戸田五社の中ではやや異質な存在である鈴宮社 - 現身日和 【うつせみびより】

戸田五社の中ではやや異質な存在である鈴宮社

鈴宮社

 中川区戸田の鈴宮社(地図)。
 戸田五社の中の三之割の氏神に当たる神社だ。
 戸田の五つの神社の中ではやや異質な存在といえる。鈴宮というのがまず珍しい。
 熱田にある鈴之御前社と関係があるのかないのか、祭神はどちらもアメノウズメとなっている。田んぼの神様としてアメノウズメがふさわしいかどうか、やや疑問だ。
 入り口の石柱に霊宮社とあり、古くは礼宮とも表記したようだ。
 現在は「すずのみや」を正式名としているようだけど、表記からするともともとは「れいぐう」だったかもしれない。
 鈴宮と霊宮ではかなり意味が違ってくるように思う。
 祭神は最初からアメノウズメだったのだろうか。
 その他のことについては神社サイトの鈴宮社のページで。



鈴宮社鳥居前

 鳥居が拝殿前にあって入り口にないのは、山車の出入りのためだ。それぞれ山車を持つ戸田の五社はどこもそうなっている。



霊宮社




鈴宮社拝殿額




鈴宮社拝殿内




鈴宮社本殿横から




鈴宮社獅子




鈴宮社御神木




霊宮社




鈴宮社獅子と夕陽

【アクセス】
 ・JR関西本線「春田駅」から徒歩約17分
 ・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/5066-085e0255