西区の大乃伎神社を訪ねる - 現身日和 【うつせみびより】

西区の大乃伎神社を訪ねる

大乃伎神社入り口

 名古屋市西区にある大乃伎神社(おおのぎじんじゃ/地図)。
『延喜式神名帳』の「山田郡大乃伎神社」に比定される神社だ。でも、何も疑わずにすんなりそれを信じていいだろうか。疑う余地がないとはいえないのがこの大乃伎神社だ。
 そのあたりについては神社サイト(名古屋神社ガイド)に書くとして、ここでは写真を中心にお届けします。
 すぐ近くの洗堰緑地(地図)の桜はまだ3分から4分咲き程度だったのに、大乃伎神社にある桜はよく咲いていた。今年の桜は場所によってバラツキが大きいように感じる。名古屋でもすでに満開になったところがあるようだ。



大乃伎神社参道と桜

 庄内川の土手に一の鳥居があって、階段を下りていくと参道があり、その両脇は児童公園になっている。ここにちょっとした桜並木ができている。



大乃伎神社入り口鳥居




大乃伎神社拝殿

 感覚的にいうと、中小田井の星神社地図)や瀬古の高牟神社地図)に少し似ている。
 いずれも堤防を越えて下っていった先に境内があるからそう感じたのかもしれない。



大乃伎神社本殿

 祭神は謎の六所社と同じ、イザナギ、イザナミ、アマテラス、ツクヨミ、スサノオ、ヒルコの一家だ。
 創建年代も、もともとの祭神も分からない。



大乃伎神社境内社




大乃伎神社菩提樹

 菩提樹の木。
 中国原産で、日本では残っている木が少ないという。
 名古屋市の天然記念物に指定されている。



大乃伎神社参拝の母子




大乃伎神社狛犬




大乃伎神社蕃塀




大乃伎神社鳥居と太陽




大乃伎神社境内の風景


【アクセス】
 ・地下鉄鶴舞線「庄内緑地公園駅」から徒歩約25分
 ・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4819-3074aff8