千年ひと昔千年八幡神社 - 現身日和 【うつせみびより】

千年ひと昔千年八幡神社

千年八幡神社入り口

 熱田区の南端、もう少し南へ行くと港区という場所に千年八幡神社(地図)はある。
 千年は歳月の千年ではなく、地名の千年(ちとせ)から来ている。千年続く八幡社というわけではない。
 鳥居横の社標の文字が鳥をかたどっている。神の使いか、椋鳥かとか言っていたのだけど、単純に鶴は千年の洒落かもしれない。千年村の地名の由来が鶴から来ているなんて話もある。
 新田の守り神として尾張家下屋敷にあった八幡社を移したらしいのだけど、どこの下屋敷からだったのかは調べがつかなかった。尾張徳川家を思わせるものは、これといってない。空襲で社殿その他が焼けてしまったそうだから、昔はもっと立派な社殿が建っていたのだろう。
 詳しいことは神社サイトの千年八幡神社のページで。


千年八幡神社鳥居と蕃塀




千年八幡神社拝殿と額




千年八幡神社本殿




千年八幡神社狛犬




千年八幡神社境内社




千年八幡神社桜と祠

 ・地下鉄名港線「東海通駅」から徒歩約20分
 ・名鉄常滑線「豊田本町駅」から徒歩約27分
 ・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4854-2123dd14