小川新田の守り神だった熱田社 - 現身日和 【うつせみびより】

小川新田の守り神だった熱田社

小川熱田社

 港区小川にある熱田社(地図)。
 ここは江戸時代中後期の1797年(寛政9年)に十四山村の佐藤五兵衛が開発した新田だったところだ。最初は福富新田や五兵新田などと呼ばれていたものを、後に小川伝兵衛たちが買い取り、1805年(文化2年)からは小川新田というようになった。現在の町名の小川はそこから来ている。
 この熱田社は、最初の開発者の佐藤五兵衛が勧請したものなのか、後の時代に別の誰かが建てたものなのか、よく分からない。そのあたりははっきり伝わっていないようだ。
 祭神がヤマトタケルになっているのも当初からそうだったのか、明治以降にそうしたのか、なんとも言えない。おそらく後者だとは思うけど。
 広くはないけどなかなか整ったいい神社だ。
 その他の歴史などについては神社サイトの熱田社(小川)のページで。



小川熱田社正面拝殿前




小川熱田社拝殿




小川熱田社社殿横から




小川熱田社境内の風景




小川熱田社祈念碑とソテツ

【アクセス】
 ・「両茶橋バス停留所」から徒歩約11分
 ・駐車場 なし(隣にスペースあり)
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/5532-e65a48e6