名古屋駅裏にある小さな須佐之男社 - 現身日和 【うつせみびより】

名古屋駅裏にある小さな須佐之男社

須佐之男社

 名古屋駅裏、笈瀬本通商店街の一角に小さな神社がある。スサノオとカグツチを祭る須佐之男社だ(地図)。
 今はぐっと小さくなってしまったけど、江戸時代は牧野村5社の中の1社だった。
 それでも、この場所でしっかり残ったのは大したものだ。こんなに小さくても氏子数は2,000戸と、ある意味では大きな神社ともいえる。
 江戸時代は疫病と火事が村人たちにとっては大敵だった。それを鎮めるために牛頭天王(スサノオ)と秋葉権現(カグツチ)を祀るというのは理にかなっている。尾張藩2代藩主の光友が奨励したということもあって、名古屋城下には多くの天王社(須佐之男社)や秋葉社が建てられたという。
 詳しいことは神社サイトの須佐之男社のページで。



須佐之男社外観

 境内のと社殿の全景はこんな感じ。
 こぢんまりしているけど、全体のバランスはいい。コンパクトに上手くまとまっている。



須佐之男社かっぱ

 神社の横の笈瀬通(おいせどおり)はかつて笈瀬川が流れていたところで、そこにはカッパが棲んでいたという伝説がある。
 そのこともあって、笈瀬通商店街は、かっぱ商店街とも呼ばれている。
 道ばたにいくつかカッパ像なども置かれている。

【アクセス】
 ・鉄道各社「名古屋駅」から徒歩約10分
 ・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4872-6bbc08de