カテゴリ:店(Shop)

記事一覧
  • 青い猫は心地いい空間と美味しい珈琲で非ジャズ人を迎えてくれた JAZZ茶房 靑猫

     人生には思いがけない出会いがあり、それによって興味対象が広がり、新しい経験へとつながることがある。まさか自分がジャズ喫茶などというものに足を踏み入れることになろうとは、去年までの私には思いもよらなかった。タイムトラベルをして一年前の私に会いに行って、お前は一年後にジャズ喫茶に行くことになると告げたとしても、去年の私は笑い飛ばして本気にしなかっただろう。行かない方に全財産を賭けてもいいとまで言った...

    2007/02/14

    店(Shop)

  • 私をコンビニに呼び入れるたったひとつの冴えたやりかた

    Canon EOS D30+EF50mm(f1.8), f1.8, 1/350s(絞り優先) 名古屋の中心、丸の内桜通で、おしゃれローソン発見。名古屋らしくないハイセンスは名古屋人に受け入れられているんだろうか。「名古屋の皆様が“こんなローソン見たことない”と思うこと間違いなしのお店です。」というコンセプトで作られたらしいけど、名古屋人ならこう言って驚く。こんなローソン見たことないがや、と。 外装だけじゃなく内装や棚も、普通のローソンとは...

    2006/01/27

    店(Shop)

  • ホーム
  • ‹ 前

青い猫は心地いい空間と美味しい珈琲で非ジャズ人を迎えてくれた JAZZ茶房 靑猫

店(Shop)
青猫店舗入り口




 人生には思いがけない出会いがあり、それによって興味対象が広がり、新しい経験へとつながることがある。まさか自分がジャズ喫茶などというものに足を踏み入れることになろうとは、去年までの私には思いもよらなかった。タイムトラベルをして一年前の私に会いに行って、お前は一年後にジャズ喫茶に行くことになると告げたとしても、去年の私は笑い飛ばして本気にしなかっただろう。行かない方に全財産を賭けてもいいとまで言ったかもしれない。賭けなくてよかったと今の私は思う。明日の自分がどうなるかなんて、自分自身にも分かりっこないのだ。
 ひとつのキーワードが別のキーとつながってそれが連鎖する。ジャズと猫が名古屋で出会って青い猫となり、私たちを呼び寄せた。地下の猫へ行こうと誘ったのは私の方だった。ジャズを意識的に聴いたこともなければジャズの知識などまったくない私が、不安を感じることなくジャズ喫茶の扉を開けることができたのは、ツレがジャズの人だったからだ。
 我々は名東区の藤が丘駅にほど近い「JAZZ茶房 青猫」の重い鉄扉を開けた。



青猫カウンター奥さま

 ♪ 地下のジャズ喫茶 変われないぼくたちがいた 悪い夢のように 時がなぜてゆく♪

 行く前は、森田童子の「ぼくたちの失敗」のような場所を少し想像していた。けど、それはいい意味で裏切られることになる。確かに地下ではあるし、照明は薄暗いものの、悪い夢のようではもちろんなく、ストーブ代わりの電熱器を抱えてるような貧乏学生の客もいない。スピーカーから流れる音楽も大音量ではなく、お客はみな音楽を聴くか、店においてある本を静かに読んでいるかで、落ち着いた雰囲気に包まれている。音楽を聴くことをメインとしたスペースと、おしゃべりをしてもいいコーナーとが区別されていて、ジャズのディープなファン以外はお断りといった昔ながらのジャズ喫茶とは違う。とはいえ、平日の昼下がりに主婦4人組が大声で井戸端会議をするようなお店ではない。
 コンクリートむき出しの壁と天井、カウンターの向こうには遠巻きに見ると若き日の手塚治虫風のオーナーと推定奥様の美人さんがいる。壁一面のCDジャケットと、店主の趣味と思わしき文学書。トイレがまたいい。レトロ趣味とウォシュレットの組み合わせが斬新だ。こだわりのインテリアひとつひとつに明確な意志を感じさせる。
 注文はブレンドのホットをふたつ。ジャズ喫茶にはホットコーヒーがよく似合う。間違ってもクリームソーダなどを注文してはいけない。そもそもそんなものメニューに載ってないし。



ジャズ喫茶といえばホットコーヒー

 シンプルでありながら少しひねりの効いたカップに入ったコーヒーは本物だった。最近まともなコーヒーを飲んでなかったことにあらためて気づく。もちろん、名古屋名物コーヒーにピーナツなどは付いてこない。
 ケーキやパスタなども美味しいらしいので、軽い食事をするときもこの店は選択肢に入る。
 コーヒーを飲みながら小さめの声でツレと話しているうちにだんだんこの店の空気に馴染んでいくのを感じた。ここならひとりで入って、持参した小説を読みながら過ごすのにもいい。もし今自分が大学生だったら、週に2、3回は通ったかもしれない。ただ、何かひとつ物足りないものがあると思って何だろうと考えて分かった。それは猫がいないことだ。これで店の看板猫がいたら個人的に言うことなしだった。catがスラングでジャズミュージシャンやジャズ好きを意味するということをツレに教えてもらって知ってはいたのだけど、それでもせっかくの青猫という店名だから、ロシアンブルーでもいてくれたら最高だった。店の名前は、萩原朔太郎の詩集『青猫』から来ているそうだ。

 ああ このおほきな都會の夜にねむれるものは
 ただ一疋の青い猫のかげだ
 かなしい人類の歴史を語る猫のかげだ
 われの求めてやまざる幸福の青い影だ




青猫のこだわりCD

 ここの店の特徴のひとつとして、レコードではなくCDをかけているというのがある。しかし、音響システムがなかりすごいらしい。ステレオ関係も特に詳しくないのでよく分からないのだけど、ゴールドムンドのアンプ、プレイヤーと、JBL S9800SEスピーカーの組み合わせで700万円だとか。音にさほどこだわりのない私でもいい音というのは分かった。すごく立体的な音だ。音楽を聴きたい人用に、スピーカー前にも席が用意されているので、そこに坐って思う存分音楽を浴びるように聴くことができる。
「何時間でも好きなだけ居て下さって結構です」店主。だそうだ。
 リクエストすれば自分の好きなアルバムもかけてくれるらしい。そうじゃないときは、オーナーがひっきりなしにCDを取り替えて聴きたい楽を流している。本当にジャズが好きでこの店をやってるのだなというのが伝わってくる。

 ジャズ好きな人はもちろん、ジャズにまったく興味がない人にもオススメしたい店だ。通りすがりに見つけられるような店ではないので、この店が似合いそうな人を連れて行ってあげたり教えてあげると喜ばれると思う。続々と客が押し寄せてきたらオーナーも困ってしまうと思うけど、「青猫」は人に教えたくなるような素敵な喫茶店だった。私もまた行きたい。

【アクセス】
 ・地下鉄東山線「藤が丘駅」から徒歩約6分。
 ・営業時間 13時-24時  日曜日 13時-19時
 ・定休日 木曜日
 ・駐車場 なし(近くに有料のコインパーキングあり)

私をコンビニに呼び入れるたったひとつの冴えたやりかた

店(Shop)
おしゃれローソン

Canon EOS D30+EF50mm(f1.8), f1.8, 1/350s(絞り優先)


 名古屋の中心、丸の内桜通で、おしゃれローソン発見。名古屋らしくないハイセンスは名古屋人に受け入れられているんだろうか。
「名古屋の皆様が“こんなローソン見たことない”と思うこと間違いなしのお店です。」というコンセプトで作られたらしいけど、名古屋人ならこう言って驚く。こんなローソン見たことないがや、と。
 外装だけじゃなく内装や棚も、普通のローソンとはかなり違った様相を呈している。バイトの女の子だけは名古屋っぽかったが。
 面白い、こんなローソンもあるんだ。知らなかった。オープンは2003年6月だから、単に私が知らなかったけで、ここらによく来る人にとっては見慣れた光景なんだろう。私のように嬉しそうに写真を撮ってる人間など当然いなかった。これを撮った後、逃げるように走り去った私の姿を見た人々は何を思っただろう。まさか、私の知らないどこかでブログのネタになったりしてないだろうな。自分の行動には責任を持たなくてはなるまいな。

 調べてみると、全国には変わったローソンがいくつかあるようだ。
 北海道の札幌大通西九丁目店は大通公園にあわせた配色の外観になってるそうだし、宮城県の仙台一番町三丁目店は名古屋のこの店に近い雰囲気のようだ。新潟県のNSGスクエア店はアルビレックス新潟のチームカラーのオレンジ色、京都の八坂神社前店は歴史的な景観をそこなわないように配慮され、鹿児島の桜島店は桜島にちなんで茶色とのことだ。東京の元麻布ヒルズ店は高級マンションの中ということで落ち着いた黄色の配色で、内部も高級感が漂っているらしい。もちろん、私はどこも入ったことはない。変わったローソン巡りの旅に出る予定も今のところ全然ない。そもそもローソンに入る気さえない私なのだ。
 病院や大学、空港にもローソンは進出している。でも、愛・地球博には来てなかった。サツキとメイの家の予約のドタバタであれほど迷惑をかけておきながら。あのときはあやまるのが得意なローソン・イメージキャラクター高嶋政伸を呼んできてあやまらせるべきだったと思うぞ(もう古い?)。

 東京にはナチュラルローソンというものがあるらしい。名古屋にはないからどんな店なのかさっぱり分からない。関西にも数店舗あるようだ。名古屋というのは都会のわりにコンビニ不毛地帯のようなところがあって、セブンイレブンでさえ何年か前にやっとやって来たのだった。名古屋人気質とコンビニは相容れないものがあるのだろうか? それとも、サークルKが強すぎるからだろうか。
 現在全国でローソンは約8,000店舗ほどあって、セブンイレブンに次いで2位だそうだ。愛知県でコンビニといえば、まずはサークルKが思い浮かぶ。セブンイレブンがやって来たことでかなり食われているとはいえ、依然トップは変わりない。ローソンは昔からあったけど、あまり強い印象はない。ファミマと同じくらいだろうか。大雑把にいうと、関東はセブンイレブンで、関西はローソン、中部はサークルKという図式といえるだろう。
 ローソンは100円ショップにも進出して、「STORE100」というのを作ったそうだ。東京の人にはもうおなじみなんだろうか。これが名古屋にやって来る日もまだ遠そうだ。なんでもいいけど、名古屋でもペヤングを置かないと、セブンイレブンには勝てないぞと言いたい。

 1975年、大阪豊中市に日本のコンビニ第1号店「ローソン 桜塚店」がオープンしてから30年。まだたった30年だ。そういえば私が子供の頃はまだコンビニなんてなかった。初めてうちの近所にできたのは中学くらいだったろうか。どこの店だったかあまり覚えがない。生活に密着するようになったのは大学生の頃だろう。そう考えるとコンビニの歴史は意外と浅い。にも関わらず、これだけ人々の生活に浸透したのはすごいことだ。24時間営業というのも、昔は考えられないことだった。コンビニ、あっぱれと言いたい。
 でも、誰かが私に向かって、もうコンビニなしには生活は成り立ちませんね! と確信を持って言ってきたとしたら、そうでもない、と私は冷たくあしらってしまうだろう。だって私、生まれてこのかた、コンビニなんて50回くらいしか入ったことないんだもん。えー、そうなのー? と、自分でも驚く。どうもコンビニの雰囲気って苦手なのだ。その反面、ドラッグストアは大好きでよく行く。そこで買えないものはホームセンターへ行く。食品はスーパーの方が安いし、本や雑誌は本屋がある。夜中街をうろついたりしない。というわけで、私は明日日本中からコンビニが全部消え去ったとしても、まったく平気なのであった。まさにコンビニ業界の敵と言えよう。
 今後も、ごくまれにしかコンビニは利用しないと思うけど、もし、本格的メイド・コンビニができたときには、きっと必ず行くでしょう。秋葉原では遠すぎるので、大須あたりでお願いします。お弁当は、秀吉が信長の草履を懐で温めたみたいにしてくれるだろうか。想像してたらだんだんコンビニが好きになってきたような気がする(気が早い)。

  • ホーム
  • ‹ 前