西区名塚の白山社はいい神社だけどそこまで古いか - 現身日和 【うつせみびより】

西区名塚の白山社はいい神社だけどそこまで古いか

名塚白山社

 西区名塚にある白山社(地図)。
 かつての名塚村にあった神社で、名塚村は名古屋城築城の際に庄内川の堤が築かれるまでは庄内川の北にあった。1614年に庄内川の南に村ごと移された。
 この神社は天武天皇時代の672-686年に創建されたと社伝は伝える。
 名塚村の東の稲生村は古い地名だけど、名塚もそこまで古いかどうか。
 そのまま信じるのは危ういけどそういう話が伝わっているということは何らかの根拠があったのかもしれない。
 現在地は信長が尾張国を統一するきっかけになった稲生の戦いのときに名塚砦が築かれた場所とされている。
 その他のことについては神社サイトの白山社(名塚)のページで。



名塚白山社旧参道か

 鳥居から反対方向を見ると長い直線の道が続いている。かつてはこの向こう側に第一の鳥居があったかもしれない。



名塚白山社参道と拝殿




名塚白山社拝殿




名塚白山社拝殿額と注連縄




名塚白山社境内の風景




名塚白山社獅子




名塚白山社境内社と遙拝所




名塚白山社白王稲荷の鳥居




名塚白山社白王稲荷の社




名塚白山社境内社

【アクセス】
 ・地下鉄鶴舞線「庄内通駅」から徒歩約7分
 ・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/5432-c51d9361