眠くてぼんやりした意識のまま葛西臨海公園風景の写真を並べるだけ - 現身日和 【うつせみびより】

眠くてぼんやりした意識のまま葛西臨海公園風景の写真を並べるだけ

葛西臨海公園風景-1

Canon EOS 20D+EF 75-300mm F3.5-5.6 IS



 今日は葛西臨海公園の様子を簡単に紹介して終わりにする。
 何しろ眠たくていけない。
 明日あらためて書き加えるかもしれないけど、今日のところは写真だけ並べて、もう寝てしまう。

葛西臨海公園風景-2

 三脚につけたスコープを担ぐ人々。本物の鳥の人だ。デジカメは付けてなかったから観察するだけなのか、ポイントへ行ってからデジをセットするのか。
 やっぱり基本はリュックだな。大きなカメラバッグを肩から提げているカメラ屋さんとはスタイルが違う。

葛西臨海公園風景-3

 ウォッチングセンターから鳥見をする人々を激写。鳥目線からだとこうなる。鳥にしてみたら、なにを並んでのぞいてやがるんだって思ってることだろう。

葛西臨海公園風景-4

 海辺は憩いの場。座って海を眺めたり、散歩をしたり、釣りをしたり、みんなのんびり思いおもいに過ごしている。今はまだ海沿いでも寒くないから、海を見ながらぼーっとするにもいい。

葛西臨海公園風景-5

 左を見るとディズニーランドが見える。お金を使いたい人は向こうへ行き、安上がりに済ませたい人は葛西臨海公園で過ごす。

葛西臨海公園風景-6

 海を見ながらのランチは、明治村で買ってきたカステーラ。最近カステラを食べるということがほとんどなかったので懐かしい味がした。久しぶりに食べると美味しいものだ。

葛西臨海公園風景-7

 鳥撮りをしてる間に夕暮れ時間になった。夕焼けを期待しつつ、西の方へ移動する。
 できれば人工島の西なぎさまで行こうと思っていたら、あの島だけは夕方5時で閉めてしまって行けなかった。

葛西臨海公園風景-8

 焼け加減はもう一つ。水に映ったオレンジで夕焼け気分を味わう。

葛西臨海公園風景-9

 太陽は地上近くの雲の中に沈んでいってしまった。こうなるときれいな夕焼け空にはならない。今は秋で一年で一番夕焼けのいい季節なのに、残念。最近は、肝心なところで夕焼け運がない。

 明日はこの続き。日没から夜にかけての葛西臨海公園風景を紹介して最後としたい。けっこう引っ張ってしまった。
 本日はこれにて終了。眠気に負けた。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/781-bc7b132a