赤星神社の雰囲気がよく分からない - 現身日和 【うつせみびより】

赤星神社の雰囲気がよく分からない

赤星神社

 中川区富田町千音寺の赤星神社(地図)。
 赤い彗星といえばシャア。赤星神社といえば、さて、神は何か?
 星神社といえば、アマツミカボシやアメノカガセオなどの星の神を祀るものだけど、ここは根裂尊(ネサク)を祀っている。その神の正体はよく分からない。
 もともとここは赤星村で、神社は地名から来ているのかもしれない。でも、だとしたら赤星村の由来は何なのかという話になる。隕石が落ちた村だからなどという話もありつつ、詳しくは神社サイトの赤星神社のページで。



赤星神社鳥居前




赤星神社蕃塀




赤星神社参道




赤星神社拝殿




赤星神社弊殿




赤星神社本殿横から




赤星神社津島社




赤星神社星の印




赤星神社何かの跡

 昭和55年に高速道路の建設に伴って現在地へ移されたことで、もともとこの神社が持っていた雰囲気が壊れてしまったように見える。その結果、よく分からない神社になってしまった。
 古社といえばそのようでもあり、違うといえば違うようにも思える。

【アクセス】
 ・JR関西本線「春田駅」から徒歩約35分
 ・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4916-8210de8a