現身日和 【うつせみびより】

無題

階段にタマネギの皮

 


欄干の錆




壁のヒビ




水仙の蕾




昼の月

 
関連記事ページ

分かるのは印場城がここにあったということくらい

印場城址

 尾張旭市庄中町1丁目の西部浄化センターに、かつて印場城(地図)があった。
 城の規模は東西64メートル、南北60メートルほどで、西部浄化センターの北半分が城跡ということになる。
 北を流れる天神川を利用しつつ、堀と土塁で囲んでいたとされる。
 平成6年(1994年)に浄化センターを建築する際に調査が行われ、天目茶碗、漆器類、木製品などが見つかった。
 築造時期は室町時代の15世紀後半と考えられている。
 1699年(元禄12年)の「印場村庄屋彦助書上」には、城主は坂井弥兵衛と伝わっているが詳しいことは不明と書かれている。
 周辺には渋川城、瀬戸川城、井田城などがあった。井田城主が浅井玄藩允、その弟の浅井源四郎が瀬戸川城の城主だったことくらいしか分かっていない。
 尾張旭でいうと、新居城が一番大きかったと考えていいだろうか。現在の城山公園がその城跡だ。
 新居村の開拓者でもあった水野良春が城主で、大森城の尾関氏と争っていた。
 時代でいうと、南北朝時代なので、印場城は100年ほど後の築城ということになる。
 水野良春については以前にも何度かこのブログに登場している。

 又太郎良春さんはアマツヒコネがお好き? ---尾張旭神社巡り4弾

 水野良春のお墓にも二、三度行っている。

 初冬の尾張旭巡り

 水野良春についてはいずれもう少し詳しく書きたいと思っている。



印場城跡

 門は開いているけど部外者は立ち入り禁止だと思う。
 たとえ入っていけたとしても遺構は何もない。
 昔、ここに城があったんだなと思いを馳せるくらいだ。
 城など必要ない世の中になったことを喜ぶべきだろう。
 
【アクセス】
 ・名鉄瀬戸線「印場駅」から徒歩約12分
 ・駐車場 なし
 
関連記事ページ

なるようになるのがサンデー料理

サンデー料理

 2019年の1月はあまりに動きがないので、遅いんだか早いんだかよく分からない。年末からほとんど経っていないような気もするし、もう20日かとも思う。それだけ平和といえばそうなのだけど、捉えどころのない出だしとなった。

 サンデー料理は新年3回目。相変わらず季節感はない。一般家庭の夕飯のおかずとも違っている気がするんだけど、世の中は広いから案外サンデー料理に似た料理があちこちの食卓に並んでいるのかもしれない。
 以前はもう少し全体の方向性を決めていたのだけど、近年はそういうこともしなくなった。行き先は食材が教えてくれる。というか、食材任せで、半ば自らの意志を放棄している。
 なるようになる、それがサンデー料理の極意だ。



焼き茄子

「焼き茄子のタマネギ入りマヨネーズ・ソースがけ」
 ナスは塩水に浸けてあく抜きをして、オリーブオイルで両面を焼く。
 酒、みりん、しょう油、塩で軽く味付けをする。
 ソースは、オリーブオイル、タマネギ、酒、みりん、しょう油、唐辛子を加熱して、最後に卵黄を加えて混ぜ合わせる。



里芋とイカ

「里芋とイカの煮物」
 冷凍里芋というのがあって、それを使うと皮むきの手間から解放される。味も食感も普通に里芋を調理するのと変わらない。
 まず、水、酒、みりん、和風だしでイカを加熱して、火が通ったら一度取り出す。
 冷凍里芋を投入して、しょう油、白だし、塩で味付けをして、アルミホイルの落とし蓋をして煮込む。
 イカを戻して軽く加熱する。



エビとシイタケ

「エビとしいたけのピリ辛」
 エビの下処理をして、オリーブオイル、豆板醤、ショウガで炒める。
 火が通ったら取り出す。
 しいたけ、長ネギを炒める。
 酒、みりん、しょう油、塩、コショウで味付けをする。
 エビを戻して加熱しながら混ぜ合わせる。

関連記事ページ