大杉の首塚社は誰の首を祀っているのか - 現身日和 【うつせみびより】

大杉の首塚社は誰の首を祀っているのか

首塚社

 北区大杉にある首塚社(地図)。
 かつて山伏塚と呼ばれていた塚に関係があるという話が伝わっている。
 山伏塚の由来については諸説あってはっきりしない。このあたりに尾張藩附け家老の竹腰山城守の中屋敷があって、その門番が山伏の首を刎ねたとか虚無僧だったとか、あれこれ言われている。
 そのあたりについては神社サイトの首塚社のページに書いた。
 いわれはともかくとして、こんな住宅地に首塚社などという神社が残ったのは驚きだ。
 お世話をしているのは町内の人なのか何らかのグループなのか個人なのか。
 昼間であってもとても暗くて空気は少々重いのだけど、そんなに悪い感じはない。
 なかなかフォトジェニックな神社でもあった。



首塚社入り口提灯




首塚社手水舎




首塚社古い石碑




首塚社境内




首塚社本社前




首塚社奥の提灯




首塚社社が並ぶ




首塚社屋根祭神名




首塚社線香立て




首塚社蝋燭立てと幟




首塚社プレハブ屋根と切り株

【アクセス】
 ・名鉄瀬戸線「清水駅」から徒歩約7分
 ・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/5550-33540645