カテゴリ:イベント(Event)

記事一覧
  • 友人バンドのライブのお知らせ

     いつも撮影をさせてもらっている友人のバンド”Dsoul nations”が2021年12月30日(木)にライブをやります。 場所は名古屋市名東区の「Rock Bar UK」さんです。 東川大介(B) トム兼松(G) Maurice Otey(D) YOKO(VO) MAHIRO(VO) ライブチャージ 1,500円 ドリンク代 500円(必須でお願いしてます) 20:00 オープン 20:30 開始 22:00 終了予定 Rock Bar UK webサイト 名古屋市名東区名東本通3-3 サン...

    2021/12/02

    イベント(Event)

  • バレンタインにもホワイトデーにも生チョコを

     ここ10年ほど、バレンタインデーにチョコをもらったお返しとしてホワイトデーに生チョコを作っているのだけど、今年は例外的にお世話になった人たちへのお礼返しとして前倒しで作ることになった。 完成品はこれまでに何度かこのブログでも紹介しているけど作る過程は載せていなかった。今回はバレンタインデー前ということで、この記事を見て自分も作ってみようという人がいるかもしれないと思って紹介することにした。 基本的...

    2021/02/11

    イベント(Event)

  • 栄のLive DoxyでDsoul nationsとSparky Shadowのライブ撮影

     先週の土曜日(2月8日)、栄にあるLive Doxyに、友人のバンドの撮影でお邪魔してきた。 前回の撮影が2016年12月だから、3年以上が経っていた。変わるものもあるし変わらないものもある。 今回は友人のバンドの他に東海地方を中心に活動するダンスボーカルグループ「Sparky Shadow」の中から宮木つくしさんと愛殊奈々さんのステージとコラボという形だった。 そちらも撮らせていただいたので、普段とは違う撮影となった。最初...

    2020/02/10

    イベント(Event)

  • 免許書き換えのため平針に行く

    「昨日、平針に行ってきた」 と言えば、名古屋の人間なら、免許の書き換えに行ったんだなと思う。 より正確に言うならば、昨日、名古屋市天白区平針にある愛知県運転免許試験場(web)に免許の更新のために行ってきた、ということになる。しかし、”平針”に行ったと言えばたいていは通じる。平針とはそういう場所で、他にはこれといったものはない。針名神社や農業センターがあるくらいだ。 2018年から始まった庁舎の建て替え工...

    2020/01/22

    イベント(Event)

  • ホーム
  • 次 ›

友人バンドのライブのお知らせ

イベント(Event)
ライブ案内

 いつも撮影をさせてもらっている友人のバンド”Dsoul nations”が2021年12月30日(木)にライブをやります。
 場所は名古屋市名東区の「Rock Bar UK」さんです。

 東川大介(B)
 トム兼松(G)
 Maurice Otey(D)
 YOKO(VO)
 MAHIRO(VO)

 ライブチャージ 1,500円
 ドリンク代 500円(必須でお願いしてます)

 20:00 オープン
 20:30 開始
 22:00 終了予定

 Rock Bar UK webサイト
 名古屋市名東区名東本通3-3 サンシャイン西山口 2F (地図

 052-701-0081

 地下鉄東山線【星ヶ丘駅】4番出口より徒歩約10分

 市バス【名東本通二丁目】下車すぐ

※お店の駐車場はありません
(近くに有料のコインパーキングがあります)
 

 年末の忙しい時期ですが、よければお越しください。
 私オオタも撮影担当として参加します。カメラを持ってステージ周りをうろついている男がいたら声を掛けてください。

 お問い合わせ等はこちらへお願いします(予約は不要ですが予約も可です)。


バレンタインにもホワイトデーにも生チョコを

イベント(Event)
生チョコ

 ここ10年ほど、バレンタインデーにチョコをもらったお返しとしてホワイトデーに生チョコを作っているのだけど、今年は例外的にお世話になった人たちへのお礼返しとして前倒しで作ることになった。
 完成品はこれまでに何度かこのブログでも紹介しているけど作る過程は載せていなかった。今回はバレンタインデー前ということで、この記事を見て自分も作ってみようという人がいるかもしれないと思って紹介することにした。
 基本的にmeijiのサイト(Web)を参考に作っている。
 分量としては生クリームが200mlなので、それを一回で使い切るために板チョコ10枚を使用する。
 生クリーム200ml(200cc)に対してチョコは500gが基準らしいのだけど、森永の板チョコは1枚52gなので10枚だと520gになる。
 私は気にせずそのまま10枚使ってしまうのだけど、少し固めの仕上がりになるので、気になる場合は20g分チョコを減らしてください。
 用意するものは、チョコを混ぜるためのボウル、固めるためのタッパーのような入れ物、泡立て器、クッキングシート、ビニール手袋など。ないものは家にあるもので代用すればいい。
 カップやラッピング類は100均で揃えた。



生チョコ刻み

 生チョコ作り最大の難関はなんといってもチョコの刻み作業だ。
 チョコを温めて溶かすやり方もあるのだけど、ミルクチョコは加熱しすぎると分離するのと風味が飛んでしまうので、やはり刻むのが一番いいとされる。金槌で叩いて砕くとか、皮むき器で削るとかもやってみたけどうまくいかなかった。結局、根気強く包丁で刻むしかないという結論に達した。
 今回は量が多くて板チョコ20枚を刻んだので30分以上かかってしまった。
 より細かく刻んだ方が溶けやすいものの、あまり神経質になる必要はない。上の写真程度で大丈夫だ。



生クリーム温め

 生クリームは純生クリームの脂肪分45%以上のものを使うといいとされている。ここでケチってしまうと味に差が出る。200miで400円前後だ。
 鍋で生クリームを温める。
 沸騰寸前に火を止めると説明されるのだけどそのタイミングがよく分からない。フチが泡立ってきたくらいだろうと思う。



生クリーム混ぜ

 生クリームにチョコを入れるのか、チョコに生クリームを入れるのか、人によって分かれるようだ。
 meijiのサイトはチョコに生クリームを一気に注ぐとあるのでそれに従う。
 そこからすぐにかき混ぜるとよくないらしいので、生クリームを少し冷ます。
 その後、泡立て器でゆっくりかき混ぜる。
 そうこうしていると生クリームの温度が下がって混ざらなくなるので、湯煎にかける。
 湯煎は沸騰させるような高温ではなく、やや低い温度のものを使ってボウルを浸けたり出したりながら混ぜていく。



チョコ混ぜ

 ダマダマがなくなるまでしつこく混ぜる。ここでしっかり混ぜておかないと口溶けが悪くなる。



チョコタッパーで

 タッパーにクッキングシートを敷いてチョコを流し入れる。
 タッパーを持ち上げてテーブルに何度が落としてトントンすると平らになる。
 きれいな仕上げを目指すなら表面はヘラか何かでならした方がいい。



チョコ切り

 チョコを切り分けるのがけっこう難しい。これは一回目の写真で失敗気味になっている。二度目はもう少しきれいに切り分けられたのだけど写真を撮り忘れた。
 一回切るごとに包丁をコンロの火で温めてキッチンペーパーなどで拭いた方がいい。そうすると包丁の入りや抜けがよくなり、切り口もきれいになる。



生チョコ完成

 これが一応の完成形。
 ココアはちょっと奮発してバンホーテン ピュアココアを使っている。
 使うココアは純ココアと呼ばれる砂糖などが入っていないものだ。森永からも純ココアが出ている。
 ココアは茶こしなどで振りかけるのが一般的なのだけど、これは相当面倒な作業になる。裏表や横4面まで全部振っていると大変だ。
 なので手抜きかつ全面にきれいにまぶす方法としてビニール袋にチョコとココアを入れて優しく振るというやり方をしている(一度に10個から15個くらい)。
 そうすると角が取れて四角形を保てないのだけど、簡単で無駄なくココアを全面にまぶすことができる。
 本命チョコを少し作る場合は面倒がらずに茶こしで振る方法でやってください。



生チョコ透明カップ

 入れ物は好みで何でもいいのだけど、紙コップなどが安くて手軽だ。



生チョコピック

 おしゃれな爪楊枝みたいなものをフレーバーピックというらしい。100均でもいろいろ売っているし、楊枝に飾りをつけて自作してもいい。



生チョコラッピング

 ラッピングをして完成。

 見た目はお店レベルには遠いのだけど、味は保証できる。これは誰が作っても美味しくできる。失敗があるとすれば、チョコと生クリームを混ぜるときに加熱しすぎて分離してしまうパターンくらいだ。そのときはレンジで加熱するかすると復活することもあるようだ。
 とにかくチョコ刻みの面倒ささえ乗り越えられれば日常的に自分が食べる分として作ってもいいし、ちょっとした手土産として誰かにあげても喜ばれるんじゃないかと思う。
 材料費も安上がりで済むのも魅力といえる。チョコ10枚分として、ラッピングなど全部あわせて1,500円から2,000円くらいだろうか。これでカップ4個か5個くらいできる。
 ぜひやってみてください。美味しいですよ。
 
 

栄のLive DoxyでDsoul nationsとSparky Shadowのライブ撮影

イベント(Event)
Doxy

 先週の土曜日(2月8日)、栄にあるLive Doxyに、友人のバンドの撮影でお邪魔してきた。
 前回の撮影が2016年12月だから、3年以上が経っていた。変わるものもあるし変わらないものもある。
 今回は友人のバンドの他に東海地方を中心に活動するダンスボーカルグループ「Sparky Shadow」の中から宮木つくしさんと愛殊奈々さんのステージとコラボという形だった。
 そちらも撮らせていただいたので、普段とは違う撮影となった。最初はけっこう戸惑いが大きくて手応えがなかったのだけど、途中から少し掴めてきて、最終的にはわりといいのが撮れた。ここではお見せできないのが残念だ(許可が出たら載せます)。
 どんな撮影も難しさがあり面白さがある。人でも花でも風景でも。ここ2、3年は人を撮る機会が増えて、自分でもちょっと意外なのだけど人を撮るのがけっこう好きなことに気づいた。自分にしか撮れない写真があるように思う(人と同じように撮れないだけといえばそうかもしれない)。

 というわけで、ライブ撮影以外のお店風景をお送りします。



Doxy壁文字




Doxy映り込み




Doxyメニュー




Doxy青スポットライト




Doxyマイク




Doxy看板

 Live Doxy webサイト

 Sparky Shadow公式サイト

 Sparky Shadowは金山駅でよく活動しているようなので、見かけたら応援してあげてください。

 

免許書き換えのため平針に行く

イベント(Event)
運転免許試験場

「昨日、平針に行ってきた」
 と言えば、名古屋の人間なら、免許の書き換えに行ったんだなと思う。
 より正確に言うならば、昨日、名古屋市天白区平針にある愛知県運転免許試験場(web)に免許の更新のために行ってきた、ということになる。しかし、”平針”に行ったと言えばたいていは通じる。平針とはそういう場所で、他にはこれといったものはない。針名神社や農業センターがあるくらいだ。
 2018年から始まった庁舎の建て替え工事がまだ続いていて、引き続き駐車場は使えない状態だった。私は自転車なので関係がないのだけど、不便を感じている人は多いだろう。近辺のあちこちに、駐車場がないことと、このあたりに駐車するなという注意書きがある。

 5年ぶりだといろいろ忘れていることもあってちょっと戸惑う。5年前に行ったときは、ものすごく対応が丁寧になっていて驚いたものだけど、その印象は今回も変わらなかった。昔は庁舎内にやる気のなさが充満していて、対応も雑で乱暴だった。受付のおばさまなど、書類を卓球のバックハンドのようにスナップをきかせて投げてよこしたものだし、視力検査の係の人など一切覇気がなく、無気力が制服を着ているようだった。
 しかし、それくらい暗い場所だったのが、郵便局が民営化された後のように明るい職場に生まれ変わった。これではいけないと職場の意識改革が起こったのか、上の人間が交替して方針を入れ替えたのか。いずれにしてもいいことだと思う。

 訪れたのは平日の午後2時ということで空いていた。一番の狙い目は、午後3時締め切り直前に受付をすることだ。このときが一番人が少ないし、そのままの流れで講習の最終回を受けられるので無駄がない。
 優良者講習は1日10回。昼休みを挟んで基本は毎時10分と50分からで、途中で30分から始まる回がある。それを頭に入れておくとスムーズに進む。
 5年前もあったけど、4桁の暗証番号を登録するシステムがある。何に使うかはよく分からない。受付の後か、受付の前に、専用の機械で登録してプリントしたものを持っておく。写真撮影のときにバーコードを読み取るのだけど、忘れていてその場でやっている人も多かった。放送でしつこいくらい叫んでいたのだけど。
 受付用紙の記入も簡略化されていて、変更がなければ住所も書かなくてよくなった。名前と生年月日、電話番号などだけでいい。あと、裏面の病気に関する問診と。
 視力検査も並んでいなければ1、2分だし、写真撮影は待ち時間をあわせても5分とかからない。こんなに簡単だったかなと拍子抜けするくらいだ。
 講習が始まるまでの待ち時間にもよるのだけど、正味1時間もかからず終わる。昔は半日仕事だった気がするけど、そういう時代ではなくなったらしい。土日などは混むからもう少し時間がかかるだろうか。

 とりあえずこれを済ませば5年は忘れていられる。今は車を運転していないから減点もない。
 それにしても、あんな程度の手続きに3,000円も取られるのは納得がいかない。写真代や講習代、免許証代でそんなにかかるだろうか。無駄な金をかけて立派な教則本を作っているからだろう。



運転免許試験場新庁舎工事忠

 こちらが新庁舎になるのか、それとも立体駐車場なのか。
 今年2020年の4月から運用開始になるようなので、それ以降に行く人は新しい庁舎で手続きをすることになる。
 立体駐車場は来年2021年の2月完成というから、駐車場問題はまだしばらく解決しない。



運転免許試験場新庁舎

【アクセス】
・地下鉄鶴舞線「平針」駅から
 1番出口を出て市バスターミナル2番乗り場から市バス「平針運転免許試験場行き」または「地下鉄徳重行き」に乗り、「平針運転免許試験場」で下車

・地下鉄桜通線「徳重」駅から
 1番出口を出て徳重交通広場3番乗り場から市バス「地下鉄平針行き」に乗り、「平針運転免許試験場」で下車

・名鉄名古屋本線「鳴海」駅から
 南出口を出て1番乗り場から名鉄バス「平針運転免許試験場行き」に乗り、「平針運転免許試験場」で下車

・駐車場 2021年2月まで”なし”
 付近にコインパーキングあり
 

 元号が平成から令和に変わった。前回の免許には平成32年までとか平成33年までといった表記がされているので、うっかり免許更新を忘れやすい。一度確認してみることをオススメします。
 
 
  • ホーム
  • 次 ›