荒子観音に久々の参拝 - 現身日和 【うつせみびより】

荒子観音に久々の参拝

荒子観音

 中川区の荒子観音(地図)に隣接する神明社を訪ねたとき、せっかくなので荒子観音にも寄っていった。10年ぶりくらいだったかもしれない。かなり久しぶりだった。
 正式名を浄海山圓龍院観音寺(じょうかいざんえんりゅういんかんのんじ)というそうなのだけど、道行く人に圓龍院観音寺はどこですかなどと訪ねても、さあ、知りませんねという答えが返ってくる可能性が高い。もっぱら荒子観音で通っている。
 マピオンを見ると、本堂が荒子観音寺となっており、西隣の建物が浄海山圓龍院観音寺となっている。実際にそうなのか、ふたつの呼び名があることを示しているのかはよく分からない。
 荒子観音の歴史については、神社サイトの荒子神明社のページに簡単に書いた。
 有名でもあり、古刹でもあるけど、あまりよく分かっていない部分もある。
 尾張四観音のひとつで、毎年、節分祭はよく賑わう。
 多宝塔が重要文化財に指定されている他、円空仏を多数所有していることでも知られる。仁王門の仁王像も円空作と伝わる。



荒子観音多宝塔




荒子観音多宝塔木組み




荒子観音本堂




荒子観音本堂屋根




荒子観音本坊




荒子観音何かの木




荒子観音行者像




荒子観音弁財天

【アクセス】
・地下鉄東山線「高畑駅」から徒歩約11分
・あおなみ線「荒子駅」から徒歩約12分
・駐車場 あり(無料)
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/5089-11a29880