- 現身日和 【うつせみびより】

芳野社宮司神社は本当に竹腰家が建てたものなのか

芳野社宮司社

 東区芳野にある社宮司神社(地図)。
 1684年に竹腰屋敷の守護のため鬼門に伊斯許理度賣命(イシコリドメ)を祀ったのが始まりというネット情報があるのだけど、史料などによる裏付けが取れないため、その情報が正しいのかどうか判断がつかない。
 尾張藩附家老の竹越正信がこの場所に屋敷を構えたのは確かなようだけど、1684年というのと伊斯許理度賣命を祀ったというのに違和感を覚える。
 そのあたりについては神社サイトの社宮司神社(芳野)のページに書いた。
 現在は民家の庭に祀られていて勝手に入っていっていいのかどうか迷う。立ち入り禁止とは書いてない。
 明治になって竹腰家が名古屋を引き払って、残った家臣の家で引き継いだという話も本当なのかどうか分からない。
 手っ取り早いのはこのお宅の方に話をうかがうことなのだけど。



芳野社宮司社入り口

 入り口にこのお宅の車が停まっていると神社の存在そのものに気づかない可能性がある。車がないと社号標が見えるので分かるはずだ。鳥居はない。

 

芳野社宮司社の社前




芳野社宮司社雨の社




芳野社宮司社伊藤萬蔵の寄進

【アクセス】
 ・名鉄瀬戸線「尼ヶ坂駅」から徒歩約9分
 ・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ

東区の赤塚神明社の見方が変わった

赤塚神明社

 東区赤塚にある神明社(地図)。
 住所としては徳川2丁目なのだけど、赤塚神明社で通っている。
 神社の前の通りは数え切れないくらい通っているから存在はよく知っていたのだけどあまり縁がなかった。調べてみると意外にも深い歴史を秘めていそうな神社だ。
 創建はかなり古いようで、元の祭神は分からない。茅輪くぐりや湯立て神事などを行っていることからするとスサノオ系の神社の可能性もある。
 見方が変わってちょっと気になる神社になった。
 歴史などについては神社サイトの神明社(赤塚)のページで。



赤塚神明社参道から拝殿へ





赤塚神明社境内社




赤塚神明社境内社の社が並ぶ




赤塚神明社楠木正成像と湊川神社




赤塚神明社御神木




赤塚神明社境内の風景




赤塚神明社境内の木

【アクセス】
 ・名鉄瀬戸線「森下駅」から徒歩約13分
 ・駐車場 あり(無料/西側入り口前に1台分)
 

スポンサーリンク

関連記事ページ

薄暗さがいい東区芳野の義市稲荷社

義市稲荷

 東区芳野にある稲荷社(地図)。
 社号標にもあるように義市稲荷社として名が通っているようだ。ただ、義市(よしいち)の由来については調べがつかなかった。
 尾張藩附家老の竹腰屋敷で祀っていたというのだけど、創建のいきさつについてはやや不明な点もある。
 明治維新で屋敷を引き払ったときに神社は置いていったということだろうか。本当に屋敷で祀っていたとしたら引っ越しても持っていきそうなものだけど。
 その他のことについては神社サイトの稲荷社(義市稲荷)のページで。



義市稲荷鳥居前




義市稲荷狐像




義市稲荷ミニ鳥居




義市稲荷鳥居




義市稲荷少し離れて

【アクセス】
 ・名鉄瀬戸線「尼ヶ坂駅」から徒歩約8分
 ・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ