雨上がりの片山神社を訪ねる - 現身日和 【うつせみびより】

雨上がりの片山神社を訪ねる

片山神社

 去年の10月、東区の片山神社を訪ねた(地図)。
 このときが4回目になるだろうか。5回目かもしれない。最初の印象があまりにも強すぎて2度目、3度目はそうでもなかったのだけど、このときはなかなかの空気を出していた。この感じは他ではちょっと味わったことがない。
 ここは延喜式神名帳に載る片山神社を称しているのだけど、片山八幡社がそうじゃないかと個人的には思っている。ここは蔵王権現と呼ばれていた神社だ。山の神みたいなものを感じる。
 この日は雨上がりということで神社全体がしっとり濡れていい雰囲気だった。相変わらずちょっと怖いような感じもある。
 歴史などについては神社サイトの片山神社のページで。



片山神社キンモクセイの花絨毯




片山神社手水舎

 手水舎につり下げられた竹。鳥除けだろうか。
 風も吹かないのに一ヶ所だけずっと揺れ続けていた。



片山神社拝殿前




片山神社境内社と本殿と天狗杉




片山神社絵馬




片山神社水たまりと落ち葉




片山神社横の坂道

【アクセス】
・名鉄瀬戸線「尼ヶ坂駅」から徒歩約4分
・駐車場 なし(境内に可)
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/5239-595a25b8