カテゴリ:料理(Cooking)

記事一覧
  • 大掃除が続く中のサンデー料理

     10月から始めた大掃除はいまだ続いていて、かれこれ2ヶ月近くになる。一日2時間とかだから、少しずつしか進まない。数年に一度の大大掃除といったふうで、目につくところや気になったところを片っ端からやっている。今日は風呂の壁塗りだった。 まだパイプ掃除やら襖の張り替えの残りやら、細かい部分のペンキ塗りやら、配線のやり直しやら、HDDレコーダーの修理やら、いろいろある。12月一杯で終わるだろうか。大掃除だから28...

    2019/12/08

    料理(Cooking)

  • 12月も普段通りのサンデー料理

     12月最初のサンデー料理。 今年も残り少なくなった。サンデー料理でいうと、今回を入れてもあと5回だ。無事に完走したい。 だいぶ寒くなってきて冬を実感しているのだけど、食欲は特に変わらず、サンデー料理にも変化はない。冬らしい料理を作ろうとか食べたいとか、そういう意識がそもそもない。 というわけで、今回も普通に作って普通に食べた。普通が一番といえばそうだ。「マグロの大葉添え」 マグロステーキ風といえば...

    2019/12/01

    料理(Cooking)

  • 小の月最後のサンデー料理

     にしむくさむらいしょうのつき。 漢字で書くと、二四六九士小の月。 今でも学校や家庭でそんなふうな覚え方を教えているのだろうか。 知らない方のために説明すると、2、4、6、9、11月は小の月、つまり31日がない月を覚える方法として考えられたものだ。 なんで11月がサムライなんだ? と長年疑問に思っていたのだけど、サムライは「侍」ではなく「士」の字を当てて、これを十一に見立てたものだということを、ついさっき知...

    2019/11/24

    料理(Cooking)

  • 少し寒さを感じる11月のサンデー料理

     11月も半ばを過ぎて少し寒さを感じるようになってきた。風呂を沸かさないとシャワーだけでは厳しくなる頃だ。 だんだん冬に弱くなっていくような気がするのは気のせいだろうか。昔は真冬でも薄着で驚かれたものだけど、それは遠い昔のことだ。 先月から始めている大掃除が現在も続いている。掃除だけでなく壁のペンキを塗ったり、襖を張り替えたりして、数年に一度のリニューアルのようになっている。今月いっぱいくらいかかり...

    2019/11/17

    料理(Cooking)

  • ホーム
  • 次 ›

大掃除が続く中のサンデー料理

料理(Cooking)
サンデー料理

 10月から始めた大掃除はいまだ続いていて、かれこれ2ヶ月近くになる。一日2時間とかだから、少しずつしか進まない。数年に一度の大大掃除といったふうで、目につくところや気になったところを片っ端からやっている。今日は風呂の壁塗りだった。
 まだパイプ掃除やら襖の張り替えの残りやら、細かい部分のペンキ塗りやら、配線のやり直しやら、HDDレコーダーの修理やら、いろいろある。12月一杯で終わるだろうか。大掃除だから28日までに終わらせないといけない。

 サンデー料理は掃除とは関係ない。普段通りだった。そもそも普段通りじゃないことは年に数回しかない。
 カレンダーの関係で、年末最終週も年始の最初の週もサンデー料理を休む理由がない。クリスマスにも三が日にも週末がかからないのは珍しいんじゃないかと思う。



サーモン

「いつものサーモン」
 天ぷらがあるときは切り分けるだけのサーモンにすることが多い。



カボチャとジャガイモの天ぷら

「カボチャとジャガイモの天ぷら」
 冬至は再来週の22日だけど、先取りしてカボチャを食べることにした。
 煮物はそんなに好きではないのだけど、カボチャの天ぷらは好きだ。
 天ぷらのコツをようやく少し掴めてきた。



野菜の卵とじ

「野菜の卵とじ」
 オムレツ風にするつもりがスクランブルエッグ風になってしまった。
 具材はトマト、ニンジン、ブロッコリー、シーチキン缶。タマネギを入れ忘れた。
 味付けはコンソメの素と塩、コショウで。
 山芋のすり下ろしととろけるチーズも入っている。
 時間の余裕があればトマトソースを作ったのだけど。
 
 

12月も普段通りのサンデー料理

料理(Cooking)
サンデー料理

 12月最初のサンデー料理。
 今年も残り少なくなった。サンデー料理でいうと、今回を入れてもあと5回だ。無事に完走したい。
 だいぶ寒くなってきて冬を実感しているのだけど、食欲は特に変わらず、サンデー料理にも変化はない。冬らしい料理を作ろうとか食べたいとか、そういう意識がそもそもない。
 というわけで、今回も普通に作って普通に食べた。普通が一番といえばそうだ。



マグロ

「マグロの大葉添え」
 マグロステーキ風といえばそうかもしれない。
 普段は長ネギのところを大葉を使った。大葉は好きなので、これもありだ。
 いつもと少し違ったのは、いただきもののキャノーラ油を使ったこと。いわゆる菜種油で、サラッとしていてオリーブオイルよりもあっさりした感じになる。素材の風味をいかしたいときに使うとよさそうだ。



トマトとナス煮

「トマトとナス煮」
 切り分けたナスを水にさらしてあく抜きをする。
 トマト、白菜、ナスをオリーブオイルで炒める。
 酒、みりん、コンソメの素で味付けをする。
 途中でケチャップ、塩、コショウを加えて味をととのえる。
 終盤でとろけるチーズを加える。



きんぴら風

「きんぴらゴボウ風」
 本当のきんぴらゴボウが分からないので例によって我流のきんぴらゴボウ風。
 ゴボウをささがきして水にさらしてあく抜きをする。
 鶏肉を炒めていったん取り出す。
 ゴボウ、ニンジン、ひらたけをごま油で炒める。
 途中で鶏肉を戻す。
 酒、みりん、しょう油、酢、和風だしの素、白ごま、唐辛子、塩、コショウで味付けをする。
 水を加えて、しばらく煮込む。
 
 

小の月最後のサンデー料理

料理(Cooking)
サンデー料理

 にしむくさむらいしょうのつき。
 漢字で書くと、二四六九士小の月。
 今でも学校や家庭でそんなふうな覚え方を教えているのだろうか。
 知らない方のために説明すると、2、4、6、9、11月は小の月、つまり31日がない月を覚える方法として考えられたものだ。
 なんで11月がサムライなんだ? と長年疑問に思っていたのだけど、サムライは「侍」ではなく「士」の字を当てて、これを十一に見立てたものだということを、ついさっき知った。今まで知らずにいたことに自分でも驚く。
 これは私のオリジナルかどうかは知らないけど、9月から12月までの英語の覚え方をずいぶん前に思いついた。昔、中日ドラゴンズに韓国からやってきたソン・ドンヨル(宣銅烈)という抑えピッチャーがいて、その頭文字がS・O・N・Dで、これが英語の9月から12月までのSeptember・October・November・Decemberと同じ並びになっているのだ! いまいち役に立たないと思うかもしれないけど、あれ? 10月ってオクトーバーだったかノーベンバーだったか? ってなときに役立つ。そもそもソン・ドンヨルを知らないとピンと来ないというのが難点なのだけど。

 なんでこんな話をしたかといえば、11月のサンデー料理は今週が最後だということを言いたかっただけなのだ。11月に31日はない。



サーモン

「いつものサーモン」
 何度か刺身に当たって大変な思いをしているので生魚は控えているのだけど、サーモンだけは大丈夫らしい。外国産の養殖サーモンは危険という話もあるのだけど、今が大丈夫ならそれでオーケイだ。安全な国産の刺身を食べて救急車で運ばれる危険を冒すよりも平気な外国産養殖サーモンを食べることを選ぶ。



オムレツ風

「ジャガイモとチーズ入りオムレツ風」
 ジャガイモにラップをしてレンジで8分加熱。
 適当な大きさにつぶして、刻んだタマネギ、卵、コンソメの素、塩、コショウを混ぜ合わせる。
 フタをしてオリーブオイルで片面を焼く。
 酒、みりん、しょう油、からし、マヨネーズをひと煮立ちさせてソースを作る。



野菜煮

「野菜炒め」
 タマネギ、鶏肉をオリーブオイルで炒める。
 ブロッコリーを下茹でする。
 シイタケ、トマトを加えて更に炒める。
 酒、みりん、しょう油、和風だしの素、塩、コショウで味付けをする。
 終盤でブロッコリーを入れる。
 
 

少し寒さを感じる11月のサンデー料理

料理(Cooking)
サンデー料理

 11月も半ばを過ぎて少し寒さを感じるようになってきた。風呂を沸かさないとシャワーだけでは厳しくなる頃だ。
 だんだん冬に弱くなっていくような気がするのは気のせいだろうか。昔は真冬でも薄着で驚かれたものだけど、それは遠い昔のことだ。
 先月から始めている大掃除が現在も続いている。掃除だけでなく壁のペンキを塗ったり、襖を張り替えたりして、数年に一度のリニューアルのようになっている。今月いっぱいくらいかかりそうだ。
 今の調子でいくと12月がむしろ暇になりそうで、それもまたどうなんだろうと思う。12月に何か急な予定が入る予感がして大掃除を前倒ししているのだろうか。そんな予知能力はないのだけど。



マグロ

「マグロの衣焼き」
 マグロに塩、コショウ、酒を振ってしばらく置き、カタクリ粉をまぶしてオリーブオイルで焼く。
 酒、みりん、しょう油、和風だしの素、刻んだ長ネギをひと煮立ちさせてタレを作る。



山芋

「山芋と卵のとろとろ焼き」
 山芋をすりおろして、卵、大葉の刻み、和風だしの素、潮、コショウを混ぜ合わせ、たっぷりのオリーブオイルで片面を焼く。
 酒、みりん、しょう油を混ぜたタレを掛けて、半生まで加熱する。



野菜のコンソメスープ

「野菜のコンソメスープ」
 具材は、鶏肉、大根、ニンジン、キャベツ、エリンギ、絹ごし豆腐。
 酒、みりん、コンソメ、塩、コショウで味付けをする。
 
  • ホーム
  • 次 ›