入れないけど稼働しているのか? 名駅南津島社 - 現身日和 【うつせみびより】

入れないけど稼働しているのか? 名駅南津島社

名駅南津島社

 名駅南2丁目の堀川沿いにある小さな神社、津島社(地図)。
 入り口の扉は閉ざされて、屋根部分には有刺鉄線が張り巡らせてあって、一見すると廃社になった神社だと思う。
 しかし、まだ生きていて、正月や例祭は神事を行っているという。もともと津島天王祭で行われる御葦流し(みよしながし)のために建てられたという話もあるのだけど、そうではないという話もあってよく分からない。
 はっきりしていることは、普段は中に入れないということだ。
 分かったことについては神社サイトの名駅南津島社のページに書いた。



名駅南津島社外観




名駅南津島社閉ざされた入り口




名駅南津島社彫り物




名駅南津島社境内の中

 隙間から中を覗いてみると、草がぼうぼうに生えていた。



名駅南津島社碑

 碑には文久の文字が確認できる。
 文久は江戸時代末期の1861年から1864年だ。



名駅南津島社と堀川




名駅南津島社本社の屋根

 結局、どういう神社かよく分からないままだった。例祭などの日に訪れたら話が聞けるかもしれない。

【アクセス】
・地下鉄鶴舞線/東山線「伏見駅」から徒歩約18分
・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4972-ab70386f