天満宮らしさはないけど道真を祀る眞好天神社 - 現身日和 【うつせみびより】

天満宮らしさはないけど道真を祀る眞好天神社

眞好天神社

 瑞穂区の瑞穂通にある眞好天神社(しんこうてんじんしゃ/地図)。
 明治2年に、おどり山古墳の上にあったものをここに移してきた。その頃は眞好社といった。
 昭和58年に祭神を菅原道真として、眞好天神社と名を改めた。その前はどんな神を祀っていたのだろう。
 昭和58年といえば最近のことだ。その時期に何があったというのか。
 歴史などについては神社サイトの眞好天神社のページで。



眞好天神社拝殿正面

 神社は丘の上のようなところな高いところにあって、東と北に入り口がある。
 東から登っていくと、直角に右に曲がったところに鳥居があり、社殿は南を向いている。
 ぱっと見、天満宮らしさはない。



眞好天神社牛像と拝殿

 牛の像が天満宮の証といえば証だ。



眞好天神社拝殿額と鈴




眞好天神社本殿




眞好天神社境内社




眞好天神社社殿と境内の風景

【アクセス】
・地下鉄桜通線「瑞穂区役所駅」から徒歩約4分
・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/5024-ea62fed8