茶屋家の忘れ形見の三十番神が茶屋後神明社に - 現身日和 【うつせみびより】

茶屋家の忘れ形見の三十番神が茶屋後神明社に

茶屋後神明社

 港区新茶屋にある神明社(地図)。
 かつての茶屋後新田(ちゃやのちしんでん)にあることから茶屋後神明社と称している。
 尾張茶屋家二代の茶屋長以が1677年に茶屋後新田を開発するとき、三十番神を祀ったのが始まりで、新田が完成した1679年を創建年としている。
 明治の神仏分離令で三十番神を神社で祀ることが禁じられたため、伊勢の神宮から勧請して神明社として再出発することになった。
 そのあたりの歴史などについては神社サイトの神明社(茶屋後)のページに書いた。

 なかなかいい神社で、港区を代表する神社のひとつといっていいと思う。
 ただ、お世話が行き届いておらず、少し荒れ気味なのが気になった。
 茶屋家は借金から新田を手放すことになり、後を引き継いだ関戸家も戦後に土地を小作人に譲ってしまった。
 少しお金と手を掛ければ立派な神社に戻るはずだ。



茶屋後神明社参道




茶屋後神明社蕃塀




茶屋後神明社拝殿内




茶屋後神明社本社




茶屋後神明社境内社




茶屋後神明社龍神社




茶屋後神明社三十番神




茶屋後神明社三十番神の社




茶屋後神明社御即位祈念碑




茶屋後神明社秋葉神社

【アクセス】
 ・近鉄名古屋線「近鉄蟹江駅」から徒歩約51分
 ・「新西福橋バス停留所」から徒歩約10分
 ・駐車場 あり
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/5535-a10b2f08