港区船見町の神徳神社 - 現身日和 【うつせみびより】

港区船見町の神徳神社

神徳神社

 港区船見町にある神徳神社(地図)。
 船見町は昭和3年(1928年)に造成された8号地と呼ばれる埋め立て地なので、神社が建ったのはその後のことだ。
 港区の北側は300年ちょっと前に干拓で陸地化されたところで、南側は100年くらい前まで海だった。人工的に作った地面の上に道路を通し、家を建て、鉄道を敷き、高速道路の高架まで建設しているのだから、考えてみると不思議に思える。それでも草木は生え、花は咲き、木も大きくなっている。港区の住民で人工の土地の上に暮らしていると意識している人はもはやほとんどいないかもしれない。
 神徳神社については情報がほとんどなく、詳しいことは分からなかった。分かる範囲については神社サイトの神徳神社のページに書いた。



神徳神社本社前




神徳神社の社




神徳神社社号標

 社号標や石柱などの裏に刻まれた文字は薄くなって読み取れない部分が多い。



神徳神社石柱

【アクセス】
 ・名鉄常滑線「柴田駅」から徒歩約28分
 ・無料駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/5441-85b1e2f0