記事一覧
  • 頑張らずに生き延びる

     絶望している人に向かって頑張って生きろとは言えない。 だって私も絶望しているのだから。 あるいは、絶望している者同士が頑張ろうと互いに励まし合えば生きていけるかもしれない。 ある程度生きれば分かることなのだけど、人は絶望しながらでも生きていける。絶望イコール死ではない。 生き延びる術のようなものがあるとすれば、それは頑張らないことだ。 とにかく生きることを最優先に考えた方がいい。 そこにどんな意...

    2021/09/22

    言葉(words)

  • 前フリ

     過去の出来事が思いがけない形で現在につながることがある。 あれって今このための前フリだったのかと。 ときにそれは壮大で手が込んでいて、こんなに回りくどいやり方が必要なのかと思ったりする。 そういうことが一生の中で何度か起きる。 でもだからこそ、人生って面白くてよくできているなと、しみじみ思うのだ。  ...

    2021/09/21

    言葉(words)

  • 正しさの熱量

     正しいことを言うのは気分がいいことだ。自分が偉くなったような錯覚さえ覚える。 多少頭のいい人間なら簡単なことで、言うだけならわけもない。 問題は何を思い誰のためにどういうつもりで言うかだ。 口先だけで言っても誰の心にも響かないし何も変えられない。 少なくとも腹の底から言葉を発しないといけないし、何かを少しでも良くしたいという気持ちがなければ正しい言葉など何の価値も持たない。 あらためて言う必要も...

    2021/09/20

    言葉(words)

  • ホーム
  • 次 ›

頑張らずに生き延びる

言葉(words)
雑草

 絶望している人に向かって頑張って生きろとは言えない。
 だって私も絶望しているのだから。
 あるいは、絶望している者同士が頑張ろうと互いに励まし合えば生きていけるかもしれない。
 ある程度生きれば分かることなのだけど、人は絶望しながらでも生きていける。絶望イコール死ではない。
 生き延びる術のようなものがあるとすれば、それは頑張らないことだ。
 とにかく生きることを最優先に考えた方がいい。
 そこにどんな意味があるかは生き延びた先で自分で確認するしかない。生き延びなければ永遠に分からずじまいになってしまう。
 
 
 

前フリ

言葉(words)
空き地の花

 過去の出来事が思いがけない形で現在につながることがある。
 あれって今このための前フリだったのかと。
 ときにそれは壮大で手が込んでいて、こんなに回りくどいやり方が必要なのかと思ったりする。
 そういうことが一生の中で何度か起きる。
 でもだからこそ、人生って面白くてよくできているなと、しみじみ思うのだ。
 
 

正しさの熱量

言葉(words)
メガネのレンズ

 正しいことを言うのは気分がいいことだ。自分が偉くなったような錯覚さえ覚える。
 多少頭のいい人間なら簡単なことで、言うだけならわけもない。
 問題は何を思い誰のためにどういうつもりで言うかだ。
 口先だけで言っても誰の心にも響かないし何も変えられない。
 少なくとも腹の底から言葉を発しないといけないし、何かを少しでも良くしたいという気持ちがなければ正しい言葉など何の価値も持たない。
 あらためて言う必要もないくらい当たり前なのだけど、正しさは身をもって実践するのが一番で、最も説得力がある。
 しかし、言葉にも確かに力はある。まったくの無力というわけではない。
 説得力を持って正しいことを言うのはとても難しい。
 そもそも、正しいことなんてたいていの人は頭では分かっているからだ。
 正しい言葉を正しい行動へとつなげるために必要なのは、やはり熱量ということになるんじゃないだろうか。
 理屈では無理となった場合、最後は本気で説得する以外に方法はないように思う。
 正しさというのは案外、非論理的なものなのかもしれない。
 
 
  • ホーム
  • 次 ›