- 現身日和 【うつせみびより】

季節を少しさかのぼる

モミジ落ち葉

 最近撮った季節の風景から秋に向けて季節を少しさかのぼってみる。



冬の実




綠道の秋




城山八幡宮とモミジ




落ち葉と落花




色づきかけのモミジ




桜の落ち葉




枯れたヘクソカズラ




何かの木




刈り終えた田んぼ




地面のカマキリ

 
関連記事ページ

神木を祀っているらしい川名本町の小社

川名本町小社

 川名本町5にある小社(地図)。
 道を一本隔てて西には川原神社があるのだけど、これは川原神社とは関係がないのではないかと思う。川原神社の境内がこちら側まであったとしてもそれは江戸時代とかそれ以前のことだろう。
 木の前に社を置いて、木には注連縄がかけられているから、これを神木として祀っているのだろう。まずこの木が何の木かが分からない。見覚えがないのだけど、珍しい木なのかそうじゃないのか。
 社もそれほど古いものではなく、土台は新しい。
 榊が新鮮だから日常的にお世話をしている人がいるのだろう。
 その他のことについては神社サイトの小社(川原本町5)のページで。



川名本町小社の社正面




川名本町小社御神木




川名本町小社何の木?




川名本町小社外から

【アクセス】
 ・地下鉄鶴舞線「川名駅」下車徒歩6分
 ・無料駐車場 なし
 
関連記事ページ

一年ぶり三度目の椿大神社参拝

椿大神社

 去年2017年の12月以来、約一年ぶりの椿大神社参拝となった。今回が三度目になる。

 椿大神社で泣かされ背中を押してもらう<前編>
 椿大神社の6月の風景<後編>
 冬の椿大神社に再訪する

 去年は年末近かったので完全な冬風景だったけど、今年は12月前半で暖かい日が続いていたから紅葉が少し残っていた。違う季節に訪れたようだった。
 椿大神社の歴史などについては初回のときに書いた。
 今回は初冬の椿大神社の風景をお届けします。



椿大神社御神木と注連縄




椿大神社二の鳥居と鎮守の杜




椿大神社拝殿前




椿大神社神輿




椿大神社鳥居と太陽




椿大神社椿岸神社




椿大神社灯篭




椿大神社行満堂前




椿大神社行満堂内




椿大神社サザンカ落花




椿大神社モミジと龍神社

【アクセス】
 ・東名阪自動車道の鈴鹿インターチェンジから約10分
 ・無料駐車場 あり(500台)
 ・JR四日市駅から三重交通バスで約1時間
 ・近鉄平田町駅またはJR加佐登駅から鈴鹿市コミュニティ・バス(椿・平田線)で約50分
 

関連記事ページ