久屋の金刀比羅神社が名古屋名所だったのは昔の話 - 現身日和 【うつせみびより】

久屋の金刀比羅神社が名古屋名所だったのは昔の話

久屋金刀比羅神社入り口

 久屋にある金刀比羅神社(地図)。
 久屋公園のリバーパークにかつてはあったので、久屋のこんぴらさんで通っている。戦後、久屋大通と久屋大通公園が整備される中で現在地に移された。現住所は、東区泉1丁目ということになる。
 大正時代、名古屋十名所のひとつに選ばれたのも遠い過去のことだ。名古屋を代表するくらいの名所とは、どんな様子だったのだろう。まったく想像がつかない。昭和33年だから、写真も残っているだろう。機会があれば見てみたい。
 ビルとビルに挟まれて肩身の狭い思いをしている感じは、桜天神社と似ている。拝殿は狭いスペースに押し込めるために、東の壁の方を向いている。
 もとは清洲越しで名古屋に引っ越してきた寺の中に勧請されて、明治の神仏分離令で寺は廃寺となり、金毘羅だけが残って金刀比羅神社になった。
 詳しくは神社サイトの久屋金刀比羅神社のページで。



ビルに囲まれた久屋金刀比羅神社

 神社入り口は北側のみ。最初、南から入ろうと思ったら入り口がなくて、東に回ってもないからちょっと焦った。
 けど、考えたら桜通沿いにある桜天神社も富士神社もそうだ。社殿はどこも東向きだけど。



久屋金刀比羅神社拝殿<br />

 拝殿の収まり方はこんな感じ。参拝体勢で後ろにこんなにスペースがない神社もなかなかない。



久屋金刀比羅神社拝殿正面

 でもこの拝殿はいい。名古屋十名所だった頃の片鱗を見た。



久屋金刀比羅神社境内

 拝殿前から見る境内の風景。



久屋金刀比羅神社御神木

 境内にある木と古い灯籠。



久屋金刀比羅神社名古屋十名所の碑と神馬像




久屋金刀比羅神社境内社

 まだ新しい境内社。
 小さい中にひとまとめにされているけど、顔ぶれは充実している。
 春日社、天神社、住吉社、松尾社、稲荷社、豊受社、白山社、水天宮、秋葉社、金山社、御嶽社。

 気づけば名古屋十名所を制覇しつつある。天理教々務支庁も一応、見にいくだけ行っておくべきか。
 
【アクセス】
 
 ・地下鉄名城線/桜通線「久屋大通駅」から徒歩約3分
 ・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4828-f32c29ee