海の底だったところにある込高新田の津島社 - 現身日和 【うつせみびより】

海の底だったところにある込高新田の津島社

寅新田津島社

 緑区大高町寅新田にある津島社(地図)。
 江戸時代、大高村を本拠にしていた尾張徳川家の家老、志水家が新田を作ってのちに拝領した込高新田だった場所だ。
 神社の創建は1684年と伝わっている。
 わりと広い境内の端っこに社殿が建っていて、贅沢な空間になっている。立派に育った松が印象的だった。
 かつてこの場所は海だったということで、海抜はマイナス4メートルとなっている。海抜マイナス4メートルでどうやって陸地になっているか不思議なのだけど、そういうこともあるのだろう。
 歴史などについては神社サイトの津島社(大高町寅新田)のページで。



寅新田津島社本社前




寅新田津島社門から本社をのぞく




寅新田津島社青峯観音堂




寅新田津島社青峯観音

【アクセス】
 ・名鉄常滑線「名和駅」から徒歩約23分
 ・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/5364-47ec47fd