カテゴリ:名所/旧跡/歴史(Historic Sites)

記事一覧
  • 愛知県一宮市の古墳とおぼしき風景

     愛知県一宮市は、古い歴史を持ちながら古墳や遺跡が少ない。 少ないのではなく、実際は公表していないだけだ。 それだけ重要な土地ということが言える。 公園とか緑地とか空き地とかを注意深く観察すると、不自然な盛り上がりをあちこちで見つけることになる。 全部が全部古墳ではないだろうけど、怪しい盛り上がりは二つや三つではない。 今回はそんな古墳とおぼしき風景を紹介します。 なお、写真は2019年7月に撮影した...

    2024/03/15

    名所/旧跡/歴史(Historic Sites)

  • 名古屋市内某所古墳

     名古屋市内某所。 少し離れた場所から見ると、これって古墳だよね、と思う。 しかし、そんな情報はどこにもない。どんな本にも書いていないし、ネットにも出ていない。 ここがどこかを発表していいのか判断がつかないので伏せるけど、分かる人は分かると思う。 すぐ西は御前場といういかにもな地名で、黒石は雲石から来ていて、南は神の倉や神沢という地名が残り、熊野社がある。熊野社も雲の社が転じたものだ。 ここを一般...

    2024/02/19

    名所/旧跡/歴史(Historic Sites)

  • 一宮市多加木の油田遺跡

     愛知県一宮市多加木に不思議な遺跡というか塚がある。 油田(あぶらでん)と呼ばれる地にあるこれは何なのか? その問いに対する明確は答えはない。「真清田大神降臨伝承地」と書かれた立派な石碑が建っているのだけど、真清田大神の降臨地って何? と思う。 真清田大神というから真清田神社の神だろうとは思うのだけど、真清田神社が元々ここにあったという話は聞かない。 ただ、真清田神社と何らかの関係があるのは間違い...

    2024/02/15

    名所/旧跡/歴史(Historic Sites)

  • 愛知県一宮市の多加木公園

     愛知県一宮市は古い歴史がある土地にもかかわらず、遺跡や古墳が少ない。 それはもともとないからではなく隠されているからだ。 隠すということはそれだけ重要度が高いことを意味している。 今現在表に出ている遺跡や古墳は大部分がB級、C級のもので、A級はほとんどない。A級の遺跡は掘り起こされたり調査されたり以前にその存在を表沙汰にしていない。 それは全国規模でもそうで、有名な三内丸山遺跡や吉野ヶ里遺跡、纏向遺...

    2024/02/13

    名所/旧跡/歴史(Historic Sites)

  • ホーム
  • 次 ›

愛知県一宮市の古墳とおぼしき風景

名所/旧跡/歴史(Historic Sites)
一宮古墳

 愛知県一宮市は、古い歴史を持ちながら古墳や遺跡が少ない。
 少ないのではなく、実際は公表していないだけだ。
 それだけ重要な土地ということが言える。
 公園とか緑地とか空き地とかを注意深く観察すると、不自然な盛り上がりをあちこちで見つけることになる。
 全部が全部古墳ではないだろうけど、怪しい盛り上がりは二つや三つではない。
 今回はそんな古墳とおぼしき風景を紹介します。

 なお、写真は2019年7月に撮影したものです。



一宮古墳2




一宮古墳3




一宮古墳4




一宮古墳5



名古屋市内某所古墳

名所/旧跡/歴史(Historic Sites)
某所

 名古屋市内某所。
 少し離れた場所から見ると、これって古墳だよね、と思う。
 しかし、そんな情報はどこにもない。どんな本にも書いていないし、ネットにも出ていない。
 ここがどこかを発表していいのか判断がつかないので伏せるけど、分かる人は分かると思う。
 すぐ西は御前場といういかにもな地名で、黒石は雲石から来ていて、南は神の倉や神沢という地名が残り、熊野社がある。熊野社も雲の社が転じたものだ。
 ここを一般的には○○緑地と呼んでいる。所有は名古屋市になっていて、一般には非公開とされている。
 河村市長にあそこって何ですかと訊ねても答えてくれないだろう。たぶん知っていて口止めされている。
 河村市長が相生山緑地のバイパス工事を止めたのは、ヒメボタルを守るだめではなく、別の理由からだ。
 裏のつながりというのは、なかなか恐ろしいものがある。
 表の情報に惑わされず、素直な心で物事を見たり聞いたりすることが大切だ。
 この場所を訪れて、これって古墳だよねと思ったら、それはたいてい正しい。
 遺跡は本来守られるべきものであって掘り返される必要はない。
 この古墳のことも、この先、公になることはないだろう。
 世の中にはそういうこともある。



某所




某所




某所




某所




某所



一宮市多加木の油田遺跡

名所/旧跡/歴史(Historic Sites)
油田遺跡

 愛知県一宮市多加木に不思議な遺跡というか塚がある。
 油田(あぶらでん)と呼ばれる地にあるこれは何なのか?
 その問いに対する明確は答えはない。
「真清田大神降臨伝承地」と書かれた立派な石碑が建っているのだけど、真清田大神の降臨地って何? と思う。
 真清田大神というから真清田神社の神だろうとは思うのだけど、真清田神社が元々ここにあったという話は聞かない。
 ただ、真清田神社と何らかの関係があるのは間違いなさそうだ。

 真清田神社とオケ王・ヲケ王兄弟の秘話を伝える『真清探當證』によると、ここは仁賢天皇が自らの陵とした場所なのだという。
 この話はなかなか興味深くてわりと信憑性があるので、この伝承もまんざらデタラメではないと思える。
 盛り土が剥がれ落ちて木の根がむき出しになっているけど、古墳または塚だったのは確かだ。
 それを真清田大神の降臨地としたということは、それだけ重要視されたということであり、壊されないように守ってきたということもである。
 昭和前期に撮られた写真を見ると、辺り一面は何もない原っぱで、この塚だけが目立っている。
 今は高速の高架下で、公園といっても訪れる人はほとんどいない。

 写真は2019年4月に撮影したものです。



油田遺跡説明板




油田遺跡解説




油田遺跡むき出し




油田遺跡木の根




油田遺跡木々と光




油田遺跡全景

 場所(地図)

 公共交通機関 不明

 駐車場 なし


愛知県一宮市の多加木公園

名所/旧跡/歴史(Historic Sites)
多加木公園

 愛知県一宮市は古い歴史がある土地にもかかわらず、遺跡や古墳が少ない。
 それはもともとないからではなく隠されているからだ。
 隠すということはそれだけ重要度が高いことを意味している。
 今現在表に出ている遺跡や古墳は大部分がB級、C級のもので、A級はほとんどない。A級の遺跡は掘り起こされたり調査されたり以前にその存在を表沙汰にしていない。
 それは全国規模でもそうで、有名な三内丸山遺跡や吉野ヶ里遺跡、纏向遺跡などをA級遺跡と思っている人がほとんどだろうけど(大多数の研究者も例外ではない)、世の中には表に出せない特Aクラスの遺跡があって、それはもう見事に隠されている。たとえばネット検索をしても、そこが遺跡だという情報はただの一件もヒットしない。その徹底ぶりは恐ろしいというより笑ってしまうほどだ。

 一宮市にはそんな隠されたA級遺跡がたくさんある。一宮市民もほとんど気づいていないだろうけど、隠していることを知って探すと、これって遺跡じゃないの? と気づくことがある。
 その一つが多加木にある多加木公園だ。
 ここはもう、思いきり古墳で、どこからどう見ても古墳にしか見えない。逆に古墳じゃなければこれ何なのという不自然な盛り上がりだ。公園にこんな盛り上がりは必要ない。
 別に古墳と発表してもよさそうだけど、そうしていないということは何か理由があるのだろう。



多加木公園

 入り口から見るとこんな感じ。
 問題の盛り上がりは奥に見えている。



多加木公園モニュメント




多加木公園遊具




多加木公園

 近くで見ても、古墳だよねと思う。



多加木公園




多加木公園




多加木公園




多加木緑道

 公園から北の丹陽小学校まで緑道が続いている。
 しかし、この緑道もなかなかに不自然で違和感がある。
 途中の中道公園には唐突に盛り上がりがあって、ここも古墳だなと思う。
 突き当たりの丹陽小学校もたぶん遺跡だ。学校や公共施設を建てて遺跡を封印するというのは常套手段だからだ。
 そうしておけば下手に掘り返されることなく隠して守ることができる。
 長い歴史を考えれば、遺跡ではない場所の方が少ないくらいだろうけど。



多加木緑道



  • ホーム
  • 次 ›
  • »
  • 名所/旧跡/歴史(Historic Sites)