駐車場の中にあるのか中に駐車場があるのか富田忠魂社 - 現身日和 【うつせみびより】

駐車場の中にあるのか中に駐車場があるのか富田忠魂社

富田忠魂社

 中川区の東春田にある富田忠魂社(地図)。
 大正3年に富田中学に建てられたもので、戦後の昭和27年に中学の少し南の現在地に移されたとのことだ。
 大正時代に町民主導で忠魂社が建てられた例がどれくらいあるのかは知らないけど、今でも町内でお金を出して守っているようだ。
 この規模の神社の維持費というのがどれくらいのものなのか、まったく想像ができない。修繕費を出し合うということになれば、それはけっこう大変そうだ。
 神社の境内がどこからどこまでなのか判断がつかないのだけど、境内の余ったスペースを月極駐車場にして維持費を稼ぐことができれば、それは理にかなった神社経営といえるかもしれない。東京ではそういう神社を何社か見たことがある。
 その他のことは神社サイトの富田忠魂社のページで。



富田忠魂社鳥居と境内

 神社全体はこんな感じ。周りを囲っていないので、晒され感が強い。
 鳥居と本殿の位置はここでよかったのだろうか。12畳の部屋の真ん中にコタツを置いたみたいになっていて、ちょっと落ち着かない気がする。



富田忠魂社本殿

 本殿周りだけ見ると、いい感じにコンパクトにまとまっている。

 忠魂とか護国とかいわれるとちょっと身構えてしまいがちなのだけど、こういう神社があってもいいと思った。

【アクセス】
 ・JR関西本線「春田駅」から徒歩約7分
 ・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4919-3b4e6dd1