末社から独立した小碓知立社 - 現身日和 【うつせみびより】

末社から独立した小碓知立社

知立社

 中川区松年町にある知立社(地図)。
 かつての小碓村にあったということで、小碓知立社とも呼ばれる。
 この知立社は「ちりふ」と読ませるようだ。江戸時代は池鯉鮒宿など、知立に池鯉鮒と字を当てたりした。
 愛知県知立市にある三河国二宮・知立神社から勧請して建てたものと思われる。
 もともとは十一番割にあった八劔社の境外末社だったのが、崇敬者が増えて独立神社になったという珍しいパターンだ。
 珍しいといえば、名古屋には知立社が少なくて、ここともう一社、港区の池鯉鮒神社の2社しかない。
 歴史などについては神社サイトの知立社のページで。



知立社

 中川区の神社らしい神社だ。木々が境内を覆っていて、公園と一体化しているという典型的なスタイルだ。



知立社拝殿




知立社社殿の様子




知立社境内社




知立社境内の風景

【アクセス】
 ・地下鉄名港線「六番町駅」から徒歩約29分
 ・あおなみ線「中島駅」から徒歩約23分
 ・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4946-cdeb36a2