が過ぎていっている。 今年はもう駄目なのかとあきらめるにはまだ早いとはいえ、コロナから完全に解き放たれたとはとてもいえない。東京を中心に感染者がまた増えているのはちょっと不気味だ。高温多湿になればウィルスは弱るという予想はまったく当たら...

    2020/07/05

    料理(Cooking)

  • 神社検定の日だったのにサンデー料理

     本来であれば今日6月28日は神社検定壱級の試験の日だった。コロナ騒動で4月に延期が決まり、4月22日に一年の延期が正式に発表されて、それ以来すっかりやる気を失ってしまった。勉強も2ヶ月間、まったく手つかずになっている。 延期は仕方がないにしても、4月の地点で丸一年延期は勘弁してほしかった。あのときでさえ、9月か10月ならやれるだろうと予想できていたから、なぜそんなにあわてて一年延期を決めたのかが分からない。...

    2020/06/28

    料理(Cooking)

  • サンデー料理はSince2005

     時間は巻き戻せないし、失ったものは取り戻せない。このまま先へ進むしかない。 過去の日常を取り戻そうとしてもできるはずもない。 時間はただ前へと進んでいく。 私もすっかり戻そうという意識を捨てた。 今あるものでなんとかやっていくしかない。 もちろん、今の日々は非日常などではない。 サンデー料理は今年に入ってからも特に変わることなく普通に続いている。途切れてもいないし、変化らしい変化もない。 15年続...

    2020/06/21

    料理(Cooking)

  • 珍しくカレーライスのサンデー料理

     サンデー料理がカレーライスというのはかなり珍しい。15年の間で数回だと思う。 しかし、このブログの第一回目の料理記事が実はカレーライスだった。それは2005年9月のことだ。 好きじゃない+好きじゃない=やっぱり好きじゃない この頃はまだサンデー料理は始まっておらず、ブログネタを手探りしている中で料理もひとつのネタになるだろうということで始めたのだった。 まさか料理ネタが15年も続くとは思っていない。 あの...

    2020/06/14

    料理(Cooking)

  • ホーム
  • 次 ›

日常が戻らないサンデー料理

料理(Cooking)
サンデー料理

 コロナ前のように戻ることはもうないし期待もしていないのだけど、新しい日常がいまだ掴みどころがなくてぼんやりしている。
 毎日やることはあっても目標を見失ったまま日々が過ぎていっている。
 今年はもう駄目なのかとあきらめるにはまだ早いとはいえ、コロナから完全に解き放たれたとはとてもいえない。東京を中心に感染者がまた増えているのはちょっと不気味だ。高温多湿になればウィルスは弱るという予想はまったく当たらなかったことになる。
 それにしても、NEWおだまLee男爵って。一度コロナを出した店は再建が難しいと思うのだけど、この店だけは一躍全国に名が轟いたから超回復するかもしれない。
 人生、何が災いして何が幸いするか分からない。



塩昆布サーモン

「サーモンの塩昆布漬け」
 乾燥塩昆布がまだ余っていたのでもう一度やってみた。やはりこれはなかなか美味しい。定番にできる。
 ジッパー付き袋に切り分けたサーモンと塩昆布を入れて揉んで、口を閉じて冷蔵庫で30分から1時間ほど寝かせる。
 タレは、酒、みりん、しょう油、昆布つゆをひと煮立ちさせて作る。
 乾燥大葉を振りかける。



ジャガイモと鶏肉

「ジャガイモと鶏肉のチーズマヨネーズ」
 ジャガイモ、ニンジン、鶏肉、ブロッコリーを下茹でする。
 オリーブオイルで玉ねぎを炒め、ジャガイモ、ニンジン、鶏肉、ブロッコリーを加え、酒、みりん、コンソメの素、塩、コショウで味付けをする。
 マヨネーズ、とろけるチーズを入れ、全体に混ぜ合わせる。



豆腐としいたけ

「豆腐とシイタケの卵とじ」
 長ネギ、ショウガ、シイタケをオリーブオイルで炒める。
 絹ごし豆腐を崩して入れて、酒、みりん、しょう油、中華だしの素、塩、コショウで味付けしながら少し煮込む。
 溶き卵を加え、半熟になるまで加熱する。
 
 

神社検定の日だったのにサンデー料理

料理(Cooking)
サンデー料理

 本来であれば今日6月28日は神社検定壱級の試験の日だった。コロナ騒動で4月に延期が決まり、4月22日に一年の延期が正式に発表されて、それ以来すっかりやる気を失ってしまった。勉強も2ヶ月間、まったく手つかずになっている。
 延期は仕方がないにしても、4月の地点で丸一年延期は勘弁してほしかった。あのときでさえ、9月か10月ならやれるだろうと予想できていたから、なぜそんなにあわてて一年延期を決めたのかが分からない。どんな内部事情があったのだろう。
 今のところ、試験範囲の変更はなく、来年令和3年6月27日(日)が試験日となっている。ここから一年間、どんなスケジュールで勉強していけばいいのか、イメージができていない。もう7割くらいは詰めているから、あと3ヶ月あれば充分だとは思うのだけど、来年の3月から勉強再開でいいのかどうか。
 やっぱり今日予定通り試験をやってほしかったというのが本音だ。一年間、時間を無駄にしたように思えてならない。



刺し身の盛り合わせ

「刺身の盛り合わせ」
 盛り合わせというほど種類があるわけではないけど、たまにはこんなメニューもいい。
 これまで刺し身に2回当たって二度救急車で運ばれたことがある私としては刺し身は控えるようにしているのだけど、ときどきなら食べても大丈夫だろう。生のサーモンはよく食べているわけだし。



ナスと鶏肉

「ナスと鶏肉の炒め煮」
 具材はナス、鶏肉、トマト、タマネギ。
 オリーブオイルで炒めて、酒、みりん、しょう油、鶏ガラだしの素、マヨネーズ、カラシ、塩、コショウで味付けをして、終盤にとろけるチーズを加える。



豆腐と塩昆布

「豆腐煮の塩昆布乗せ」
 先週、サーモンの塩昆布漬けに使った塩昆布がまだ残っていたので、ここで使ってみた。
 長ネギの刻みとショウガをごま油で炒める。
 豆腐とブロッコリーは下茹でする。
 豆腐、ブロッコリー、シーチキンを入れ、酒、みりん、しょう油、和風だしの素、コショウで味付けをする。
 水溶き片栗粉でとろみをつけ、最後に塩昆布を加える。
 
 

サンデー料理はSince2005

料理(Cooking)
サンデー料理

 時間は巻き戻せないし、失ったものは取り戻せない。このまま先へ進むしかない。
 過去の日常を取り戻そうとしてもできるはずもない。
 時間はただ前へと進んでいく。
 私もすっかり戻そうという意識を捨てた。
 今あるものでなんとかやっていくしかない。
 もちろん、今の日々は非日常などではない。

 サンデー料理は今年に入ってからも特に変わることなく普通に続いている。途切れてもいないし、変化らしい変化もない。
 15年続けてほとんど変わらないというのも、それはそれでちょっとしたものだ。始まったのは2005年で、秋になれば15周年だ。Since2005を称してもいいくらいだろう。



サーモンの塩昆布漬け

「サーモンの塩昆布漬け」
 乾燥塩昆布と一緒に袋に入れてもんで30分置いておく。
 昔からあったのか、最近流行っているのか知らないのだけど、たまたま知ってやってみた。劇的な変化とまではいかないけど、けっこうまろやかになるというか、トロッとする。塩昆布もいい具合にしっとりする。
 しょう油ダレも少しかけたけど、それもいらないくらいだ。
 大葉はレンジで2分加熱して、袋に入れておくと長持ちする。



ナスのフライ

「ナスのフライ・カレー風味」
 小麦粉、カレー粉をまぶし、卵、パン粉で衣をつけて揚げる。
 ナスはフライも天ぷらも間違いない美味しさだ。



豆腐焼き

「豆腐焼き」
 料理名の説明が難しい。
 絹ごし豆腐、卵、マヨネーズ、シーチキン、とろけるチーズ、鶏ガラだしの素、しょう油、塩、コショウを混ぜ合わせ、アルミホイルでフタをしてオリーブオイルで片面を焼く。
 最初は豆腐グラタンのようなものをイメージしていたのだけど、全然違うものが出来上がった。
 ふんわり食感で、けっこういける。
 ただ、皿の選択を誤った気がする。
 
 

珍しくカレーライスのサンデー料理

料理(Cooking)
カレーサンデー

 サンデー料理がカレーライスというのはかなり珍しい。15年の間で数回だと思う。
 しかし、このブログの第一回目の料理記事が実はカレーライスだった。それは2005年9月のことだ。

 好きじゃない+好きじゃない=やっぱり好きじゃない

 この頃はまだサンデー料理は始まっておらず、ブログネタを手探りしている中で料理もひとつのネタになるだろうということで始めたのだった。
 まさか料理ネタが15年も続くとは思っていない。
 あのとき記事でも書いたように、カレーは特に好きではない。嫌いではないけど、夕飯としてカレーはあまり食べたくない。カレーはたまに昼ごはんで食べるくらいがちょうどいい。別にカレーなどこの世からなくなってしまっても困らない。要するにカレーに対して思い入れがないということだ。
 今回珍しくカレーを作ったのは、冷蔵庫の中の食材がスルメイカくらいしかなかったからというのもあった。イカをメインに3品作るには材料不足で、だったらイカ・カレーにしてしまおうという思いつきだった。
 イカは使っているとはいえ、シーフードカレーというわけではない。



イカ・カレー

「イカ・カレー」
 ジャガイモ、ニンジン、タマネギを土鍋で下茹でする。
 和風だしと塩で下味をつけておく。
 下処理したイカを切り分け、酒、みりん、醤油に漬け、アルミホイルでフタをして、沸騰したら火を止めて、そのままフタをして置いておく。
 カレーのルーは、オリーブオイル、カレー粉、水、小麦粉を混ぜ合わせて作る。ずっとかき混ぜていないといけないので、けっこう手間がかかる。
 コンソメの素、塩、コショウ、唐辛子、砂糖、パセリ粉を加えて味を整える。
 ジャガイモ、ニンジン、タマネギは湯切りして入れ、イカは煮汁と一緒にルーに入れて、しばらく煮る。
 市販のカレールーで作った方がよほど楽なのだけど、手間をかけて作った方が美味しく感じられる。



トマトサラダ

「トマトのごま風味サラダ」
 トマトとシーチキンをオリーオイルで炒めて、塩、コショウを振る。
 ごま油、酒、みりんをひと煮立ちさせる。
 冷めたら、酒、酢、みりん、白ごまを加えて混ぜ合わせる。
 
 
  • ホーム
  • 次 ›