稲生町の神明社は本当に江戸期からあった神明社なのか - 現身日和 【うつせみびより】

稲生町の神明社は本当に江戸期からあった神明社なのか

稲生町神明社

 西区稲生町にある神明社(地図)。
 屋根神様を降ろしたくらいの社なのだけど、江戸時代からあったようだ。たぶん場所は移されていて元からここにあったわけではないと思う。
 敷地の中には稲生学区集会場が建っており、石碑や墓石のようなものもある。どちらかがどちらかに間借りしているような感じだ。
 その他のことについては神社サイトの神明社(稲生町)のページで。



稲生町神明社鳥居の注連縄と紙垂




稲生町神明社本社前

 土台と社のサイズ感がちょっと合ってない。



稲生町神明社の社

 ミニサイズながら神明造で、内削ぎの千木と六本の鰹木を持っている。



稲生町神明社墓石と石碑




稲生町神明社境内の風景

【アクセス】
 ・地下鉄鶴舞線「庄内通駅」から徒歩約11分
 ・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/5433-0bf7c252