熱田の四番町神明社はちょっとユニークな神明社 - 現身日和 【うつせみびより】

熱田の四番町神明社はちょっとユニークな神明社

四番町神明社鳥居

 熱田区四番にある神明社ということで、四番町神明社(地図)と呼ばれている。
 江戸時代に開発された熱田新田に建てられた神社のひとつで、時期的にはここが一番早かったそうだ。
 熱田新田は、熱田区から中川区、港区にかけての広大な新田で、一番から三十三番までに区分けされ、それぞれに観音を置いて祀った。今でもその一部が残っている。
 四番町神明社は、神明社ではあるのだけど、アマテラスの他にヤマトタケル(日本武尊)とツクヨミ(月読命)も祀るという、ちょっと変わった神社だ。どうしてそういうことになったのか、詳しいいきさつは分からない。
 本社の横にやや独立した格好で竜神社がある。この神社についてもよくは分からない。
 詳しいことは神社サイトの四番町神明社のページに書いた。



四番町神明社拝殿

 拝殿の建築が少し変わっている。明らかに神明造の社殿ではない。
 考えてみると、鳥居も神明鳥居じゃないし、ここは神明社といいつつ神明社ではないかもしれない。



四番町神明社社殿




四番町神明社本殿




四番町神明社境内社

 境内社にも鳥居があり、こちらは神明鳥居になっている。



四番町神明社境内社の社

 戸部社と秋葉社。
 戸部社ではスサノオ(須佐之男命)を祀っている。



四番町神明社竜神社鳥居

 こちらが竜神社。



四番町神明社竜神社の社

 竜神社ではワタツミ(綿津見神)を祀る。
 こちらは海の神だ。

【アクセス】
 ・地下鉄名港線「六番町駅」から徒歩約8分
 ・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4862-7ab41c43