東谷山の麓にある東谷奇玉宮とは - 現身日和 【うつせみびより】

東谷山の麓にある東谷奇玉宮とは

東谷奇玉宮

 守山区上志段味にある東谷奇玉宮(とこくにくしたまぐう/地図)。
 名前は変わっているし、鳥居も見たことがない様式で、雰囲気もちょっと違う。ここは普通の神社ではないというのはすぐに分かる。
 ただ、嫌な感じはなくて、清潔感があって、社殿は神明社風だ。わりとまっとうな神社かもと思う。
 帰ってきてから知ったところによると、天祖光教(てんそこうきょう)という新宗教の施設なんだそうだ。神社と呼んでいいのかどうかはちょっと微妙だ。天祖光教の教祖を祀っているのかどうかもよく分からない。
 歴史などについては神社サイトの東谷奇玉宮のページで。



東谷奇玉宮二の鳥居

 鳥居はこんな格好をしている。他にはないオリジナルのスタイルだ。
 六芒星は何を表しているのだろう。教団のシンボルとして使っているのだろうか。



東谷奇玉宮本殿前




東谷奇玉宮本殿




東谷奇玉宮紅葉の頃




東谷奇玉宮教えの石碑

【アクセス】
・JR中央本線「高蔵寺駅」から徒歩約45分
・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/5242-1ac9484f