緑も大事だと再認識する港区の二名社 - 現身日和 【うつせみびより】

緑も大事だと再認識する港区の二名社

二名社

 港区寛政町にある二名社(地図)。
 二人で始めた小さな会社みたいな名前だけど、アマテラスとヤマトタケルを祀るということでこの名前がつけられている。
 創建は江戸末期の1859年。創建には熱田前新田の堤防決壊が関係していそうなのだけど、はっきりしたことは分からない。そのあたりの歴史については神社サイトの二名社のページに書いた。
 もともとはいい神社だっただろうに、禿げ山のように境内の木々が完全に枝を落とされてしまって痛々しい。ここまで刈ってしまう必要があったのだろうか。
 そのせいもあって、境内はひどくがらんとした印象になってしまっている。



二名社境内の風景




二名社拝殿額




二名社社殿横から




二名社拝殿からの眺め




二名社裏手

【アクセス】
 ・あおなみ線「荒子川公園駅」から徒歩約12分
 ・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/5452-52c6aca5