町内神社と戦争の名残の北山八幡社 - 現身日和 【うつせみびより】

町内神社と戦争の名残の北山八幡社

北山八幡社

 昭和区北山町にある北山八幡社(地図)。
 ここも昭和区北西部にある御器所八幡宮分社のひとつだと思う。
 北山町ができたのが昭和8年で、その後に町内会で祀ったのが始まりだっただろうか。
 国威宣揚の碑があって、これが建てられたのは紀元二千六百年の昭和15年だから、創建されてほどなくして戦争が始まったということになる。このあたりも空襲の被害を受けている。
 時が流れて時代が移り、神社はこうして残った。たとえ昭和に建てられた新しい神社であっても、積み重ねてきた歴史は軽くないとあらためて思う。
 その他については神社サイトの北山八幡社(北山町)のページで。



北山八幡社正面




北山八幡社国威宣揚碑




北山八幡社全景

【アクセス】
 ・地下鉄鶴舞線「荒畑駅」から徒歩約12分
 ・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/5569-329df57d