山王稲荷神社はいっときの夢幻の跡 - 現身日和 【うつせみびより】

山王稲荷神社はいっときの夢幻の跡

古渡稲荷神社北入口

 闇之森八幡社の北300メートルほどのところに古渡稲荷神社がある。
 神社の北を走っている山王通の名称は、この神社が由来になっている。
 かつてこの通りは小栗街道と呼ばれていた。それ以前は鎌倉街道だった道だ。
 東西を走る小栗街道と、南北を走る美濃路(本町通)が、神社の少し北東、古渡交差点あたりで交差していた。
『尾張名所図会』に描かれた古渡稲荷社は広々とした境内を持つ立派な神社だ。境内で芝居が行われていたというのも分かる。



古渡稲荷神社南鳥居

 最初、南鳥居から入ったら社殿のある方に行くことができず、ちょっと焦った。本殿の裏から回り込めば行けたのだろうか。
 いったん外に出て、別の入り口を探すことにする。



古渡稲荷神社拝殿

 古渡山王稲荷社と呼ばれたのは、ここに山王社が合祀されていたからだ。
 稲荷社はもともと現在地から20キロほど北の丹羽郡石枕村(江南市石枕)にあったものだ。
 江戸の四谷で生まれた尾張藩4代藩主の徳川吉通(よしみち)は、稲荷社を産土神(うぶすながみ)として崇敬しており、尾張藩主時代に石枕村にあったこの稲荷社を古渡に移させた。江戸時代中期の1713年のことだ。
 稲荷社の創建については何も伝わっておらず分からない。どうしてこの稲荷社だったのか、何か特別な由緒のある神社だったのだろうか。わざわざ遠くから移させたのには何かしらの理由があったはずだ。
 清洲にあった山王社や、五條天神も移させて境内で祀った。



古渡稲荷神社東鳥居

 東にある鳥居の入り口が一番いい感じだ。社殿も東を向いている。



古渡稲荷神社境内

 現在はかなり狭くなってしまったものの、江戸時代はこの何倍も広かったと思われる。
 8代将軍・吉宗の質素倹約を旨とする享保の改革に真っ向反対した尾張藩7代藩主の宗春は、芝居や祭りを奨励し、遊廓も公認した。東別院から山王稲荷社にかけての地域に冨士見原遊廓、西小路遊廓、葛町遊廓と3つの遊廓があり、それぞれ30~40軒の茶屋が並び、200人以上の遊女がいたという。一時期、古渡のあたりは名古屋の一大歓楽街だった。
 しかし、宗春が吉宗によって謹慎を言い渡されたことで、それらはほどなく廃止され、名古屋の町は急に火が消えたようになったのだった。



古渡稲荷神社社殿

 祭神は、宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)、天津彦根火瓊々杵尊(あまつひこねほのににぎのみこと)、猿田毘古大神(さるたひこのおおかみ)、菊理媛命(くくりひめのみこと)、徳川義直(とくがわよしなお)、徳川光友(とくがわみつとも)、徳川綱誠(とくがわつなのぶ)。
 明治6年(1873年)に村社に列格。
 昭和20年(1945年)の空襲で被災。
 昭和53年(1978年)に本殿などが再建された。



古渡稲荷神山王社他

 真ん中が山王社で、大己貴命(オオナムチ)を祀る。
 秋葉社では軻遇突智命(カグツチ)を、五條天神社で少彦名命(スクナヒコ)をそれぞれ祀っている。

【アクセス】
 ・地下鉄名城線「東別院駅」から徒歩約10分
 ・名鉄名古屋本線「尾頭橋駅」から徒歩約20分
 ・名鉄/JR/地下鉄「金山駅」から徒歩約20分
 ・駐車場 あり(無料)
 ・拝観時間 終日

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4785-bf3b191b