雨のち晴れの東区散策 ~徳川園・建中寺・市政資料館・豊田佐助邸・他 - 現身日和 【うつせみびより】

雨のち晴れの東区散策 ~徳川園・建中寺・市政資料館・豊田佐助邸・他

大曽根の瀧

 雨のち晴れの一日、東区を散策してきた。
 そのときの写真を少し紹介します。

 雨の徳川園。大曽根の瀧。



雨を写す




キンモクセイ

 キンモクセイの香りをかぐと秋を思う。
 そろそろ花が散り始めて、地面がオレンジ色になっているのを見かけるようになった。秋がだんだん深まっている。



建中寺の屋根

 建中寺を訪ねたときはもう雨があがっていた。
 初めて畳に上がって阿弥陀如来像を近くで見た。
 本堂はとても居心地がいい。



三つ葉葵

 建中寺は尾張徳川家の菩提寺だ。



名古屋市市政資料館

 名古屋市市政資料館の大階段。



名古屋市市政資料館の廊下




市政資料館ドーム屋根




ノラ




主税町教会

 主税町教会の扉は閉ざされていた。
 以前入ることができたのはたまたまだったのだろうか。それとも、このときがたまたましまっていたのか。



豊田佐助邸

 久しぶりに豊田佐助邸にも行ってみた。



豊田佐助邸和室




カノッサ修道女会養成の家

 カノッサ修道女会養成の家というところ。



料亭か茂免

 料亭か茂免。

 白壁・橦木町一帯は、車を停めておくところがあまりなくて厳しいのだけど、散策するのは楽しいところだ。この他にも川上貞奴邸や橦木館などがある。
 徳川園から歩くには少し遠いけど、観光ルートバスのメーグルもあるので、徳川美術館と組み合わせると一日楽しめる。県外の方にもおすすめしたいエリアだ。
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/5083-76d4ef36