早朝5時半から7時半までの東京の街を歩く -激闘・河口湖前哨戦 - 現身日和 【うつせみびより】

早朝5時半から7時半までの東京の街を歩く -激闘・河口湖前哨戦

早朝東京

PENTAX K100D+TAMRON SP 17-35mm f2.8-4



 激闘・河口湖編は、早朝の5時半、東京駅前から始まった。
 5時半といえども当たり前のように電車が動いている東京だから、交通手段には困らない。ただ、この時間から行ける場所というとさすがに限られている。店は別にして、施設は開いてないし、お寺だってまだ閉まっている。開いているところといえば、神社くらいのものだ。
 まず向かったのは人形町。特に何があるというわけではないけど、かつて吉原があった町というのを一度見てみたかったのだ。時間があれば明治座や元町公園まで足を伸ばそうと考えていた。
 東京駅から人形町へは少し行きづらい。とりあえず日本橋の駅までふらふらと歩いていくことにした。そこまで行けば、都営浅草線でひと駅だ。
 さすがに朝の5時半はまだ車通りもまばらで、目的もなく歩いている人は見かけない。見かけるのはホームがレスなおじさんたちくらいだ。一人、バス停のベンチで、真っ白に燃え尽きたあしたのジョーのような格好でお兄さんが深くうなだれて座り込んでいた。大丈夫かいと思ったけど、そういうときに声をかけないのが東京のルールだろう。人にはそれぞれ事情がある。朝の5時半からカメラを持って東京の街をうろついてる私だって、客観的に見ればだいぶ変だ。

早朝東京-2

 これは昭和通りの交差点だったか、その一本手前だったか。
 東京は高層ビルとコンクリートの無機質な街というイメージがあるけど、意外に花や街路樹が多い。下手な地方都市よりもよほど緑がたくさんある。大きな公園も要所にあるし、街の至る所に人の手が入っていて、ちょっとしたスペースも無駄に放置してない。そういう点でも名古屋は完全に負けている。名古屋では中央分離帯に雑草が茂っていて、そこに捨てられた缶が落ちていたりする。

早朝東京-4

 表通りから一本入れば、路地裏とまではいかないけど、個人単位の生活が見え隠れする。このあたりの街の表情は、地方とさほど変わらない。
 けど、こういう路地にすごくマニアックな店があって、客もたいして入ってないようなのに商売が成り立っているという東京の不思議もある。天体望遠鏡や鉱石なんかを売ってる小さな専門店の「ニュートン」なんてところに一度入ってみたことがあるけど、東京駅という立地で、あの狭さと品揃えでどうやって成立してるんだろうと思ってしまった。
 近年、名古屋メシが東京でも受け入れられるようになって、名古屋の有名店がどんどん東京に進出していっている。そういう人たちに言わせると、東京で商売をするのは楽だという。何もしなくてもお客が来てくれるからと。名古屋だと美味しくて安くて評判にならないと客が入らない。一度飽きられるともう来てくれなくなる。それだけ東京には人が多いということでもあるんだろうけど、ニーズの多様さというのは底が知れない。

早朝東京-3

 うわっ、すげえ、と思わず小さくつぶやいてしまいそうになった。24時間営業の果物屋さんなんてあるんだ。考えられない。なんで、深夜や朝っぱらに果物が必要なんだ。翌朝まで待てないか?
 一晩中、人件費と光熱費を使っても採算が取れるから24時間営業なんだろうけど、それにしても誰がそんな時間に果物なんか買いに行くんだろう。通りすがりの人がちょっとスイカでも買っていくかなんてことはそうはないだろうに。
 東京というのはいろんなところで驚かせてくれる。

早朝東京-5

 30分以上かかって日本橋駅にたどり着いた。地図で見ると近いようでも、歩くとなると案外遠いものだ。
 ここから人形町までは1分なんだけど、時計を見ると6時を回っている。このあと亀戸天神へ行く予定があって、新宿駅でツレとの待ち合わせが7時45分ということを考えると、人形町なんて行ってる場合じゃないということに気づく。しまった。なんてこった。
 しばし迷って、もう一度東京駅に引き返すことにする。この往復1時間の歩きはかなり無駄だった。
 人形町も行きたかったけど、またの機会ということにしよう。

早朝東京-6

 あ、日暮里・舎人ライナー。みんなが待っていたって、待っていた人は20年以上待っていたらしいから、地元の人には悲願と言えるだろう。
 私は特に待っていなかったけど、機会があれば一度乗りに行きたいと思っている。ただ、行くといっても路線沿いに何か魅力的なところがあるわけでもなさそうで、目的地になりそうなところといえば西新井大師くらいだろうか。記念に一度、端から端まで乗ることにしよう。
 6月に開業する副都心線もちょっとだけ楽しみだ。といっても、こちらは特に目新しい駅があるというわけではなく、たとえば雑司が谷へ行ったりするときに多少便利になるといったくらいかもしれない。始発の和光市には何があるんだろう。

早朝東京-7

 6時半を回っていたけど、この日は祝日、さすがの山手線東京駅も人が少なかった。こんなに人がいない東京駅を見たのは初めてだ。
 山手線で秋葉原まで行って、そこでJR総武線に乗り換えて亀戸を目指す。

早朝東京-11

 亀戸駅前。とりたてて特徴のある駅前ではない。東京の郊外の典型的な雰囲気だ。三鷹とかそんな感じに少し似ていた。
 亀戸天神までは少し距離があって、急いで10分、ゆっくりいけば15分はかかる。

早朝東京-8

 せっかくだから、こんな狭い路地裏を通っていこう。亀戸横丁というのがここの正式名なのだろうか。
 飲食店街の朝7時前は、まだゆうべの名残のけだるさが漂っていて、さあこれから朝が始まるぞという元気な感じはない。お店の前の掃除をしているおかみさんがひとり、ふたりといるくらいで。
 この町は下町の風情が残っているところなので、そういう視点で散策してみると面白い発見がありそうだ。今回は時間がなくて、急いで亀戸天神を目指してしまったので、そこまでゆっくり見て回る余裕がなかった。

早朝東京-9

 亀戸中央通り商店街では、こいのぼり祭りをやっていた。電柱につながれた鯉のぼりが商店街の上を泳いでいる。
 このあたりも時間があれば入っていって見てみたかった。

早朝東京-10

 これまたちょっとすごい、昔ながらの洋品店だ。今どき、帽子をここまで前面に押し出して主力商品としている店もなかなかない。私が小学生だったときは、町に帽子屋さんというのがあって、それなりに流行っていたものだけど、帽子屋さんを見かけなくなって久しい。
 店内には500円のものがいっぱいあるよ、売り尽くしセールで早い者勝ちだよと呼びかけられても、気軽に入っていくことはできない。オレンジ色のカウボーイハットなんて、かぶれない。パステルブルーのベレー帽とかも厳しい。
 でも、売り尽くすまで頑張って商売を続けて欲しいと思う。こういう店がまだ残っているとホッとするから。

 このあと亀戸天神で藤を見て、河口湖へ行くことになるのだけど、そこのことはもう書いた。激闘・河口湖編は、すでに早朝の東京2時間歩きから始まっていたのだった。
 河口湖から帰ってきたあと、夜は池袋のサンシャインにあるナンジャタウンというところへ行った。そのときのことはいずれ近いうちに書きたいと思っている。
 河口湖編はその後更に、翌日早朝の名古屋駅へと舞台を移し、そこでようやく完結を迎えることとなる。あともう少しこのシリーズは続くのであった。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/978-f9c3ae1a