かの里下神明社は不思議な状況 - 現身日和 【うつせみびより】

かの里下神明社は不思議な状況

かの里下神明社

 中川区かの里にある下神明社(地図)。
 かつての包里村(かねさとむら)にあった二社の神明社のうちの南にあるということで下神明社(しもしんめいしゃ)と称している。
 村としては東西に分かれていて、上神明社が西郷の氏神、下神明社が東郷の氏神とされたという。
 上神明社は天照大神を祀り、下神明社では豊受大神を祀る。伊勢の神宮の内宮と外宮に見立てたものだろう。
 歴史などについては神社サイトのかの里下神明社のページで。



かの里下神明社全景

 この下神明社が変わっているのは神社の状況だ。
 入り口は東側にあって社殿は南を向いている。
 南は玉垣で囲われ、その外はガクッと土地が下がっていて、荒れ地のようになっている。陸軍関係の大きな石碑が建っているエリアは神社の外という扱いのようで、ここには近づけない。
 写真左手にはアパートが建っている。
 もともとの神社はどんなふうになっていたのかが想像できない。南に鳥居や入り口はなかったのだろうか。
 この不思議な状況が記憶に残る神社だった。



かの里下神明社社殿




かの里下神明社拝殿内




かの里下神明社本殿横から




かの里下神明社石碑

【アクセス】
・JR関西本線「戸田駅」から徒歩約13分
・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/5151-5d914160