紀左衛門神社で祀っているのは紀左衛門さんではない - 現身日和 【うつせみびより】

紀左衛門神社で祀っているのは紀左衛門さんではない

紀左衛門神社入り口

 名古屋市南区の北西、熱田の宮の渡し跡から少し南へいったところにある紀左衛門神社(地図)。
 紀左衛門という人が祀られた神社だろうと思ったら違った。紀左衛門という人が開発した新田に建てられた神社で、紀左衛門新田の守り神というべき神社だった。
 新田開発が始まったのが江戸時代中期の1754年で、遠浅の海をせき止めて干拓地にして、長い時間をかけて田んぼにしていった。完成したのは40年後の 1794年のことだった。
 もともとアマテラスを祀る神明社で、昭和37年、新幹線の開通に伴って現在地に移された。神社のすぐ南を新幹線が走り抜けていく。
 紀左衛門神社と名前を変えたの昭和37年のことだ。
 ここも昭和20年の名古屋空襲で被害を受け、社殿を失っている。
 詳しいことは神社サイトの紀左衛門神社のページで。



紀左衛門神社拝殿

 訪れたときは桜の散り際の西日が差す時間帯で、境内はいい雰囲気だった。光の感じが印象に残った。



紀左衛門神社拝殿前




紀左衛門神社本殿と絵馬

 拝殿も本殿もコンクリート造なのだけど、安っぽくなくて高級感がある。コンクリート造のお手本になるような社殿だ。



紀左衛門神社狛犬




紀左衛門神社天満宮




紀左衛門神社拝殿

 境内社の天満社。
 平成5年(1993年)に神社創設200年を記念して建てられた。



紀左衛門神社稲荷社の鳥居

 稲荷社の鳥居の天井が落ちていて、なんだか不思議な光景となっている。桜の花びらが舞い散っていた。



紀左衛門神社稲荷社

 稲荷社。
 昭和37年(1962年)に伏見稲荷から勧請して建てられた。

【アクセス】
 ・名鉄常滑線「豊田本町駅」から徒歩約10分
 ・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4847-a15201d7